2019年01月22日

異世界に間違った人材を派遣してしまったのですが何とかしてもらっていいですか?(泣)


著者:逢坂為人
出版社:電撃文庫
異世界に間違った人材を派遣してしまったのですが何とかしてもらっていいですか?(泣)
駄女神・ペディアの尻拭いのために、異世界にプチ転移させられる高校生が主人公…なんですが、いろいろ設定をすっ飛ばしているため、非常にわかりにくい作品になっています。ペディアは、その名前から分かるように「知識の女神」 でもその知識を生かす知恵を持っていないため、役に立たない。異世界を救うために転移させる人間のチョイスも、若干ずれているため、うまくいかず困っている。そこに主人公二人組が転移させられ、なんだかんだで、その世界を救うという繰り返しになっています。

主人公二人は幼なじみという設定ですが、その関係性がいまいちよくわかりません。というか中途半端に学校を登場させるから、よけいよく分からないことになっています。転移先の世界で会う、先輩転移者も、同じ学校というパターンもありますが、こちらも唐突な感じしか残りません。さらに、その転移者とその後のストーリーで、まったく絡みがないので余計に謎設定になっています。

ペディアの能力も、最初はなかった「MP」という設定が後半になって追加され「検索が出来ない」というシーンが登場しますが、そのことがストーリーに与える影響はまったくなく、なにがしたかったのか?

そもそも珠が、異世界を救おうとするモチベーションが、なにから生まれているのかがまったくわかりません。「ヲタだから」だけで解決しようとしていますが、そんな単純なものでしょうか? そのあたりがはっきりしないので、いまいち入り込むことができません。ペディアの登場シーンを増やし、狂言回しにして、主人公を追い込んでいくほうが、わかりやすいストーリーになるような気がします。

最後に、ペディアがぱんつ要員にされていますが、必要あったのでしょうか? イラストでは、そもそもぱんつすら穿いてないように見えているなど、下品なだけになっています。

★☆
posted by あにあむ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫