2016年06月17日

魔王なオレと不死姫の指輪(2)


著者:柑橘ゆすら
出版社:HJ文庫
魔王なオレと不死姫の指輪(2)

主人公・久住千春は、最強の魔物使い「魔王」の素質を持つが故、魔物の力を宿した3人の美少女と暮らすことになります。ある日幼なじみの杏子と思い出話をしたところ、その日を境に恥ずかしがり屋の杏子がデレ始めたことに驚きます。HENTAI妹・愛美の入れ知恵と考える千春ですが、杏子には深い事情があるようで…

ということで「魔王」争奪戦の第二巻。表紙イラストから想像するストーリーは、3人の美少女によるラブコメですし、実際作者さんはラブコメに軸をおいているようなのですが、どうもね。この作者さんの書く話は怖いです。いや、怖いというより、心の奥底を不快にするというか…愛美の行動も「ブラコンが暴走したHENTAI」と思えないんですよ。心が壊れてしまっているようで…それ以外のヒロインや主人公も、多かれ少なかれ心が壊れているようです。心に闇を抱えているというよりも、壊れてしまった心を持つ少年少女が織りなす物語。そんな感じがしてすごく怖いというか不快になるんですね。

どうしてもラブコメや、キャラへの思い入れが出来ない。1巻の時は、もう少しマシだったんですけどねえ。ヒロインたちの行動が、ギャグでは済まされなくなってきているため、かなり辛い…すでに続刊も購入しているのですが、読むの無理かも。この巻も読み出してから、何度もあきらめ、読了までかなり時間がかかりました。心に余裕があるときでないと辛いな。

タグ: 不死姫
posted by あにあむ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175724696

この記事へのトラックバック