2016年10月24日

四億円当てた勇者ロトと俺は友達になってる(2)


著者:新木伸
出版社:スニーカー文庫
四億円当てた勇者ロトと俺は友達になってる(2)

ヒキニートなろととの共同生活(別名保護者)を始めたトレボー。ろとがロトで当てた4億円を節約しながら、まったりネトゲをする日々。最初の危機であるアパートの取り壊しは、ゲーム仲間のゾーマ、ワードナーに助けてもらい(ゾーマの会社で一棟買い)、ずっとまったりした日々が続くかと思っていた時、突然ろとままが訪ねてきます。その「ろと」を生んだはずの女性は、ろと以上にJSっぽく、そういうことするのは、絵面的にNGな感じ。っていうか、そもそも何歳なんだ? さらにまったりネトゲーについに「サービス終了のお知らせ」が。彼らの日常が続くことはある得るのか?

ろとままが登場します。大人な女性ではなく、ろと以上にJSっぽい女性。トレボーは、ろとままに「お兄ちゃん」と呼ばれうろたえたり。どう見ても、そういう経験なさそうな容姿ですが、なんと彼女曰く「そういった経験はない」と。ではろとはどうやって生まれた? 天才科学者であるろとままは、自らのコピーがあれば研究がはかどると考え、研究仲間から精子の提供を受け、人工授精したと。で、身体が出産に耐えられそうにないから、帝王切開でろとを生んだと。へー、ほー、はー。じゃあなぜろとをきちんと育てなかった。なぜネグレクトしていた? という問いにも答えはあり、さらにろと自身が気にしていないようなので、しぶしぶ怒りを収めるトレボー。

ろとままも加えて、また日常が戻りますが、今度は「サービス終了のお知らせ」が…どうしようもなく、トレボーは代わりのネトゲを探そうとしますが、時代は月額無料の課金制が主流。定額でまったり遊べるゲームは皆無な状態。そもそもろとは、ネトゲが続けたいのではく、トレボーと出会った今のネトゲを続けたいのであり…今回ばかりは手詰まりかと思えましたが、またもや。

まったりネトゲな日常が描かれる当作品。別にいつまででも続けられそうな作品でした。この作品が終わるとしたら、ろととトレボーが一般的な意味でひっついた時かな? と思っていたのですが、なるほどこういうイベントもあったんですね。

この作品は、ラノベにしては登場人物の年齢が高め。ろとも20歳は超えているようですし、ワードナーとゾーマは40歳前後。トレボーも20代後半のようですし、ラノベ主人公にしては珍しく「童貞」ではないようで、ワードナーとゾーマもそういう関係のようですし、ろとままも見かけはともかくママなんですし。
個人的には廃人(ゲーマー)が理解できないので、ろとの言動にいらつかされました。その分、作者の他4コマ小説に比べて読みづらいところがあったのは事実です。トレボーも世間知らなすぎるし、ゾーマの会社経営も常識からずれてしまっています。Win-Winな関係ってのは、わかるけど、会社買収はお金だけで解決しないことが多いんですけどね。

★★★☆
posted by あにあむ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177384528

この記事へのトラックバック