2019年01月08日

オタギャルの相原さんは誰にでも優しい


著者:葉村哲
出版社:MF文庫
オタギャルの相原さんは誰にでも優しい

オタクで地味で、サメ映画が好きな、アッキーこと綿貫アキラが主人公。リアルに興味がない(フリをしているとしか見えない)アキラが放課後教室に残っていると、ギャルで巨乳美少女で水泳部のリア充な、相原璃子(実はオタク)が、ノリと勢いで「カノジョ(仮)」になってくれることに。そのコミュ能力を用いて、アッキーに最適なカノジョを見つけてあげようということ。そのマジ天使な璃子と一緒にいると、楽しい。そんな日々が続くと思っていたけれど…

最近よくある「ギャルがオタクで優しい」というパターンではあります。スクールカースト上位と下位の「なんで?」という組み合わせなのですが、璃子がまったく気にしていないのと、主人公も不必要な卑下をしていないので、あまり気になりません。最近は、極端に卑下した主人公が多いですからねえ。さらに、結構早い段階から、自分の素直な気持ちに気がついて、まっすぐ行動しているのも好感が持てます。出会いから付き合うまでや、たぶんあったであろうクラスメイトの驚きなどは端折られていますが、そのぶん、二人のイチャラブぶりが描かれており、楽しむことができます。

璃子のノリが非常によく、それに応えるアッキーのノリもいいので、掛け合いが楽しい。でも璃子の名付けセンスはどうよって感じですね「青春オタク同盟」ですからねえ…やっていることは、オタクに優しい本屋でオタデート、サメ映画を一緒にみて、深夜アニメの録画を一緒に見て、ご飯作ってもらって。うんどこが「(仮)」なんだろうね。アッキーも「リアルに興味がないクソオタク」という割には、普通に人と付き合っているし、なんだかんだと思春期男子しているしなあ。

にまにまラブコメとして純粋に楽しむことが出来ます。続刊もあるようですが、もっとイチャラブになっていくのか、それとも…

★★★☆
posted by あにあむ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫