2016年05月31日

さすがです勇者さま!(2)


著者:あさのハジメ
出版社:講談社ラノベ文庫
さすがです勇者さま!(2)

勇者としてして異世界に召喚された悠理。ところがその世界は、とっくに平和になっていた…規格外の勇者の力をもてあましながら、魔王・シルヴィアや、悠理同様聖痕のある「勇者のパーティ」にいるべき、魔術師・ルチア、エヴァといった美少女達に囲まれ、普通の学園生活を求めて奔走する悠理。しかし、勇者の力を暴走させてしまい、寮の部屋を半壊させてしまいます。これを機に「勇者仕様」に改装することになり、悠理の寝場所がなくなってしまいます。そんな時、ルチアがアタシのとこに泊めてあげようかって言ってるのっ。泊まるところがないんでしょ?だったら…」と言い出します。美少女と同じ部屋で寝泊まり? なんかラッキーな状況ではありますが、ヘタれ悠理なら断わ…らないだと。ただまわりに誤解されないようルチアが言った「弟子入りした」はさらに波紋を呼ぶことに。特にエヴァが反応し、彼女も弟子入りし、一緒に住むことに。ひとつの部屋に美少女二人と生活することになった悠理は?

今回はルチア回でした。彼女が悠理を泊めたのは、ラブコメ的な下心もあるのでしょうが、それよりも悠理に頼みたいことがあったというほうが大きかったようです。彼女の頼みは「エヴァと仲良くなりたい」前回の二人の関係からすると、そんな言葉が出てくるとは思えないのですが、そこには「ある理由」があり…

シルヴィアの女の子らしさも可愛かったですが、ルチアもツンデレ的可愛さがありますね。沈着冷静と思われていたエヴァも、照れることはあるようで、その場合返事が「肯定」ではない「ぽじてぃぶ…」とかわいらしくなるようです。

少しずつ物語も動き出したようです。それぞれが抱える想い。一人では超えられないもの、自分で超えるしかないもの、いろんな壁が立ちはだかり、それでも彼らは一歩ずつ前へ進んでいます。ラブコメ的視点でも、一歩ずつ。いまのところ誰がリードしているのか、よくわかならない状況です。3人の誰にもチャンスがありそう。それとも、強敵が現れてしまうのか?

★★★☆
posted by あにあむ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175500345

この記事へのトラックバック