2015年08月24日

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空(2)


著者:むらさきゆきや
出版社:スニーカー文庫
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空(2)

艦隊これくしょんノベライズの第二巻。相変わらず、艦これプレイしておりませんので、通常小説として読ませていただきました。

鎮守府に着任した新人提督。なんとかあ号作戦に勝利しますが、北方海域で苦戦を強いられ、秘書艦・加賀が入渠してしまいます。代わりに秘書艦に任命したのは、努力家の五月雨。けれども彼女はドジッ娘でした… それもラッキースケベ方面にドジをするため、加賀たちにあらぬ疑いをもたれてしまいます。そんなこんなで苦労する、提督をねぎらおうと瑞鳳は、玉子焼きを作ろうとするのですが、なかなかうまく行かず…

と相変わらず瑞鳳と提督のラブコメを中心にしてストーリーが展開していきます。なんだかすでに、擬人化がどうでもよくなってきております。普通に若き提督と年頃娘たちのラブコメでいいじゃないかと。まあそうすると艦これファンの方達を引き入れられないんですけどね。ファンな方の気持ちはわかりませんが、そうじゃない(というより理解出来ない)私でも楽しめるというのはすごいですね。いや、擬人化が嫌いな訳ではなく、元ネタがさっぱりわからないということなんですが、それでも各艦娘たちが魅力的なので、楽しむことが出来ます。

次巻が最終刊になるとのこと。どうやらこのままニヤニヤと楽しい作品のまま、終わりそうですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162165650

この記事へのトラックバック