2016年09月27日

アリアンロッド2E・リプレイ・フォーリナーズ オレたちが異世界トリップして、エリンで無双する?


著者:大畑顕/F.E.A.R.
出版社:ドラゴンブック
アリアンロッド2E・リプレイ・フォーリナーズ オレたちが異世界トリップして、エリンで無双する?

今回のGMはO畑さん。って今までF.E.A.R.名義のリプレイを書かれたことなかったんですね。ちょっと驚きました。まあベンネットなどO畑さんのキャラは、斜めの方向に突き抜けた面白さがありますから、プレイヤーとしてのほうが需要があったのかな?

今回は、ストレンジャーガイドの新クラスや新データを用いたリプレイになっています。4人のキャラが全員地球人という偏った設定。

ヒロイン・ラヴィニア(きくたけさん)は、エルーラン王国リベンジ伯爵令嬢。そう本来であれば、お嬢様。しかし中年サラリーマンだった記憶を持つ彼女は、権力を握るべく暗躍しており「毒と炎の悪役令嬢」と呼ばれるようになります。その努力が実るかと思われた時、ダイヤモンドプリンセスによってすべての計画が崩れ去ります。その上、島流し。でも彼女はくじけず開拓村しかない南の島で起死回生のチャンスをうかがいます。

仲間となったのは、魔剣に宿った魂・五十嵐鉄也(かわたなさん)、ポメ郎(濱田さん)、近未来からやってきたサイボーグサラリーマン・サイバーゼロ(社長)という地球からの転生者たち。鉄也は幼なじみの少女を花園へ連れて行くと約束した元ラガーマン(今となっては、双子の兄が連れて行っているんだろうけどってね)。それがシナリオの役にたったのかはわからない設定ではあります。

パーティが行ったのは、まずは水と食料の確保。そうその島では、水にすら苦労する生活をしていたのでした。ラヴィニアたちは転生前の知識も使い、少しずつ住みやすい島に変えていきます。最後に笑うのは悪役令嬢か? それとも…

O畑さんがGMされると、シナリオ全体に三下臭が漂うんですね。さらに美少女なはずなのに、そう思わせないキャラ。まあ今回声優さんプレイヤーも不在だし、仕方ないのかもしれませんがね。ラヴィニアがどれだけ頑張っても、所詮中の人はおっさん。そのギャップがねえ。

★★★
posted by あにあむ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177043920

この記事へのトラックバック