2019年01月31日

終末の魔女ですけどお兄ちゃんに二回も恋をするのはおかしいですか?(2)


著者:妹尾尻尾
出版社:ダッシュエックス文庫
終末の魔女ですけどお兄ちゃんに二回も恋をするのはおかしいですか?(2)

人類最強の歩兵として従軍していた経験がある、普通の男子高校生・七星昴。藤原一味による事件を解決したのち、最愛の妹(義妹)・紅葉とともに、断界魔装の訓練と、それに伴う医療行為(という名の、肉体接触=キスによる魔力補給)に励んでいた。そんなある日、紅葉そっくりの妹のひとり・夕陽がベッドに潜り込んできます。彼女は、国家組織「魔女狩り」に出向していて、リーダーである水奈星込愛の命により、送り込まれてきました。三つ巴生活が始まり、爆乳姉妹に迫られ、挟まれ(何に?)、理性と戦う昴。そんな中、藤原一味の残党が何者かに暗殺される事件が発生。込愛の思惑や夕陽の狙いは?

ということで、さらにややこしいことになっています。前巻が発刊されてから、少し間があいたこともあり、なんだかわかりずらい作品になっています。人間を喰らう界獣に唯一対抗できる「魔女」…のはずなんですが、一般人から奇異な目で見られるだけでなく(理解出来ないものは怖いですからね)、そこに魔女狩り、軍とそれぞれの思惑で動く組織があり、かなり混乱しています。7人の姉妹(全員妹になりますが)は、今回全員登場しています。とはいえ、紅葉より上の4人にフォーカスされており、下3人は少しだけの登場。まだ七人姉妹という設定が生かされていませんね。なんせ人間離れした爆乳ばかりの姉妹。下3人が年相応の体格でよかったです。

今回もストーリーは暗く、エロシーンだけ明るいというアンバランスな状態が続いています。お風呂で、姉に投げ飛ばされ、縦筋を昴の顔面にぶつける…といったギャグシーンや、爆乳姉妹2人によって、精を放ってしまうシーンもギャグ風になっています。でも本筋は非常に暗いお話。夕陽の抱えている闇もかなり深いものです。

うーん、そろそろ限界かなあ。いつも思うことだけど、ラノベでここまでのエロシーンは不要(今回ラストで一線越えていますしね) というか、ストーリー上必要とは思えない。メインエピソードだけでは、ひきつけられないから、エロ要素足したという感じしかしません。で、最近は少々のシーンでは目立たないので、ポルノに限りなく近いものになってしまっている… さらに前回も書きましたが、爆乳を通り越えて、悪意しか感じられないイラストと表現。こちらもひいてしまう要因です。

★☆
タグ:異能 ★☆
posted by あにあむ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫