2018年10月25日

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (4)


著者:春日部タケル
出版社:スニーカー文庫
美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (4)

前回大騒ぎとなった天花と清純の騒動。ネットTVでの騒動で、清純の顔も一部に知られるようになってしまい、いろいろ噂されているものの、概ね平穏な日々が戻りつつありました。年一回の新人賞選考。ここのところ、大賞は出ていなかったのですが、今回は超問題作が…読む人の精神を病む作品ながら、とてつもない完成度。編集会議を経て、清純が担当することに… 打合せ場所に現れたのは、なんと女子小学生!さらにひよこがそのJSに弟子入りすると言い出す。彼女は「プライド? なんで? 自分より凄い人にものを教えてもらうのに、肩書きとか年齢は関係ないよ?」というが…
結果として、JS・美門によるスパルタラノベ講座が開幕。…のはずが、なぜか3人で遊園地デートをすることに。美門のドS指導とひよこの天然回答に振り回される清純。はたして、美門の作品を世に送り出すことは出来るのか?

今回は、JSがヒロインとして登場。しかもどうやら心に闇を持った少女のようです。そんな彼女に愚直一直線に向き合うのは、ひよこ。最初は、彼女をうっとうしがる美門でしたが、あまりに天然かつ愚直な姿勢に、少しずつ心を開いていきます。さらに清純も、例によってクサすぎる台詞で、彼女の心を揺さぶります。端から見ていたら「事案」といわれても仕方のない台詞なんですが、本人だけが気がついていないようですね。
さらに清純の同期(SADOKAWAの別レーベル編集者)も登場。こちらも、どうやら清純にフラグが立っているようです。年下先輩を含め、清純ハーレムはどんどん広がっているようですね。

今回、中盤から後半はまた重い話になっています。前巻もそうでしたが、敵対する人が強烈で、前半のひよこを中心としたコメディと雰囲気が違いすぎます。メリハリを越えた振れ幅なので、読み疲れることもありますね。ただラストはハッピーエンドになるので、その点は安心できます。

今回天花はほとんど出番なし。ひよこは相変わらずぱんつ要員として通常営業しています。

★★★
posted by あにあむ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫