2017年01月19日

最強の種族が人間だった件(2)


著者:柑橘ゆすら
出版社:ダッシュエックス文庫
最強の種族が人間だった件(2) 熊耳少女に迫られています

平凡なサラリーマン・雨森葉司が召還された先は、人間が最強の種族である「アーテルフィア」。そこでは、人間は物理的な力も強く、魔力も強大。さらに髪の毛や体液は「聖遺物」として、それを取り込むことによりパワーアップできる貴重なアイテム。さらにその世界では、人間は滅びたと思われており… その世界で最初に出会った美少女エルフ・リアとアジトで共同生活をするように。その地下には、人間によって作られたダンジョンがあり、その第一層は「温泉エリア」 守護ゴーレムを攻略し、温泉にも入り放題。さらに今回は第2層「グルメエリア」を攻略し、調味料やお菓子を作ってみたり、みんなで王都に遊びに行ったりまったり過ごしています。そんな中、謎めいた魔族が放った刺客が襲ってきます。果たして?

前巻では、葉司になびかなかった百合騎士も攻略し、ますます葉司のハーレムが増強されていきます。アジトでの生活は、朝起きると、まずはリアとキス。挨拶キスではなく、2分ほどのキス。普通ならそのまま…となりそうなもの。で夜は、一緒にお風呂。マットの上に横になり、リアに全身を洗ってもらう… うーむ、爛れた生活だ。リア曰く「一線は越えていない」ということですが、別の意味で超えてしまっているような気もします。しかもリアもそれを願っているようです。王都見学へ行った際、リアはとあるものを買いたいと葉司に頼みます。一緒に行ったお店はランジェリーショップ。そこで、いろいろな下着を葉司に選ばせて、葉司を誘惑。さらに大きなホテルなどでは、葉司が人間ということがばれてしまう可能性があると、いわゆるラブホへ。そこで服を脱ぎ、下着姿に…さすがに葉司も我慢ができなくなり、抱きついてしまいます。さらにリアは葉司の服を脱がし…というところで朝が。人間の体液には、魔力だけでなく誘淫効果もあり、キスでも2分が限界。体液の中でも精液は特にその効力が強いということで、リアは耐えられず昇天・失神ということらしく。…ということは、精液を飲むような行為まではあったんだ。

しかし、この世界が不思議なのは「貧乳こそ正義!」という美的センス。女性は、少しでも胸を小さく見せようとし、貧乳ほどモテるという世界。なら幼女ほどモテるのか?というと、そういう危ない世界ではないようで、葉司がランジェリーショップで、ライムへのお土産として子供ぱんつを購入する際、奇異な目で見られたということですから。

今回、葉司の敵となりそうな存在が現れました。でもバトルな展開にはなりそうもありません。これからも、まったりねっとりな日常が続いていくのでしょうね。そういや、サブタイトルに出てくる熊耳娘。あまり活躍していないなあ。

★★★★
posted by あにあむ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178458882

この記事へのトラックバック