2018年06月22日

異世界支配のスキルテイカー(8)


著者:柑橘ゆすら
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界支配のスキルテイカー(8)

いつものように異世界ライフ(=ハーレム)を満喫していた悠斗は、家の中に侵入してきたアサシンの存在に気づきます。凄腕のアサシンのようですが、あっさり拘束したところ、かつてシルフィアの家で働いていたメイド・サクラが正体ということがわかりました。彼女は、シルフィアへの忠誠心から、悠斗を恨み生命を付け狙いにきたのでした。アサシンが男性だったら、あっさり殺した(もしくは二度と来ないように痛めつけた)でしょうが(実際、庭に忍びこんだ賊を殺していますからね)、サクラがおんなのこ(それも美少女)だったため、傷つけるのをためらいます。そのことが、悠斗を新たな戦いに巻き込んでいくことになります。

ヒロイン候補が一人増えました。ドSな元メイドであるサクラ。シルフィアへの忠誠心は強く、彼女が悠斗の奴隷になっている現状が許せず、悠斗にだまされていると思い込んでいます。かなりこじれているため、言葉で説明しても、絶対納得する状態ではないし、何度も襲われるのは面倒。かといって、痛めつけるのは嫌。そこで悠斗は、サクラも自宅に寝泊まりさせ、日常を見せることで解決しようとします。というか、あわよくばハーレム要員として追加しようとします。が、敵も然る者。そのドSを発揮して、逆に悠斗を攻めることに。もともとS属性の悠斗にとっては、攻められるのは初めての経験。なかなかうまく切り返せません…って、アサシンから色仕掛けのようになっとるがな。アサシンが使う色仕掛けって、そういう状況で判断力や反応を鈍らせ、殺すってのじゃなかったっけ?サクラの場合、実は悠斗だけが得しているようにしか見えません。

後半からは、シルフィアの故郷が舞台となり、スピカたちはお留守番となります。海辺の街で、新たな戦いに巻き込まれている悠斗ですが、戦闘のほうはどうとでもなりそうですね。何度もいいますが「普通の高校生」ではありません。最強の存在で、スキルテイカーの技能がなくても、十分体術だけで生き延びていけそうです。基礎体力もかなりのものですしね。さらに毎晩お楽しみする余力もあるわけですから、怖いもの知らずな主人公になっています。前巻でも思いましたが、悠斗が強すぎ、新しく手に入れるスキルも強力なものになってしまったため、初期の鉄板ネタ(手に入れたスキルで、女の子に性的な意味でいたずらする)もなくなっていますし、戦闘シーンも盛り上がりません。別に、主人公を窮地に陥れろというわけではありますが、もう少し盛り上がりがあったほうがいいですねえ。ページ数も少なめですし、一気に読めるというメリットはありますが、もう少し山場がないと、飽きてしまいそうです。

★★☆
posted by あにあむ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫