2015年09月26日

ゲーマーズ!(2) 天道花憐と不意打ちハッピーエンド


著者:葵せきな
出版社:富士見ファンタジア文庫
ゲーマーズ!(2) 天道花憐と不意打ちハッピーエンド

美少女からのゲーム部勧誘を拒否し、相性抜群(のはず)のゲーマー少女(こちらも美少女)と大げんかをかます−ぼっち高校生・雨野景太。そんな雨野と学園のアイドル・天道花憐をくっつけるため、ゲーム同好会を発足させたリア充・上原。ところが自分の彼女から浮気を疑われ…天道は雨野のことが気になりすぎて「原因不明」の胸の痛みを発症中。というのが2巻の状況です。主人公雨野の鈍感さがイライラする作品です。完全に自己中心ならいいのですが、中途半端に人の気持ちを読むため、余計ややこしいことになっており「友達になりたくない」度合いがさらに高まっています。

前巻、景太がナンパした(?)少女は、今回あまり活躍しておりません。時々「ワカメ頭」として登場する程度。今回は、景太と花憐の恋物語が中心となっています。もっとも、本人同士というよりは、まわりがくっつけようとしているだけという感じではありますが…リア充というか、コミュニケーション能力に長けている人材がいないため(上原も実はコミュニケーション能力弱いなあ)、打つ手が余計な混乱を招いています。

そのため、三角関係より複雑な多角形ができあがってしまい、実はどうしようもない状況に追い込まれているような気もします。このまま進むと「バッドエンド」しか思い浮かばないですね。

ラブコメパートは、まだいいんです。この作品のよく分からないところは、唐突に挟み込まれる中二病なパート。今回も「世界ゲーム大会」というよくわからない大会のエピソードが挟み込まれているのですが、すでに人智を越えた戦いというか、そこだけ別作品になっています。恋物語部分には、異能は関係ないのだから、このパート必要だったのでしょうか?

まだ作品は続くようですが、どうしようかなあ? ここで読むのやめたほうが身のためかなあ…

★☆
posted by あにあむ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164423013

この記事へのトラックバック