2016年11月25日

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係


著者:久遠侑
出版社:ファミ通文庫
近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係

母と二人で暮らす家で、遠い親戚の女の子・和泉里奈と同居することになった坂本健一が主人公。里奈の控えめな性格や気遣い、女子校育ちの無防備さは、健一に初めて「性」を意識させる存在となった。同じ十七歳の女子と一つ屋根の下で生活していることを友人たちに隠そうとした健一だが、幼馴染みの森由梨子に知られてしまう。それが原因で、距離感にも変化がもたらされ…

ラノベレーベルから発売されていますが、内容はラブコメではなく、恋愛ストーリーですね。できれば、こういう小説は別レーベルにしていただきたい。ラブコメとして読むと、肩すかしをくらうので…

健一は、友人は少ないもののサッカー部でレギュラーのようですし、マネージャーとして幼馴染みの由梨子が近くにいるなど、実は恵まれた存在。だからこそ、いままで異性を意識することがなかったのでしょう。そこに里奈という異分子が投入され、さざ波が広がっていく。そんな日常が描かれています。

他の書評などでは評価が高く「切ない」「心がキュンとする」などのコメントが並んでいます。が私にはそう感じられませんでした。なぜだろう? と考えてみると、この作品の文体が原因のようです。一つ一つのセンテンスが非常に短く切れており、余韻がないんです。さらに文末が「…た」「…だ」ばかりで、リズムもなくなってしまっている。こういう叙情的な作品の場合、特に文末には気をつけて欲しいなというのが正直な感想。青春時代を描いた名作と呼ばれる作品たちは、文末を工夫することで余韻を残し、それによって心にしみこんできます。この作品はそれがないんです。

★☆
タグ:★☆
posted by あにあむ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177804952

この記事へのトラックバック