2016年09月07日

お前を、祝ってやろうか!?(1)


著者:御守いちる
出版社:講談社ラノベ文庫
お前を、祝ってやろうか!?(1) ラッキースケベの呪いを解いてくれ!

主人公は、小学校の頃からラッキースケベばかり体験してきた。転けると、女の子のスカートに突っ込む、手を振れば下着をはぎ取る…コメディ世界ではまさに「ラッキー」ですが、実際に自分の身に降りかかると、ラッキーではなくアンラッキーな呪いとなります。そりゃ、周りからすれば、常時セクハラかますやつですからねえ。主人公も小学校時代は、笑って済ませたものが中学あたりからしゃれにならなくなり、女子生徒からは汚いもの扱いされるように…

そんな主人公が突然、銀髪の魔女に口の中へ銃口を突っ込まれる…不幸きわまれり…その魔女クロエは「ラッキースケベの呪い……アホらしいけど、Aランクの呪いよ。私の“試験”を手伝うなら呪いを解いてあげる」と持ちかける。彼女の試験は、呪われた生徒を探し出し回収するというものなんですが、当然この申し出を断ることはできません。学校で目立たずに活動できるよう「クラブ活動」という体をとることになるのですが、少々強引ですね。

いろいろ不条理なことがおこるのですが、説明がまったくなく、ストーリー展開が早すぎてついていけない。冒頭でラッキースケベによりスカートに突っ込んでしまった少女が、突然幼なじみになったり、幼なじみがいきなり妹になったりとヒロインが多過ぎ。また、主人公だけに聞こえる「謎の声」が謎のまま。意味あったんだろうか? たぶん、タイムボカンシリーズの「説明しよう」を取り入れたのでしょうが、唐突すぎて意味がわからない。

コメディ部分は面白いし、キャラも魅力的なんですが、すべてを一冊に詰め込みすぎて消化不良になってしまっています。もう少し文章がこなれてきたら、面白い作品を生み出してもらえそうな魅力も秘めています。

★★★
posted by あにあむ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176787150

この記事へのトラックバック