2016年02月16日

正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む


著者:慶野由志
出版社:ダッシュエックス文庫
正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む

主人公は、正直バカな高校生・春先真太郎。考えたことすべてが言葉と表情に出てしまうという難儀な性格をしています。そんな真太郎の元に「鏡の付喪神」だという少女が送付されてきて(宅配便で)「心の姿を映す能力」を持つ彼女との共同生活が始まります。

真太郎は「正直バカ」と呼ばれているものの、裏表のない(持てない)性格でもあるため、友人とはうまく過ごしているようです。そこに美少女転校生が登場。彼女の容姿に惹かれる真太郎ですが、目の前で転けそうになった彼女を助けるという本来なら好感度Upな出来事が発生。その際胸に触ってしまう(というか握ってしまう)お約束も経験。彼女から罵倒されることもなく、好感度Upだけで終了かと思いきや…胸の感触を街中でつぶやいている(本人は脳内再生しているつもり)ところを本人に聞かれ…付喪神との出会いから、急に回りが賑やかになっていきます。

転校生・神楽は、付喪神が引き起こす事件を取り締まる政府のエージェントで、猪突猛進型の性格。表面は猫を何匹もかぶった清楚系美少女。裏の顔は…このあたり裏表のない真太郎との対比が面白いですね。

真太郎の周りにいる少女たちは、みな美少女。しかも一人は、真太郎のエロ妄想暴露を楽しむために、チラ見せする、こちらもある意味エロ一直線な美少女。こんな子が近くにいたらいいですね。

付喪神たちもかわいらしく、ラブコメとしても異能バトルとしても楽しめる作品でした。少し残念なのは、小型化した付喪神たちのイラストがないこと! 手乗り付喪神は是非イラストにして欲しかった。いや、そうであるべきです!

続きがあれば、是非とも表紙で。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174082069

この記事へのトラックバック