2016年01月18日

魔王なオレと不死姫の指輪


著者:柑橘ゆすら
出版社:HJ文庫
魔王なオレと不死姫の指輪

主人公・久住千春(男子高校生)のところに「おめでとうございます。あなたは栄誉ある“魔物使い"に選出されました! 」というメールが届くことで、物語がスタートします。普通なら無視するメールですが、その直後に千春宛に荷物が届き、そこには下着姿のクールなグールが… なぜかその後千春の周りには、魔物の力を宿した美少女が集まりハーレム状態に…千春は「最強の魔物使い【魔王】の素質を持つということで、争奪戦が始まります。

魔物がたくさんいて、その魔物達を統率する「魔物使い」が公的に認められている世界が舞台になっています。とはいえ、魔物の存在は、一般には秘匿されているようですが…
通常は、駆け出しの魔物使いと契約出来る魔物は1体のみ。一応3体の中から、契約する魔物を選択できるようです。が、そのあたりの説明がすっとばされ、しかも3体とも千春と契約することが前提となっており、日常に置き換えたら「一度に婚約者が3人現れた」状態…3人の魔物は、不死姫・グール、ドラゴン、そして幼なじみ。ツンデレ、やんちゃなロリッ娘、幼なじみといろいろな属性が揃っています。そこに「お兄ちゃんLove」な、どこかおかしい妹まで参戦してきて…この妹、千春に近づく女性には問答無用で包丁突きつけるし、「そだよ。お兄ちゃん専用の肉壷、愛美だよ ♪」とどこのエロコミだという発言はするし、「だいしゅきホールド!」と抱きつくし…なんだろ?魔物よりも怖い存在のような気がします。

基本、何も考えずに読まないとダメな小説です。説明がすっ飛んでいますが、そこを気にすると、もう読めなくなります。頭をからっぽにしましょう。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172195011

この記事へのトラックバック