2018年10月04日

遅すぎた異世界転生


著者:なめこ印
出版社:GA文庫
遅すぎた異世界転生 人類を滅ぼした魔王ですけどよかったらウチで働きませんか?

最強の傭兵マサムネはある日、勇者として異世界に転生した。ところが転生した世界で、彼を迎えた魔王・シシーは
「人類は、もう滅んだよ」
と告げます。マサムネの転生が遅かったため、すでに人類は滅んでいたようです。いきなり存在価値を失ったマサムネに対し、シシーが「きみ、よかったらウチで働かない?」と持ちかけます。それを受入れ、魔王の執事として働くことになったマサムネ。

という導入なんですが、もういろいろすっ飛ばしてい、まったく中身がありません。マサムネは、傭兵として死と隣り合わせの人生だったということですが、異世界でのマサムネは、単なる変なやつ。シシーも人類を滅ぼした魔王とは思えない言動で、単なる中二病にしか見えない。人類が滅んだ世界だから、人類が嫌われているという設定もよくわからん…というか、そもそもそんな単純に「人類だけ」滅ぼしてしまうことが出来るのか、ということにも触れられていない。実際作品内には、人類がもう一人登場しているし…このリンリットも変。ネコに変身できるようだけど、それだけで魔王や魔族から「人類」と感知されない理由もよくわからん。曲がりなりにも「魔王」が存在する世界なんだし、魔法も一般的なようだし…

ラブコメということですが、こちらも薄いですねえ。各キャラの心情描写がまったくといっていいほど出来ていないので、楽しむことが出来ません。テンプレに当てはめて、機械的に作り出したキャラのようです。メイド長がクールだけど、頭のキノコの胞子は感情豊かという設定も、生かせてない。

たぶん、マサムネのキャラ設定が薄いため、どうしようもなくなっているんでしょうね。笑えないコントを見ているようでした。

タグ:ラブコメ
posted by あにあむ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫