2016年05月18日

天使の3P!x7


著者:蒼山サグ
出版社:電撃文庫
天使の3P!x7

だから、短編集は連番に入れないでと…いや短編集が嫌いな訳ではなく、むしろ好きなんですが、本編と巻数を同じにするのはやめてほしい。そうでなくとも記憶が曖昧なのに…
ということで、今回は短編集です。で、この手の作品のお約束として、本編よりもお色気がUpしています。というか、響さんや。全編でOutでしょう。もう申し開きできませんよ。
・ライブを盛り上げるため、ユナさんの店でリトルウィングの少女たちがコスプレ
 いや、最初はステージアートの話だったはずなのですが、どこからかおかしくなってきて、ついにはとある人の、隠された性癖が目覚めかけたし…

・ストレッチ
 練習の合間に行う、普通のストレッチのはずがなぜ? 「わ…にゃ、もっと響さんとしたいです」 さらには桜花もミイラ取りがミイラになり…確かに「奥まで挿れるぞ」とかねえ…

・桜花とパン屋でバイト
 普通にバイトするはずがなぜ? ってかパン屋のオーナーさん、いい趣味してるわ。着ぐるみ内で「だいしゅきホールド」だと…なんか、そんな18禁マンガが登場しそうだな、おい。

・もふもふ&ぱふぱふ
 ……人間、こんな簡単に壊れるんですね。確かにもふもふには、逆らいがたいものがありますけどね。くるみは、狙ってやってるのか? もふもふ依存+妹依存 そりゃ人生終わっているな。裸見られるの嫌なんだ、今更と思ったが「こんなところで」ということで、場所の問題でした。なんか納得。

・貫井家の大掃除と母娘対決
 年末大掃除。なにごともなく終わるわけもなく。お風呂掃除を裸で行おうとしたくるみ。確かに挿絵状態が裸とすると危険すぎますね。さらにここから斜め上の展開が…くるみのぱんつ断捨離! その判定係が響。白色は「いろいろ見る必要があるから」難易度が高い…っていろいろってなんだ! いろいろって! 書けないこと多すぎだろ。
で、なぜか断捨離を妹の部屋のベッド上で行っているところを、帰宅した父親に見られ、その後母親に見られ…普通なら家族会議になりそうなところ、母親の斜め上の言動「自分のぱんつ断捨離もやって!」「響の前では、いつまでも一人の女としていたい」…えーと。それにくるみも対抗し…結局料理(カレー対決)へ発展…
うーん、こんな両親や妹がいて、なぜ響は引きこもりだったんだろう…というか、無茶苦茶対人能力高いよね(対象がロリという話もあるが)

うん、すべてで響はOutでした。

★★★★
posted by あにあむ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175341136

この記事へのトラックバック