2016年05月25日

一刀両断のアンバー・キス(2)


著者:三萩せんや
出版社:GA文庫
一刀両断のアンバー・キス(2)

秘鍵使いの高校生・居抜が主人公。前巻で、庫巫女でもあり妹(血は繋がっているが、実妹ではない)でもある中学生の双子姉妹と高校生の琥珀と4人での同居生活が始まっています。庫巫女は秘鍵使いに「選ばれる」ことが誉れであるため、当然のごとく居抜に迫ることになり…居抜は古風な考えであるがゆえ、ポップに受け入れることは出来ず…ってそれやったら、別ジャンルになりますね。

今回は、冒頭で双子姉妹が居抜の寝起きを襲います。今までも直接・間接に居抜に迫っていた二人ですが、どうも今回は若干変。「苦しいんです…お兄さまが好きすぎて燃え尽きてしまいそう」「兄さま、えっちなこと、しよ?」と発情。というか、読者には丸わかりなんですが、なぜか居抜は気がつかないし、琥珀も気づかない。この時すでに、双子の身には異変が起こっていたんですけどねえ。しかしながら、その後もところ構わず悶え、まとわりつく姿にさすがに「闇」の気配を感じ、母・すずに預けることになります。

ところが、このことにより「居抜と二人きり」になった琥珀が暴走。姉妹の発情に影響を受けたのか「…こ、今夜しかない!」と思い込む始末。避妊具まで準備して夜を迎える琥珀。二人はどうなるのか?

今回は、緋色と青生の突然の「発情」とクリスマスがテーマになっています。聖夜が性夜にというベタな展開ですね。もちろん本筋である敵との戦いもあるのですが、あまり重視されていないような気がします。そう、前巻ではエロ成分とメインストーリーのバランスがしっかりしていたのですが、今回はストーリー性よりもエロ! という感じになっています。そのため、解錠シーンも、前巻より長く、かつ執拗な描写になっていますし、それ以外のシーンでもそう。よくあるパターンですが、レーベルを間違っているというか、エロければ読者が喜ぶと思い込んでいるというか…

シリーズは、今回で完結したようです。というか打ち切りかなあ。せっかく興味深い設定だったのに残念です。
★☆
posted by あにあむ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175427950

この記事へのトラックバック