2016年10月11日

りゅうおうのおしごと!(3)


著者:白鳥士郎
出版社:GA文庫
りゅうおうのおしごと!(3)

「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!
宿敵《両刀使い》に三度敗れた八一は、更なる進化を目指して《捌きの巨匠》に教えを乞います。「両刀使い」は将棋戦術の話なんですが、どうもこの人、別の意味でも両刀使いなようで…一方八一のあこがれの女性である桂香は、研修会で降級の危機を迎えます。彼女の年齢からしても、ここで降級することは、研修会をあきらめることに直結する危機です。彼女は、急激に成長していくあいと停滞する自らを比べ、焦燥に駆られます。そのため、あいに対してつらくあたってしまったり。
そんなあいも、自分が勝つことで大切な人を傷つけてしまうことがあることに気づき、勝利することに対する「怯え」を抱くようになります。三者三様に悩みを抱えた3人はどのように乗り越えていくのでしょうか?

今回は「才能」が物語の根幹になっています。努力すれば、高みに向かうことはできる。でも持って生まれた才能の差によって、到達できる高みが異なってしまう。日常生活でも嫌というほど味わうことです。好きなものに対する才能がなければ、どこかであきらめる日が来る。でも才能あるものも、その才能故悩みを抱えているのは同じ。八一は、宿敵に勝つための成長、そしてあいは「相手をつぶしてしまう」ことへの恐怖の克服、桂香は勝つために行ってきた研究が原因の停滞。それ以外にも「捌きの巨匠」こと振り飛車の名手・生石充の才能なき娘・飛鳥。それぞれが抱えた悩みは自ら打開していくしかない。

今回は、今までの軽い感じの話から、急に重い話に変わりました。でも、それが理解できる重さ。誰もが形は違えど苦しんでいる事柄。負けることで夢破れていく人。勝つことで、自らを追い込んでいく人。でもこの作品に登場する人物たちは、それぞれが精一杯生きています。それが気持ちのよさにつながっているんでしょうね。

将棋は知りません。でも十分に楽しむことができる作品です。これからも楽しみな作品です。

★★★★
posted by あにあむ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177217000

この記事へのトラックバック