2018年04月06日

底辺剣士は神獣<むすめ>と暮らす(4)


著者:番棚葵
出版社:MF文庫
底辺剣士は神獣<むすめ>と暮らす(4) 家族で考える神獣たちの未来

娘たちを手元におくための試練に必要だった目標額を達成し、晴れて正式な親子関係になったアードたち。いつも以上に甘えてくるようになった娘たちに対し、自分たちが将来どうやって生きていくのか考えて欲しいと告げます。「いつまでもあると思うな。親と金」じゃないですが、これから先成長していくのであろう(神獣だけによくわからない)娘たちに、自分たちの将来を描かせようという親心です。
ただ娘たちにとっては、まだ難しい問題だったようで、子どもたちの間で流行っている小説の登場人物から「探偵になる」という結論を導きだします。まあ子どものころの「将来の夢」ってそんなものですよね。で、普通は夢に終わるのですが、そこは神獣。「グラッサム探偵団」を立ち上げ活動を始めると、もともと人気者になっていた娘たちの元へ、次々と依頼が舞い込んできます。アードが思い描いていた展開と異なるものでしたが、果たしてどうなっていくのでしょうか?

今回で、シリーズ終了とのことです。なので、娘たちの将来や、アード自身の将来について、一定の方向性が決定されていきます。でもアードの恋(というか、リウナのですね)はどうなるのか? あまり詳しく触れられていないのが残念ですね。もう少しリウナも幸せになってくれればよかったのですが。

探偵団としての活躍は、依頼も展開もお約束なものが多いです。前半はまだ少年探偵団の真似事的活躍をする娘たちですが、後半は別にいなくてもよかったのかなあというシーンが続いております。まあアードが突出した実力なんで、仕方がないのかもしれませんね。でももう少し活躍を描いてもらいたかったなあ。

後半尻すぼみになっているのは、大人の事情が働いた結果の完結だからでしょうか? いままでの展開に比べると、物足りないですね。なんとなくですが、3巻で第一部完。さあ第二部が始まるよ、というところで「大人の事情により…」となったような気がします。伏線の回収も雑でしたしね。特にピコが再登場した意味がよくわからない。結局なんだったんだろう?

★☆
posted by あにあむ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫