2017年01月25日

異世界横断鉄道ルート66


著者:豊田巧
出版社:ファンタジア文庫
異世界横断鉄道ルート66

主人公は、すべての願いが叶う魔法の街ブレーメンにあこがれる少年・ケント。彼は、田舎町で「舞踏家」の跡継ぎとして育ちますが、厳しすぎる父親に反発して、ナガサキへと家出してきました。しかしながら、父親たちに追いかけられ、結果的に大陸横断鉄道の一列車に無賃乗車することに。その列車の中(正確には貨車の綿花の中)で、クレアと名乗る美少女と出会います。ところが、クレアは史上最高額の賞金首で、世界一の鉄道会社の跡取り娘。賞金稼ぎのラウラに襲われながらも「どんなに危険でも私はブレーメンへ行かねばならないのです!」という彼女の使命を訊き、ケントは「君を守る」と誓います。そして始まる冒険。

この世界では、列車のオーナーが自分の列車を軌道に走らせているようです。そのため、列車によって、運賃も内装も異なります。ある意味競争の原理に則った方式といえないこともありませんが、現在のように、気軽に移動手段として用いることは難しいようです。さらに、決まった時刻表があるわけではなく、客が集まり列車主の思惑とあった時に出発するのが普通のようです。

舞踏家の跡取りということで、ケントの芸能でお金を稼ぎながら旅をするのだと思っていたのですが、実際にはクエストを受注する形で、お金を貯めていきます。持っている笛も予想外の利用方法であり、楽器として利用するシーンも出てきますが、ほとんど効果なし。このあたり新しいですね。

作者は、鉄道小説を書いてきた人。なので、今回も鉄道が主役となっています。ただ今まで私が読んだのは、現代世界を舞台にしたものでした。そのため、鉄道がうまく物語の一ピースとしてはまっていたのですが、舞台が現実世界ではない今回は、少し浮いてしまっているような気がしました。仮想世界の物語で、大陸横断鉄道も銀河鉄道999に似た雰囲気があるのに、駅名は実在するもの。そのため、現実の都市が頭に浮かんでしまい、世界観に入り込めません。現実地名でも、もう少しわかりにくい街にして欲しかったですね。鉄道とファンタジーは相性がよくないのかもしれません。

★★☆
posted by あにあむ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178540426

この記事へのトラックバック