2018年10月17日

それでも僕は、モブキャラが好き


著者:氷高悠
出版社:講談社ラノベ文庫
それでも僕は、モブキャラが好き

主人公はモブキャラ好きなオタク・嘉島諒介。彼は、アニメを観たり、本を読んだり、マンガを描いたりと自由な「すみマン」部所属。大切な部だけれど、現在の部員は3名(うち1名は幽霊団長)学校の規定で4人いないと部として存続できない。そんな危機的状況で目をつけたのが、クラスメートである地味な少女(でも美少女)佐藤佐由梨さん。直接勧誘するのは難易度が高いので、手紙にして彼女に渡したはずが、なぜか学校二大美少女の一人である、美園姫芽さんに告白したと勘違いされ、しかもフラれてしまう…そもそも告白すらしていないのになぜ? そのような勘違いから始まった学園生活ですが、気がついたら主人公は美少女たちに囲まれていました…

物語のメインヒロイン佐由梨の諒介に対する好意は、実は最初からMAX状態です。諒介が普通の感性の持ち主なら、カップル成立!めでたしで終わってしまうような状況。でも佐由梨の消極性もあり、しっかりラブコメしています。

ネットでの評価は散々な作品ですが、非常に素直なストーリー運びで、佐由梨と諒介の関係も背中がムズムズするような初々しさがあります。最近の「付き合った」「別れた」という軽いノリではない「人を好きになる手順」をしっかりと踏んでいるので楽しいです。
姫芽の残念さもそうですが、各ヒロインの性格がはっきりと描かれており、等身大で楽しむことができます。若干中だるみなところもありましたが、全体を通してニヨニヨと読める作品でした。

★★★★
posted by あにあむ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫