2016年12月09日

りゅうおうのおしごと!(4)


著者:白鳥士郎
出版社:GA文庫
りゅうおうのおしごと!(4)

小学校が夏休みに入ったその日、あい達は東京を目指していた。目的は、最大の女流棋戦「ナイナビ女子オープン将棋トーナメント」へ参加するため。「チャレンジマッチ」→「一斉予選」→「本戦」と続くこの大会は、アマ・プロ混合の大会。あいたちは、腕試しという感覚(by師匠)もあるものの、桂香にとってはラストチャンスのようなもの。ここで勝ち上がり本戦で1勝できれば、プロとして棋界に残れるけど、だめだったら、実質的に年齢制限によりこの世界をあきらめるしかない…もっとも、あいは「わたし、もっともっと強くなって……絶対に勝ちますっ!!」となぜか入れ込んでいる模様。

公式戦デビューとなった二人は、怒濤の勢いで勝ち上がります。一戦目に桂香さんは負けてしまいますが、それが逆に開き直りにつながり、チャレンジマッチ通過。八一の関係者3人ともが勝ち抜くといううれしい結果になります。

弟子達が熱い闘いをしている中、八一はなにやっていたかというと、ニコ生中継の聞き手女流棋士のおっぱいをガン見。なぜか研究会を色仕掛けでねだられ、鼻の下を伸ばし、小学生弟子に「だらぶちっ、えっち」と怒られる始末。さらにその翌日には、別の女の子と原宿で手つなぎデート。まあ相手は銀子なんですが、妙に可愛い銀子さん。さらには、昔ストーカーされた(したじゃないよ)女性が再び八一の前に現れ… 桂香さんも、最近八一にデレ気味だし、八一爆発してしまえ!

という呪いが通じたのか、ニコ生中継に、あいが乱入。内弟子であることをばらされます。さらにシャルちゃんが、八一のお膝の上に。で「しゃうはね、ちちょーのお嫁さん」と爆弾発言。これで八一=ロリコンという図式が確定します。将棋強くても社会的に抹殺されそうな勢いですね。でも、銀子や桂香という「年齢的にOK」な美少女もいて、やっぱり一度爆発すべきですね。

弟子達の熱い闘いの裏では、竜王戦へ向けての闘いが続いています。挑戦者決定戦に出てきたのは、ゴッドと名人。しかも名人はタイトル保持期間が99期。つまり、竜王をとれば、100期になるということで、世間の注目が集まってきています。将棋連盟では、100期達成で、国民栄誉賞の申請をしようなど、八一が負けること前提で盛り上がっており、世間はAwayな状態。ゴッドが挑戦者になってくれれば、そんな雑音はなくなるのですが…

いやもう、なんだこれ? ヒロインたちが妙に可愛くなってきているじゃないか。その反動で、他の女性棋士が「こいつら人間か?」状態になっていますが、大丈夫なのかな?
やはりあいが一番かーいいですね。「だらぶちっ」と言われてみたい…

★★★★☆
posted by あにあむ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177978682

この記事へのトラックバック