2016年08月09日

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……(2)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
著者:滝沢慧
出版社:ファンタジア文庫
非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……(2)

エロゲが趣味な主人公に初めて出来た彼女は、品行方正で成績優秀な優等生美少女・水崎萌香。ところが、優等生なはずの萌香はどこか残念で「私もこのヒロインみたいに、は、裸にエプロンで朝起こした方がいい?」とエロゲの影響を受け、まともや大暴走。そんな二人をみて「あ、あたしが『健全な』付き合い方、教えてあげてもいいよ?」と幼なじみの瑠璃が部室に乱入。ということで、今回は幼なじみが前面に出てきています。

瑠璃は、まともな女の子。見た目はビッチぽいけど、純情な普通の子。(少々エロに耐性なさ過ぎるけど)しかも幼なじみということもあって、主人公との会話にテンポがあります。あらぬ方向に会話が進むこともなく、萌香のようにあっちの世界に行くこともないので、ストーリーにテンポが出てきました。これは改善ですね。かなり読みやすくなっています。

ただまだまだエロゲを神聖化しすぎているところがあり、エロゲやらない層には訴求力がないですね。というか、萌香の行動が突飛すぎて、まったく感情移入出来ないんです。好きな人が興味あるものを知りたいという気持ちは理解できますが、まったく違うベクトルに進んでいるので、痛いというか見ていられないというか…いくら「恋は盲目」といえ、これは酷すぎる。で、それに好意を持つ主人公の思考回路も理解出来ない。そもそも萌香を「非オタ」というのは無理がありすぎるような…

クロスメディア展開されるようなので、人気はある作品なんでしょうね。でも私はもういいや。次巻が出ても(ストーリー的に完結しているので、ないような気もするのですが)購入はしないでしょう。

★☆
posted by あにあむ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176412396

この記事へのトラックバック