2015年09月02日

魔界に召喚れて家庭教師!?(3)


著者:鷲宮だいじん
出版社:電撃文庫
魔界に召喚れて家庭教師!?(3) 〜お姫様と、ゴールイン!!〜

魔界の破産という危機を乗り越えたユージンたち。人間界で法皇陛下が即位するということで、魔界代表でお祝いに人間界へ乗り込みます。ところが、謎の策略にハメられ、亡国の危機に襲われることになってしまいます。というか、危機が多い世界ですねえ。

策略を回避する手段は、国家の威信をかけた大運動会…平和なのか、争いが絶えないのか…当然のように、魔界代表選手は、お姫様たち。なぜかブルマを穿いて運動会開催。ってこの世界の知識はどうなっているんでしょうね? さらに、ユージンも強制的に参加させられることになり、勇者・ザ・ブートキャンプで強化。即席勇者になることは出来るのか?

運動会の種目は、リレーや借り物競走、さらには水泳メドレーリレーといったものですが、そこは魔界と人間界の代理戦争。妨害に関するルールが無茶苦茶甘くなっています。というか、すでに元競技ルールが存在する意味がない状況になっています。このあたり、少々やり過ぎですね。ルール無用になっているので、運動会という設定をした意味がなくなっています。もう少し、ルールを厳しくしておかないと、盛り上がれません。

今回、最終巻となっています。ラストに無理矢理後日譚的なエピソードをぶちこんで、終わらせているという形。どうもこのような終わり方はすっきりしないですね。残念でした。
★★☆
posted by あにあむ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162744098

この記事へのトラックバック