2018年12月13日

中古でも恋がしたい!(12)


著者:田尾典丈
出版社:GA文庫
中古でも恋がしたい!(12)

3年生になった清一たち。穏やかな日々をおくっていたが、そこに清一の理想のエロゲヒロインに限りなく近い美少女が現れた! 彼女は、入部希望者ということで…

清一の前に現れた美少女・結城麻奈。
「わたしは、せー先輩のエロゲヒインになります! ダメ……ですか?」
エロゲヒロインが三次元に降臨したかのような、完璧美少女となった麻奈は、清一にトラウマを与えた3人目の少女でした。っていうか、冷静に考えると清一って無茶苦茶な小中学時代をおくってますね。確かに相手の責任もあるけれど、清一自身に大いに問題があったとしか思えない人生です。堅いようで、非常に惚れっぽいのかもしれません。

麻奈が清一に与えたトラウマは「卒業式の後、呼び出したにもかかわらず、その場に現れなかった」理由は、麻奈の単純なミス(時間を間違えていた)通常なら「ごめんなさい」でなんとかなるパターンですが、清一のそれまでの経験から「完全にだまされた」と思い込んでしまいます。このあたり、思い込みが激しすぎるような…

麻奈のほうは、必死で清一に許してもらえる方法を考え、清一の理想に近づくために5年間努力を続けたということなのですが…少々疑問が? 清一がエロゲやりだしたのって、いつだっけ? さらにその趣味を麻奈が知ることになったのはいつ? そもそも容姿って自助努力で変えることは可能なのか? 体格や髪型なら若干調整できるでしょうが、美少女になるって、どうやって?

それはおいといて、今巻でも清一の優柔不断は続いております。4人に増えたヒロイン候補を搾り混むことが出来ず、かといってハーレム展開も望んでおらず…途中で指摘されていますが、清一の考えって、ある意味「傲慢」なんでしょうね。

メインヒロイン奪取競争は、料理対決やデート対決。うん、清一は爆発しておいていいよ。それよりも外崎に幸せになってもらいたいですね。彼が一番損な役回りになっていますよね。今回も清一の(端から見たら、単なるノロケ)な相談に真面目に答えていますし、自分の悲しい経験まで吐露しています。これだけいい友人なかなかいないよ。

ここに来て、新ヒロインが投入されたので、新章突入し、妹も参戦するのか? と思ったのですが、次巻でラストのようです。なぜここにきて、ヒロイン投入した? あと一巻でいろいろな風呂敷たためるのでしょうか?

★★★
posted by あにあむ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫