2016年06月06日

くじらな彼女に俺の青春がぶち壊されそうになっています


著者:銀南
出版社:電撃文庫
くじらな彼女に俺の青春がぶち壊されそうになっています

「先輩はくじらぶかです。だから、マッコウクジラ団に入ってください」と海洋生物研究部へ共生入部させられた海斗が主人公。この謎の言葉を言ったメメがメインヒロインになるのかな? サブヒロインとして、四方屋と潤芽。そして主人公の親友として、ととでストーリーが成り立っています。一応公式あらすじもあるんですが、読んでもなんのことやらさっぱりわかりません。のでとりあえず無視という方向にしました。タイトルからも、ストーリーがさっぱりわかりませんね。それが残念です。出だしの「マッコウクジラ団」という組織や、イラストの雰囲気から「ハルヒ」っぽいものを感じました。内容は異なるようですね(ハルヒ読んでいないのでよくわからない)

ストーリーのベースになっているのは『古事記』です。そちらの神話に一部海外小説を組み入れた世界観になっています。まあ、あまりにも有名な神話をベースにしているので、かなり早い段階で、結末が読めてしまったのは残念でした。もう少し比喩を使うなどして、わかりずらくしてもよかったのではないでしょうか?

若干ラブコメ要素もあるのですが、基本バトルものになってしまっています。ヒロイン数からしたら、ラブコメ要素があったほうが面白くなったのでは? バトルではない解決方法があったほうが、より日本神話の世界らしくなったような気がします。

文章は非常にこなれていて、読みやすい作品でした。あとは「この作品ならでは」というものが出てきたら、よかったなあ。

★★★
posted by あにあむ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175587429

この記事へのトラックバック