2018年06月22日

異世界支配のスキルテイカー(8)


著者:柑橘ゆすら
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界支配のスキルテイカー(8)

いつものように異世界ライフ(=ハーレム)を満喫していた悠斗は、家の中に侵入してきたアサシンの存在に気づきます。凄腕のアサシンのようですが、あっさり拘束したところ、かつてシルフィアの家で働いていたメイド・サクラが正体ということがわかりました。彼女は、シルフィアへの忠誠心から、悠斗を恨み生命を付け狙いにきたのでした。アサシンが男性だったら、あっさり殺した(もしくは二度と来ないように痛めつけた)でしょうが(実際、庭に忍びこんだ賊を殺していますからね)、サクラがおんなのこ(それも美少女)だったため、傷つけるのをためらいます。そのことが、悠斗を新たな戦いに巻き込んでいくことになります。

ヒロイン候補が一人増えました。ドSな元メイドであるサクラ。シルフィアへの忠誠心は強く、彼女が悠斗の奴隷になっている現状が許せず、悠斗にだまされていると思い込んでいます。かなりこじれているため、言葉で説明しても、絶対納得する状態ではないし、何度も襲われるのは面倒。かといって、痛めつけるのは嫌。そこで悠斗は、サクラも自宅に寝泊まりさせ、日常を見せることで解決しようとします。というか、あわよくばハーレム要員として追加しようとします。が、敵も然る者。そのドSを発揮して、逆に悠斗を攻めることに。もともとS属性の悠斗にとっては、攻められるのは初めての経験。なかなかうまく切り返せません…って、アサシンから色仕掛けのようになっとるがな。アサシンが使う色仕掛けって、そういう状況で判断力や反応を鈍らせ、殺すってのじゃなかったっけ?サクラの場合、実は悠斗だけが得しているようにしか見えません。

後半からは、シルフィアの故郷が舞台となり、スピカたちはお留守番となります。海辺の街で、新たな戦いに巻き込まれている悠斗ですが、戦闘のほうはどうとでもなりそうですね。何度もいいますが「普通の高校生」ではありません。最強の存在で、スキルテイカーの技能がなくても、十分体術だけで生き延びていけそうです。基礎体力もかなりのものですしね。さらに毎晩お楽しみする余力もあるわけですから、怖いもの知らずな主人公になっています。前巻でも思いましたが、悠斗が強すぎ、新しく手に入れるスキルも強力なものになってしまったため、初期の鉄板ネタ(手に入れたスキルで、女の子に性的な意味でいたずらする)もなくなっていますし、戦闘シーンも盛り上がりません。別に、主人公を窮地に陥れろというわけではありますが、もう少し盛り上がりがあったほうがいいですねえ。ページ数も少なめですし、一気に読めるというメリットはありますが、もう少し山場がないと、飽きてしまいそうです。

★★☆
posted by あにあむ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2018年06月20日

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか


著者:はむばね
出版社:ファンタジア文庫
お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか

主人公の平地、ヒロインの庄川さん、イケメン空知、美少女ギャル(腐女子)里崎の、勘違いだけで構成される物語。

悪の組織と戦う魔光少女・まほまほの正体は、庄川さんだった。まほまほの大ファンである平地は、偶然まほまほが、魔法を解いて庄川さんになるシーンを目撃してしまいます。そのときに使い魔(フェレット)が言った「魔光少女だということがバレたら、30歳まで恋愛ができない」というよくわかならない罰を防ぐために、彼女の秘密を守ろうと決意します。って、ここでもういろいろ勘違いが起こっているのですが…秘密を知られたことを知らない庄川さんと、その秘密を守ろうとする平川の勘違いラブコメ。

まず、各キャラがひねくれすぎています。主人公・平川の性格もひん曲がっているし、庄川さんも変。サブキャラ2名もおかしい。まともな性格をした登場人物がいないから、物語全体に「それはないだろう」という空気が漂っています。庄川さんの行動も、納得性がまったくありません。魔光少女であることを隠したいという割には、教室で変身しようとしたり、授業中に抜け出すいいわけとして「トイレ」ばかり利用したり…中学校でのあだ名が「尿川」ということですが、悪の組織と戦って、教室に戻ってくるまでの時間「小」という時間で済むのでしょうか?

一番の問題は、中盤以降、次々に一人称キャラが変わること。この方式のため「もしかしたらバレているのかな?」などといったスリルがまったくなく、勘違いも「もしかしたら」という裏読みができないので、見事なまでに内容が薄くなっています。

この作品、ファンタジア文庫の金賞受賞作品らしいです。え? これで? というのが正直な感想。投稿時は、このような章立てになっていなかったらしいので、改悪としか言えませんね。著者は「笑いのために必要」と後書きに書かれていますが、どこに笑いの要素があったのだろう?

結論 地雷です

タグ: 地雷
posted by あにあむ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

2018年06月19日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(4)


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(4)

ついに判明した、ぱんつを忘れたシンデレラの正体!前巻でとんでもない変態な方法で、強引に確定させた慧輝。それは妹の瑞葉でした。改めて妹に告白を受ける慧輝。「実の妹というのは、いろいろNG」と断る慧輝ですが、瑞葉いわく「自分たちは、本当の兄妹ではない」 うん、読者は知っていました。んで当然慧輝も知っていると思っていたのですが、なぜか慧輝は覚えていなかったと…いや二人の誕生日考えたら、普通分かるだろう。4月と翌年3月とかならともかく… かなり無理がある設定になってしまっていますね。まあ書道部メンバー自体が不自然だから、これくらいいいのか。

妹がシンデレラ、しかも「血がつながっていない」ということで、一気に二人の中が近づくのかというとそうではありません。相変わらず書道部変態ヒロインズとも、つかず離れずの関係が続いています。そんな慧輝は、下級生の間で「二股男」とか「ヤリチン」とか呼ばれているようで、童貞な慧輝くんにとっては辛い状況。親友は、ロリ娘と普通の恋愛を楽しんでいるのに…ロリコンなのに…

さて今回も引き続き夏回となっています。ヒロインズそれぞれとの夏祭りデートや、書道部メンバー(今回から瑞葉も入部)との海辺の合宿。相変わらず慧輝は、ラッキースケベを連発しています。というか、ラッキースケベがないと、行動が完了しない呪いにかかったようです。その結果「ダーリンのバカ!」と電撃を喰らうわけでもなく、罰ゲームは端から見れば単なるご褒美。そろそろ逮捕されてもいいよ。書道部メンバー以外で変態ヒロインズに加入している彩乃さんも、しっかり登場。さらに生徒会の下級生も登場しています。今のところ「極度の男嫌い」ということしかわかっていませんが、どうやら変態性癖を持っていそうです。というか、このタイトルですから、とりあえず変態性癖でないとレギュラークラスにはなれませんしね。

とはいえ、ヒロインズは全方面変態ではないというのも、この作品の特徴。慧輝の前でしか、性癖みせていないんですよね。それくらい受け入れてあげるくらいの度量がないとね。どうせ慧輝が変態性癖の王者なんだから…

今回メインヒロインは、瑞葉です。彼女の性癖は「露出狂」 痴女しているって訳ではなく、たまにノーパンで外に出るのと、一人ストリップショーを慧輝の部屋でやっているくらい…軽度ではありますね。原因は小学5年の時、プール授業で下着を忘れたこと…まあよくある話なのかも。男の場合下着はかないと、チャックで地獄を見ることがありますけど、女の子なら大丈夫だろうし…

さて、シンデレラは判明したものの、まだ続くシリーズ。次はどんな変態が登場するのでしょうか? くれぐれも、シャレにならない変態が登場しないことを祈っております。

★★★☆
posted by あにあむ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年06月15日

魔法使いにはさせませんよ!(2)


著者:朝日乃ケイ
出版社:GA文庫
魔法使いにはさせませんよ!(2)

人類を脅かす侵略獣(ファイント)に対抗できる魔法少女と魔法使い。魔法使いは30歳まで童貞でないと覚醒できない…そんな悲しいお話。

主人公・鞘波黒刃は、魔法使いを目指す少年が通う学校の生徒。お察しの通り、学生はもとより、教師陣も純潔なんです。そんな学校でも、黒刃は別格扱いされる能力と、家柄。そんな彼の純潔を奪おうとする、新たな刺客が登場します。それは、清楚な黒髪魔法少女・三日月朱音。彼女は「私は貴方が嫌い。大嫌いだからこそ−−貴方の貞操を奪う」とわけの分からない論理を突きつけます。彼女は、黒刃を圧倒する剣術と、なしろを凌駕する胸を誇っており、なしろ曰く 「そんな……、巨乳で美乳とか……。おっぱい界のパワーバランスをめちゃくちゃに……」 第三勢力の登場でなしろ&千鶴のアプロートがエスカレートしていきます。黒刃は貞操を守れるのか? いや、世界は平和を守れるのか?

明るい刺客・なしろ、ヤンデレ幼なじみ・千鶴に挟まれて、ヘロヘロだった黒刃に新たな刺客が迫り、しかもその後ろには「異界」による陰謀が隠されていました。黒刃の貞操が大切なのか、平和が大切なのか…第三者的には、黒刃の貞操などどーでもいいんですが、彼が貞操を失う=魔法使い候補が一人減るということで、平和を守るという観点からすれば、大きな損失になるんですよね。だから学園も彼を全力でサポートしているわけです。新たな刺客朱音は、剣術で黒刃を上回るという強敵になっています。それだけでも大変なのに、背後には魔法少女のチームも見え隠れしています。って、この作品の中では、魔法少女の暗黒面がすごく目立ちますね。見た目は華やかだけれど、実はいろいろと問題の多い集団。それに比べると、魔法使いのほうが純粋なようです。

前巻では、侵略獣(ファイント)との戦いがメインでしたが、今回は侵略獣はあまり出てきません。それより、魔法少女集団のほうが、はるかに強敵に描かれています。さらに刺客たちの攻撃も、より直接的になってきており、ぼちぼち寸止め状況になってきています。あやうく刺客をオカズに自慰させられかけたり、離船がふっとぶ状況まで追い詰められたり。なんだか、もう好きにしたら状態になっています。刺客さん、美少女ですしね。

今回も、千鶴はヤンデレ一直線です。黒刃を好きというのは分かるのですが、なんだろう。あまりにも重いんですよね。実際に周りに千鶴のような異性がいたら、逃げたくなるでしょうね。

★★★☆
posted by あにあむ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫

2018年06月14日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(3)


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(3)

部室に、新品のぱんつといっしょにおかれていたラブレター。桐生慧輝は、ガラスの靴ならぬ白いぱんつを忘れていったシンデレラを探すことになります。でもシンデレラ候補は、ドS、ドM、そして腐女子とろくでもない女子ばかり。でもみな美少女で…リア充なのか、悲惨なのか分からない慧輝の青春。
今回は、夏だ!水着だ!変態だ〜!ということで、水着回。そうテコ入れ回となっています。いつも通り、変態な日々を送っている慧輝たち。ぱんつのシンデレラを探すためには、犯罪も厭わない! そんな感じになってきた慧輝。貧乳美少女の唯花の家に招かれ、彼女の部屋で行ったのは…引き出しの下着漁り。それを唯花にしっかり見られて(撮られて)人生終了…ではなく、唯花のドSが発揮され、慧輝は忠犬にしつけられてしまいます。そんな慧輝を見て、ショックを受ける紗雪先輩…ではなく、ドM属性を刺激され一人快感にあえぐ…もう何がなんだか…
腐女子は、新境地「ラブコメ」を描くため、慧輝とのデートをしたり、ってもうこれ慧輝にデレとるやないか。

そんな中、とあるきっかけで優待券を手に入れた慧輝は、みなを隣町のプールに誘います。目的は、みんなの水着姿が拝めるぜい! ともう一つ裏の目的がありました。というか、この時点で慧輝はシンデレラが誰がほぼ気がついていたようですね。

プールでも、いろんなことが起こり、もう美少女たちとイチャイチャしまくる慧輝。さらに、偶然開催されていたイベントで、ヒロインたちに告白される慧輝。もうこいつ爆発してもいいです。

今巻の最後でシンデレラの正体がわかります。それもかなりアレな方法で…っていうか、普通男子が、そんなところに着目するか? 女兄妹がいたら、そんなものなのかなあ。いや普通気づかないよな。実は、この物語の中で一番の変態は慧輝なんですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年06月07日

女騎士これくしょん(2)


著者:三門鉄狼
出版社:講談社ラノベ文庫
女騎士これくしょん(2) 〜ガチャで出た女騎士と学校に行くことになった。〜

雷光の女騎士ココア、豪炎の女騎士アルテイア、清流の女騎士ライラ。ソーシャルゲーム「女騎士これくしょん」の人気キャラクターがなぜか実体化し、そして主人公と一緒の学校に通うことになります。ソシャゲのキャラクターが現実世界に現れるという状況にも関わらず、自然とクラスに馴染む彼女たち。異常事態だということを理解していないのか?それともなんらかの力が影響しているのか?さらに学校がダンジョン化してしまい、ココアたちと探索の末、現実に戻ってきたら、幼なじみの詩乃の様子がおかしい。詩乃に誘われ、彼女に家に行ったら、そこでもダンジョン化に遭遇し…どやら詩乃が関わっているようで。

ということで、女騎士これくしょんの第二巻(って、とんでもない名前だな)。ソシャゲキャラが現実化という非現実な世界。さらにゲーム内のモンスターまで現実化してくる。でも、それを「異常」と感じない登場人物たち。あたるは、彼女たちが現れる瞬間を見ているので、まだ理解できるのですが、見ていない友人たちが、あっさり彼女たちを受け入れているのも謎。まあ彼女たちも異常なくらいあっさり、現実世界に馴染んでいますけどね。

前巻でもメタ発言が多く、一瞬ライラと同一人物か? と想像した詩乃が今回のメインヒロインです。物語一番の謎なはずですが、尺の関係か、その後のストーリーを重視されたからか、あっさりとその出自が明らかにされています。というか、2巻を読めば、冒頭で(キャラ名はともかく)はっきりわかりますけどね。ストーリーは王道です。なので、そちらを楽しむというより、あたるとヒロインたちの、イチャラブを楽しむというのが、一番です。存分にきゃっきゃうふふに突っ込みをいれましょう。

詩乃のキャラクターは、前巻同様いまいちわからないです。あたる一途というのは、変わっておらず、今巻では一緒にお風呂入っています。しかもあたるの股間に注目し「オチxチx」と触ろうとします。ついでに自分の大事なところを触ってもいいよと誘惑したり…羞恥心はどこ行った?という状況です。後半に出てくる幼少時代の回想シーンでも、同じことをしており「なんか変なのがついている」…そのときは、あたるに羞恥心がなく「おまえ、ちxちxついてないのか!」「なんか変な形」と詩乃の股間を触ろうとしています。が、詩乃は裸を見られたことが恥ずかしかったようで、記憶操作までしています。でも、今は平気と…なんかキャラが一定していませんね。

今巻で終了しています。ちょうどよかったのかもしれません。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2018年06月06日

勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている


著者:須崎正太郎
出版社:スニーカー文庫
勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている

主人公・勇者アランは、剣も魔法もレベルMAX。しかし歌唱力(カラオケでのね)がないのが唯一の欠点。…普通なら別にどうってことない欠点なのですが、この世界(というかこの国)では、空唱(カラオケ)が大ブーム。学生時代に、音痴なことや、空唱のノリについていけないことから、同級生から馬鹿にされ、それがトラウマに。どの職業に就いても、空唱から逃れられない(歓迎会・慰安会・忘年会などなど)ので、唯一空唱に行かなくてもよさそうな勇者になったという経歴の持ち主。っていうか、空唱で適当にうまくなるほうが、勇者になるよりよっぽど簡単なんですけど、そこに触れてしまうと、この物語は終了してしまいます。念願の勇者になり、空唱から逃れられるはずだったアランですが、誰か(たいてい美少女)を助けると、お嬢様、魔法少女、女騎士がこぞって、アランの「はじめて」を奪いにくる修羅場に毎日になってしまい…気がついたら、受難のハーレムライフが始まっていた。

ってことで、カラオケがメインとなるファンタジーです。アランが美少女を助けると、空唱に誘われるというパターンが続き、ハーレムが構築されていきます。うん、まったく理解できないです。そもそも空唱が嫌だったら、はっきり言えばいいだけで、結局下心があるから、のこのこついて行っているだけですやん。守備範囲もかなり広いようで、ロリから年上まで、なんでもこいな下心。

ゲスな主人公だと思わせる前半。ところが中盤からは…もっとゲスになっていきました。空唱が嫌いなのは、個人の自由。でもアランは、勇者という立場を利用して、空唱を世の中から抹殺しようとします。そのために、元同級生を殺害したり、魔王と手を組んだり、歴史の改編を試みたりと、悪行三昧。すでに勇者ではなく、単なる極悪人に成り果てています。こんな主人公にどうやって感情移入しろというのだ?

空唱嫌いは、私もそうなので共感できます。でも、そこからの思考がまったくもってついて行けない。結局自己中なだけでした。空唱シーンも、テンプレで、歌われている歌詞も面白みがまったくない…もう少し考えるか、描写をすっ飛ばしたほうが、スピード感を確保できたんじゃないかな。

★☆
タグ:ラブコメ
posted by あにあむ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫

2018年06月01日

※妹を攻略するのも大切なお仕事です。


著者:弥生志郎
出版社:MF文庫
※妹を攻略するのも大切なお仕事です。

既視感があると思ったら、「※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。」の2巻として発刊されているのですね。前巻は、超ブラコン・シスコン兄妹が主人公でした。今回は、絶望的に仲の悪い兄妹が主人公です。兄は、前回のヒロイン・唯々羽の担当を取り合い負けた賀内亮二。彼の昔の夢は「作家になること」その夢が破れ、今は編集者をしているのですが、筆を折ったことが原因で、実妹・涼風から徹底的に嫌われています。同じ部屋にいるのも嫌! という嫌い方ですが、なんというかテンプレなツンデレの匂いしかしません。前巻もそうでしたが、ヒロインの心情の描き方が浅すぎるんですよね。そのため、先が読めてしまいます。

アニメ化までした人気作品のイラストレーターが病気で降板してしまい、後任の絵師を探す亮二。でもなかなかいい人が見つからず、手持ちの札=親交のあるイラストレーターは、スケジュールが合わず…そんなある日、大人気のエロゲのイラストに一目惚れし、その原画師に仕事の依頼をします…ところが、打合せ場所に現れたのは、妹の涼風。未成年でありながらエロゲの原画師をしていたのです、仲が悪い兄妹は、ラノベを作り上げることができるのでしょうか?

前巻のイチャラブ兄妹は、正直理解の範疇を超えていました。今回のツンツン妹もたいがいですが、なんとか理解できるギリギリで踏ん張っています。二人の不仲の原因が、分かってからは、さらに違和感は少なくなります。現実の兄妹もこんなものなのかなあと。ただ涼風のキャラの掘り下げが浅いため、感情移入できるレベルには達していませんね。エロゲメーカーのディレクターである穂花さんも、立ち位置が曖昧で残念。明らかに亮二を意識しているのですが、亮二が気づかないのはお約束として、穂花も決定的な動きはありません。もしかしたら、2巻の登場人物のまま、続刊考えられているんでしょうかね?そこで穂花・涼風・亮二のラブコメを展開される予定なのかな?なんとなく今のままでは、キャラがもったいないですね。

★★☆
posted by あにあむ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫