2014年07月24日

前略。ねこと天使と同居はじめました。五匹目


著者:緋月薙
出版社:HJ文庫
前略。ねこと天使と同居はじめました。五匹目


巻を重ねるごとに「甘さ」が濃くなってきている作品。なんだか澪が天使だということが、どこかに置き去りにされているような気がしないでもない展開です。
今回の舞台は、天狐の里=伏見稲荷の裏山。三匹のネコたちの変身の秘密がわかるかも知れないということなんですが、それだけが目的ではないのがいつも通り。

そもそも京都へ向かうのは、細音と悟だけだったはず。この二人は、修学旅行とその引率という正当な理由。もっとも、出発前に澪との間では「永久の別れ」のような寸劇が繰り広げられ、細音のクラスメイトのHPをごっそりこそげ取ったのですが...キーアは、幽霊ということで、普通に着いてきたのですが、なぜかイブまで着いてきて...悟たちがわたわたしている裏で、なぜか澪の京都行きと「保護者」として黒木も同行することが決定してしまいます。

ということで、いつものメンバーが京都に集合することに。天狐の里では、リッドを久遠の婿に迎えるべく村人たちが、包囲網を形成。ちょうど行われていたお祭りもあり、いい雰囲気に。悟と澪もさらに一歩進み、バカップルの空気感染はさらに広がり...

結局、変身の秘密はネコではなく他の人にあることが判明しただけで終わっています。ま、この作品はそんなことどうでもよく、それよりもバカップルの空気感染ぶりを楽しむべきなんでしょうね。しかし感染力強いですねえ。どんどん増殖してますよ、バカップルが... あと一巻で終了。よし一気に読んでしまおう。

★★★★
posted by あにあむ at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101929680

この記事へのトラックバック