2018年04月23日

ラブノート


著者:藤井論理
出版社:スニーカー文庫
ラブノート 俺だけが知っているヒロインルートの攻略法

高校デビューに失敗し、中学までの負け組からも勝ち組からも見捨てられ、中間モブに堕ちてしまった光成が主人公。一緒に高校デビューを目指した佐藤洋一は、成功したのに…
そんな非モテ光成に、突如モテ期が訪れます。
『急に積極的になる幼なじみ』
『登校中、金髪の転校生と激突』
『図書室で美少女に手を握られる』
もうラブコメ主人公一直線のイベントが立て続け…というより、ネット小説「ラブノート」のあらすじ通りの展開。戸惑う光成を置いてけぼりにして、どんどんラブノートは更新され、ヒロインたちに振り回されることに。しかもそのラブコメ展開は、ちょっとズレており…

冒頭で出てきた佐藤くんは、途中から見事に忘れ去られています。というか、最初からそんな存在いらなかったくらい、ストーリーに影響を与えていません。メインヒロインは、天真爛漫な幼なじみ・柚葉。毎朝、朝食を作ってくれ、その味は絶品。母親からは「やったか?」と言われるくらい馴染んでいます。でも、鉄板であるはずの「朝起こしに来る」というイベントはなぜか発生しない。さらにパンを手のひらにのせた、金髪美少女転校生・初乃と出会い頭にぶつかり、ぱんつとご対面。ビンタされることもなく、なぜかぱんつの感想を言わされる光成。図書室で本をとろうとしたら、美少女・柊と手が触れた…ではなく手を握られ、なぜか手相チェックされ、エロ話へ…少しずつずれたイベントに戸惑っていると、今度は小動物美少女・五花から校舎裏に呼び出され、ラブノートの著者は、世界樹に影響を与える書き手で、暴走すると世界が壊れると告げられます。だから、誰かとこれ以上仲良くなることを避けるようにと…しかし、ラブノートは、どんどん更新され、五花自身もその影響を受けるように…ラブノートの著者が3人のうちの誰かを探る五花と光成。

前半は、突っ込み満載のハイテンションラブコメになっています。ヒロインそれぞれに特徴があり、面白い作品です。ただ、五花と柚葉以外の二人の性格がよくわからないのが残念。後半のための伏線だったのかもしれませんが、うまく機能しているとは思えません。それが勢いを削いでしまっているのも事実。

後半は、一瞬シリアスになります。これもいらないかなあ。それまでのハイテンションコメディが、沈滞してしまっています。しかもラストは、またハイテンションに戻っているので、どうせなら、そのまま突っ走って欲しかったですね。

とはいえ、王道ラブコメとして面白い作品でした。あ、そうそう「ラブノート」から想像される「○○ノート」とは、まったく関係のない作品です。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫