2014年07月22日

前略。ねこと天使と同居はじめました。四匹目


著者:緋月薙
出版社:HJ文庫
前略。ねこと天使と同居はじめました。四匹目

甘々ラブコメ。水上家の3匹の子猫たちも人間に変身することが出来るようになりました。その事実を、なんのためらいもなく受け入れる環境が恐ろしいのですが、水上家とその周りにとっては「普通のこと」のようですね。

イブは比較的長い時間人間になることが出来ますが、それ以外の2匹はうまくいかない模様。そこで、ガブリエルたちが気を利かせて、先生として、天狐の少女を派遣してくれることに。このきつねっ娘・久遠は、以前に無茶な変身を試みたことが祟り、声が出なくなっています。そのため、当初は筆談で教える予定だったのですが、なぜかリッドとテレパシーのようにお互いの言葉がわかるようになり、リッドが通訳することに。リッドと久遠は、言葉だけでなくお互いに考えていることもわかるため、気がつくと二人の距離は一気に縮まっていきます。ということで、3つめのバカップル誕生!

初々しい二人を見ているうちに、悟と澪(主に悟)も、忘れかけていた感情を思い出し、新しい一歩を踏み出すことになります。

今回も、甘々ラブコメ通常運転です。言葉が話せない天狐・久遠という存在が、停滞気味の悟と澪の関係を好転させることになり、そのことがもう一つのバカップルにも派生していき...イブの気持ちも明確になり、ますます糖度が上がっていく水上家。どこまで甘さが増していくのでしょうね? 最近のラブコメは、最後までラブコメせずに、わざとずらしたものが多かったので、久しぶりに安心して悶えられるラブコメに出会うことが出来ました。

★★★★
posted by あにあむ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101888117

この記事へのトラックバック