2019年07月23日

自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム(6)


著者:新木伸
出版社:ダッシュエックス文庫
自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム(6)

おお、5巻読まずに6巻読んでしまった。確かに突然始まった感があったんだよな。でもさほど問題なく、読み進められたのが不思議です。まあね、ストーリーはあってないようなものですからねえ。今回もいつもどおりです。舞台が巨人の国に変わったことくらいですからね。この国は、強ければ強いほど美しくなる女巨人たちがいます。また国は問題を抱えていて…

ってことで、今回は巨人の国でヤリたい放題をしています。まあすでに「自重しない」というレベルを越えていますね。オリオンの守備範囲はどうなっているんでしょう? 一応下限設定はあるようですが、それもあまり倫理的なことが要因ではなく、単純に「難しそう」というだけではないでしょうか? 倫理的な面を重視するのであれば、現場においておくことないでしょうしね。年齢はともかく、種族に対する制限がまったくないのがオリオン。「メス」であれば、なんでもいいようです。蜘蛛もOKだし、魚介類もOK、家畜もOK。もうなにがなんだか。今回の相手は巨人です。それもサイズ差はとんでもないようです。じゃあどうやっていたしたのか…詳細な描写はありませんが、どうやら、あの穴に全身で入り込んで、回転していたようです…相手はともかく、本人は気持ちいいものなんだろうか? そんなことを考える必要がない小説なのでしょうが…

4巻でも「そろそろ無理かな?」と感想を書いていますが、今回はさらにその気持ちが強くなっています。もうエロではなくギャグになっており、そのギャグがすべりまくっている状態です。次回はどうしようかなあ。

★☆
タグ:異能 ★☆ 自重
posted by あにあむ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫