2016年06月23日

異世界混浴物語(4) 湾岸露天 古代海水の湯


著者:日々花長春
出版社:オーバーラップ文庫
異世界混浴物語(4) 湾岸露天 古代海水の湯

「無限バスルーム」という微妙な「ギフト」を、想像以上に使いこなし異世界で勇者として生き抜く北條冬夜。魔王討伐のため、また女神の祝福を受けるため、潮風の薫る青い港「ネプトゥヌス・ポリス」を目指します。旅は順調だったのですが、ポリスに到着した直後、他の勇者さんとの邂逅や以外過ぎる人との再会などイベントが盛りだくさんになってきます。

海辺の街ということで、水着回でもあります。「可愛いの買って来たから、期待してなさい♪」と言われれば、期待するしかないですよね。さらに露天風呂での混浴もあります。勇者として旅を続けていくうちに、冬夜も少しずつ貫禄がついてきたようで、上流階級が集うオークションでも臆することなく対応しています。っていうかこの主人公成長早すぎるでしょ。

今回、別行動をしていた勇者・コスモスが登場します。もうなんというか「突き抜けたバカ」というのがしっくりくる人物です。基本悪い人ではないようで(というか、悪いこと考える頭もなさそう)すが、友人にするのは避けたいタイプですね。コスモスは、魔人と因縁(敵対するという関係ではなさそう)があるようで、冬夜たちが温泉に入っている際、その魔人が誤って冬夜たちを襲います。その際、一緒にいた魔人はなんと……死んだはずの冬夜の妹……冬夜のように、異世界に召喚され魔人としての身体を得たようです。当然、冬夜はその妹を助けようと頑張ることになります。「二度も妹を助けられないというのは嫌だ」という男らしい理由で…

ということで、後半は妹救出作戦が展開されるのですが、無限バスルームが、どんどん予想外な方向に進化していますね。洋式トイレが出来たり(水の女神は「清浄」を与えるから…ってこじつけだろ)、浴室ややたら広くなったり。蛇口からあるものが出るようになったり、ってこのシーン二つの県がごっちゃになってますよ。

当初は「裸シーン書きたいからこそのギフトだろ」と思っていたのですが、想像を超える利用方法が出てきますね。ファンタジーでよくある「サンクチュアリ」の一種なんでしょうが、単なる風呂にあんな利用法があったんだと、毎回楽しませてもらっています。次回以降も楽しみですね。バスルームというより「スーパー銭湯」と化してきた無限バスルーム。次に実装される機能はなんでしょう。楽しみです。

★★★★
posted by あにあむ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オーバーラップ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175794265

この記事へのトラックバック