2016年10月27日

中古でも恋がしたい!(6)


田尾典丈
著者:田尾典丈
出版社:GA文庫
中古でも恋がしたい!(6)

今回は文化祭。
なぜか黒陵高校と合同開催となった文化祭。古都子のイメージを変えて悪い噂を一掃するため、清一たちは文化祭でメイドカフェを出店する。メイド服を着て、皆の印象を変えるという単純な企画なのですが、一度ついたイメージがそんなことで簡単に変わるのかなあ? それはさておき、黒陵高校の時雨亜恋から「初芝優佳のデリケートゾーン(仮)」というラジオ番組(校内放送)がねじ込まれます。裏でなにやら画策しているようで、文化祭が近づくにつれ、優佳は清一たちと距離をとるようになり、「ダメだよ。優佳に優しくしたら」と疎遠になっていきます。その真意は?

前回のコミケ回から一転して、一般でも理解しやすい文化祭ネタに移行。前巻は、本当途中で読むのやめたくなりましたからねえ。とはいえ、今回4巻までの面白さが戻ったかというと少々疑問が残ります。亜恋が登場してから、面白さが極度に減少してしまっていますね。彼女がヒール役な訳ですが、あまりにも陰湿で、理解ができないのです。昔清一に対してとった行動についても、まったく罪悪感がないというか、みじんも気にしていない。「他人」がどう考えるかはまったく考慮しておらず、自分が面白ければいいという考え。この手の思考にはついていけません。また亜恋の陰湿さを強調するため、ストーリーが破綻しつつあるように感じます。今回の合同文化祭に関しても、なぜ2校が合同で文化祭を開催するのか?という点がスルーされており、よくわからない。次巻も文化祭が続くようなので、そちらで登場するのかもしれませんが、今回は黒陵高校サイド出てきていませんよね。生徒すら出てきていない。通常ならあり得ない合同文化祭を、なぜ受け入れることになったのか? また黒陵高校生徒はどこに行ったのか? そもそも合同文化祭を行うのであれば、企画も合同で行うものがあるだろうに、まったく出てきていない。今のところ、たまたま同一日程で開催された文化祭に他校生徒の一部が顔を出しただけ。

ラブコメは、面白くなってきています。そういった意味では読み続けてみたいのですが、そのためにはストーリーのほころびを繕っていただきたいですね。やるなら陰湿なものではなく、もっと明るいストーリーを希望します。

★☆
posted by あにあむ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177431512

この記事へのトラックバック