2016年09月12日

異世界支配のスキルテイカー(3)


著者:柑橘ゆすら
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界支配のスキルテイカー(3)

主人公は、異世界ライフを楽しむ悠斗(変態)。スピカ、シルフィアという美少女二人に加えて、ケットシー(猫耳姉妹)のリリナ・サーニャも奴隷としてハーレムを着々と構築しています。彼には異世界に召喚された時、倒した相手のスキルを奪うことができるという能力を得、しかもすべての運動・武術を取り入れたという武術の達人でもあります。つまり無双ができるんですね。奴隷といっても主従関係を明確にするだけの意味で、実際には仲間といった感じなんですが、そこは悠斗(変態)得たスキルをスカートめくりや触手プレイに利用して…結局は性の奴隷にしている状態。

今回は、ダンジョン攻略クエストを受注することになりますが、そのダンジョンで悠斗は女子高生の姿をした魔族の少女・ベルゼバブに出会います。って最近ベルちゃん、こんなのばかりですね。なんか魔族だということを忘れてしまいそうです。偶然ベルゼバブを助けたことにより、彼女に一目惚れされてしまいます。ということで、魔族にまでその魔の手を伸ばす悠斗。変態に磨きがかかってきました。

なんか悠斗は、自分の性欲を満たすために強くなろうとしているとしか思えない状態になってきました。このままいくと100人ハーレムまでさほど時間がかからないのかもしれませんね。

★★★
posted by あにあむ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176845796

この記事へのトラックバック