2018年01月30日

業焔の大魔導士


著者:鬱沢色素
出版社:講談社ラノベ文庫
業焔の大魔導士 〜まだファイアーボールしか使えない魔法使いだけど異世界最強〜

主人公は、トラックにひかれて、異世界に転生した少年ユアン。転生時に「最強の魔法使いになりたい」と望んだが、彼が手にしたのはあらゆる魔法を使いこなす能力ではなく、ファイアボール特化型能力でした。彼が転生したのは、ド田舎。そこでラビット(食材として)を狩って、ファイアボールの能力を上げていましたが、ある日偶然美少女を助けたことにより、王都の魔法学園に通うことになります。ファイヤボールしか使えない少年の無双譚。

異世界転生のお約束で、チート能力を望んでみたら、思ったのと違ったというお話。ただこの転生設定不要だったような気がします。こちらの世界では、ド田舎で生まれ育ったということで、魔法体系などをなにも知らない……という設定になっていますが、前世でのゲーム知識はあるという中途半端なことになっています。転生設定を生かし切れていないかなと。なろう小説ですから、転生入れないといけないのかもしれませんが。

最初に邂逅した美少女は、実際は王都の魔法学園の学園長。というか、まわりの人の話方や、いきなり魔法学園を薦めてくる(願書を手渡す)時点で、偉いさんだとわかりそうなものですが……。魔法学園の入学試験では、またもや美少女・セシリアと仲良くなりますし(彼の認識はぱんつ)、いろいろチートな人生を歩んでいきそうです。この世界の魔法は、人によって覚えられる数(というか種類)が決まっていて、さらに新しい魔法を覚えるには、その前提となる魔法を限界まで極めないといけないもののようです。ユアンは、覚えられる魔法は100ほどと、通常の大魔導士といわれる人の倍。でもファイアボール以外が使えないのは、まだファイアボールが限界に来ていないから……

ユアンのファイアボールは、魔王ですら一撃で倒せるレベルに到達しているのですが、彼自身は魔法が一つしか使えないため、自分は弱いと思い込んでいます。そのストイックさが、さらにセシリアたち美少女を虜にすることになり……とリア充一直線。当然それを快く思わない人もいてユアンは立ち向かっていけるのか? というお話です。

ファイアボールのバリエーションがすごいです。っていうか、すでにそれは「ファイアボールではない、なにか」になっているような気がします。AI搭載型ファイアボールとか、ファイアボールに乗って移動とか、ファイアボールを使ったコピー人間(ドット絵により再現)とか、もうなにがなんだか……

後書きによると、作者は爆発xエロが大好きとのこと。この作品内でも爆発はうまく表現されています。でもエロはどうかなあ。最初のぱんつシーンは、まだよくあるらっきーすけべですが、口絵にある胸と股のマッサージシーンは、とってつけた感が強くて、浮いています。セシリアがユアンに好意を持っていることを表現したかったのかもしれませんが、それまでのセシリアの言動からすると、ギャップがありすぎて……どうせなら、もう少しやりようがあったような……そこを除くと、非常に面白い作品です。俺TUEEEEなんだけど、その手法が面白いですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2018年01月29日

絶対彼女作らせるガール!


著者:まほろ勇太
出版社:MF文庫
絶対彼女作らせるガール!

主人公は、目立たず冴えない「自称幽霊」の大地。彼は、クラスでも名前を覚えてもらえず、友人もほとんどいない。でも生徒会長・獅子神玲花に憧れ、生徒会・雑務係をしています。玲花には思い人がいて、かなわぬ恋とわかっていて心の中で思い続けるだけ。そんなイジイジした生活に大きな変化が! 偶然クラスにいる必勝の女神・白星絵馬の秘密に触れたことで、学園トップ美少女である猪熊みりあ、鷹見エレナまで巻き込んで、大地のモテ改革が実施されることに!第13回新人賞「優秀賞」受賞作とのこと。

恒星のようなキラキラした目を持ち、誰にでも優しい・絵馬。彼女の手のひらに願い事を書くと叶うという必勝の女神。実は、彼女にはとあるスイッチがあり、それが入ると、その人の願いを叶えるまで無条件に頑張るというギミック(じゃないな)があります。大地が、偶然そのスイッチを押してしまったが故、始まる騒動が描かれています。正当派青春ラブコメってことなんですが、かなりひねくれた設定ですね。そもそも「xxスイッチ」てのが、人間離れしていますし。みりあとエレナ(特にエレナ)の絵馬に対する感情も、かなりひねくれています。もう一名おかしなやつがいますが、それはおいておくとして、ヒロインが妙すぎます。絵馬の行動原理が理解できないまま物語が終わってしまったという感が強い作品でした。一応後半で、絵馬がなぜこのような行動をとるようになったのか?の説明があるのですが、私には理解できない内容でした。まあいろんなことを「超自然的な」なにかで解決してしまっているので、共感しにくいんでしょうね。

みりあが、大地に洋服の選び方をレクチャーするところなどは「そうだったのか」と今更ながら気づかされる点も多かったですし、大地がまっすぐなところも好感は持てます。等身大の高校生という感じなんですよね。でも絵馬がふわふわしすぎ。夢遊病者というか、絵空事というか……

絵馬も特殊なわけではなく、いろいろ悩みを抱えて青春しているというストーリーだったら、もっと共感できたかも。2巻もでるようです。もう少し面白くなっているかな?

★☆
タグ:ラブコメ
posted by あにあむ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年01月26日

終末の魔女ですけどお兄ちゃんに二回も恋をするのはおかしいですか?


著者:妹尾尻尾
出版社:ダッシュエックス文庫
終末の魔女ですけどお兄ちゃんに二回も恋をするのはおかしいですか?

人類最強の歩兵として従軍していたことがあるが、今は普通の男子高校生である昴が主人公。ある日、四女・紅葉が魔力が枯渇して禁断症状が出た状態で昴もとに降ってきた。しかも記憶を失っている状態。幼い頃に交わした妹の約束を果たすため、人類の敵と己の理性に力限り立ち向かう、限界ギリギリエロティックアクションということです。第5回集英社ライトノベル新人賞・特別賞受賞作。

ってことなんですが、確かにエロコメ要素もありますが、シリアス寄りの作品でした。タイトルやあらすじからはずれていますね。原因は、この作品の出自にあるようです。もともとエロコメだったのを、リテークでシリアスに修正。でも結局評価されたのはエロコメ部分だったと…素直にエロコメにしてもらったほうが面白かったかも。

人間を食らう界獣と、それに対抗できる数少ない魔女。かつて七人の義妹たちと、魔族としてともに戦っていたけど、あることが原因で戦場から退いた少年・昴。彼の前に四女・紅葉が現れますが、軍から脱走してきており、記憶を失っていました。魔力が枯渇すると、魔力タンクである兄から魔力を譲ってもらう必要があり、その方法が接触。お約束で、粘膜接触が一番効率いい。ついでに魔力を供給する側もされる側も気持ちがいい。んで、魔力が満タンになったら「イクッ!」という設定もあります。エロコメ用鉄板設定ですね。でも、ストーロー全体はシリアスなので、少々浮いてしまっている感も否めません。もう少しバランスがよかったらなあ。他にも、姉妹数が非常に多いのに、実際に登場するのは3人だけとか、軍組織がいまいちよくわからないとか、中途半端なところが残っていますね。コメディよりの作品を上梓されるようであれば、もう少し読んでみようかなあ。でも同時期に刊行された作品は、かなり暗い話のようですし、どうしようかなあ。

この作品で一番受け入れられなかったのは、紅葉の胸(表紙)。おかしすぎるだろ。ここまでくると、悪意しか感じられません。

★★★
タグ:異能 ★★★
posted by あにあむ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫

てのひら開拓村で異世界建国記(2)


著者:星崎崑
出版社:MF文庫
てのひら開拓村で異世界建国記(2) 〜増えてく嫁たちとのんびり無人島ライフ〜

カイたちは、孤島で自分たちの国を作ることになります。国を失った姫・ユーリ、女騎士・サラを仲間に加え、さらなる技術向上や島民の安定した暮らしを求めて奮闘します。異世界のんびり建国記第2弾。

カイに授けられた邪神(?)の祝福によって得た「てのひら開拓村」というスキルは、箱庭内の村(外部からは隔絶された世界)を発展させることで、その村でとれた産物などをこちらの世界に持ってこれるというもの。前巻では、じゃがいもなどが名産品だった村も、今回は陶器(粘土を持ち込んだ)を作ったり、小麦粉を取り入れたりします。また村のレベルアップにより、アドバイスをしてくれるエルフも一人増え、村も島も人口が増加。どちらもさらに、発展させていく必要が生じます。

ストーリーとしては、前回同様途中で島を出て、新しい街へ。そこで交易をするのと同時に、新しいものを仕入れ、村を発展させるという流れになっています。まあある意味ワンパターンですね。まあこういった日常系だと、新しいことやるよりいいのですが、どんどんスローライフから離れる伏線が増えてきています。そのため、城を建てたり、戦争の影が迫ってきたりと、スローライフの対局にあるイベントが起こりつつあります。カイの知識が、今の世界でのもの+前世(転生する前の現実社会)の両方であるため、ファンタジー世界に浸れないという欠点もあります。

「のんびり無人島ライフ」というサブタイトルがついていることですし、もう少しのんびりした、スローライフが描かれたほうが面白くなりそうです。てのひら開拓村のエルフは、のんびりしていますしね。嫁候補は順調に増えています。下手したら、街の発展よりも順調かも。

もう少しゆったりとしたストーリー進行で、のんびり開拓村を楽しみたいですね。

★★☆
posted by あにあむ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年01月22日

魔法塾


著者:壱日千次
出版社:MF文庫
魔法塾 生涯777連敗の魔術師だった私がニート講師のおかげで飛躍できました。

魔法大国・日本のトップ魔術師に史上最年少で成り上がった天才・鳴神皇一郎が主人公。彼は、とある事件で仲間の裏切りに遭い、強力な魔法を使おうとすると、強烈な痛みが走るという呪いをかけられ、さらに戦いの場から逃げた卑怯者というレッテルを貼られます。そのため、引きこもりニートとなっています。自分が堕ちたことよりも、恩師の魔法塾の信用を失墜させてしまったことを、悔やんでいる日々。そこに、恩師の娘・結が「私が経営する魔法塾・黎明館の講師になって」と頼んできます。彼女から恩師が病によってこの世を去ったことを聞き、また憑依術により「娘をよろしく頼む」と頼まれたことで、その職を引き受けることにします。そのままでは受講生など来るわけがないので、姿を変えるメガネを使って……そんな塾にやってきた塾生は、生涯全敗の魔法騎士・ベアトリクス、死霊軍団の結成を夢見るお嬢様・芙蓉。閉所が大好きで、優秀な子種を収集しようとしてしているつぼみ。落ちこぼれや変態ばかり。それでも天才と呼ばれた元ニートは、「安心しろ。俺がこの塾を『母校より母校』と思える場所にしてみせるから!」と頑張ります。

この作者、同じレーベルで「バブみネーター」というとんでもない駄作を刊行しています。その翌月に刊行された作品なので、また同じ流れいなってしまうのでは? と恐れていたのですが、想像以上に面白い作品に仕上がっていました。
主人公を筆頭に、まっとうな人生からは脱落した人物ばかりで、それぞれの出自を考えると、かなり暗い話になりそうですが、うまくコメディ下手に味付けされていて、一気に読むことができした。皇一郎も、前向きな主人公なので、読後感もすっきりしています。大切な人を守るために、自らの生命ですら投げだしていく熱さ。

ヒロインの中では、ベアトリクスがいい色持っていますねえ。天才的な剣技を持っているにもかかわらず、狙った敵に決して決して当たらないという呪いをかけられているため、全戦全敗という酷い成績になっています。普通ならば、この時点でダークサイドに堕ちてしまいそうですが、さらにビキニ型アーマーは、おしゃれではなく、お金がなくて質入れしたとか……そんな状況下でも、明るさを忘れない彼女のおかげで、物語が明るくなっています。まあ他の二人……芙蓉やつぼみも大概な奴らですけどね。

前作とは異なり、ある意味正当派の作品。このままのバランスで楽しませてもらいたいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年01月18日

魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(4)


刈野ミカタ
著者:刈野ミカタ
出版社:MF文庫J
魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(4)

魔力ゼロの亡国の元王子・ユーベルは、神霊魔法の高位術式「神霊魔剣」を操る魔法剣姫−「十三血姫」の次世代育成機関であるグランディスレイン魔法学園に、唯一の男子として通っています。本来であれば、入学が許可されないのですが序列一位の最強魔法剣姫・ティリに勝利したことによる特例で許可されたのでした。彼の座右の銘は「愛は偉大、超便利、マジ効率いい」というもの。そんな彼が、魔王・ソルブラッドとその支配下にある「十三血姫」と対峙するシーンからスタート。さらに「キミたちが知っている世界は、本当の世界の一部にすぎない」突如現れた謎の美少女・エリカシリカ。彼女は自らをユーベルの妹と名乗り、世界の真実を語るが……リリアにとっては、そんなことよりも「妹」が現れたほうが問題。
「そんなことより、どちらがお兄様に相応しい妹であるのか決めましょう」
世界そっちのけで、突然始まる妹決戦。なぜかティリまで参戦して……

急に物語が動き出しています。というか、あまりにも急すぎて話について行けない状況。読者を置き去りにして「俺TUEEE」な物語がスタートしています。今までも、ユーベルの能力は、チート級だったのですが、今回はさらにそれが鼻につくようになってきました。それに合わせるように、敵もパワーアップ。今まで一人でも驚異だったはずの、十三血姫が、束になってもかなわない敵がでてきます。このあたり、俺TUEEE小説の限界ですねえ。主人公を強くするものだから、それに併せて敵の強さのインフレが進み、人外の戦いになっていきます。というか、もうこのレベルにきたら、実力以外の「なにか」でしか勝敗が決まらないのでは? いいかえれば、第三者からみて、まったく面白くない。という状況になります。この作品も、同じ道を歩んでいるような……、。次巻以降どうしたものですかねえ。地雷というほどではないけど、あまりいい感触がないんだよなあ。

★★
posted by あにあむ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年01月16日

若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2)


著者:森田季節
出版社:ダッシュエックス文庫
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2)

今回のエピソードは4つ。一つ目は、使い魔であるサキュバス・セルリアがお見合いをすることに!本人が望まぬお見合いということで、それを阻止するため、有給休暇を使って、魔界に乗り込みます。次は、男爵としてもらった領地を訪問すると、そこは限界集落でした。街の過疎化を食い止めることができるか? 3つめは、黒魔法会社の新人研修。最後はフランツの地元で女子社員全員とバカンス。と盛りだくさん。そのため、一つ一つのエピソードは、あまり深いものではありません。

セルリアのお見合いは、サキュバスの価値観がキーになっています。いまいち理解しがたい価値観ですねえ。サキュバスは、使える主人に性的ないろいろをするわけですから(実際セルリアもそう)、主人がいた状態で結婚をしようとするなんて…さらに実の姉とはいえ、自分の主人にサキュバス的ないろいろをお礼としてさせることは平気だったり。かといって主人を性的対象としかみていないのではないようで。もうなにがなんだか。

黒魔法会社の新人研修。研修施設で、合同開催されるのですが、いきなりポルターガイストなどがお出迎え。普通の新人(黒魔術にあまり触れていない)は、その時点で逃げ出します。フランツも逃げ出しそうになりますが、セルリアたちのおかげでなんとか研修に参加します。といっても、いきなり使い魔としてサキュバスを召喚する実力の持ち主ですからねえ。研修って意味があるんだろうか? ここで新しいヒロインが登場しています。

二つ目と最後は、現代社会ネタが入っているので、正直面白くありません。大型施設建設の話が持ち上がりますが、沼を埋めなければいけないという理由で拒否。他の方法を探りますが、そこが弱い。ファンタジーなんだから、現実社会の要素入れないほうが面白くなります。というか現実社会要素としては弱いんですよね。そんな甘くねーぞと。最後のエピソードは、またもやブラック企業が登場しています。が、ブラックの意味がわかっていないというか、これってブラックというより不法会社だろ。前巻よりマシだったのは、解決に魔法が生かされていたことかな。せっかく面白い魔法体系があるんだから、そちらをメインに据えて欲しいです。

ラブコメ部分は面白いです。セルリアの立ち位置も面白いですが、フランツを巡る女性陣も魅力的。ただ簡単に「サキュバス的ななにか」をしすぎな気はします。今のところ、決まった女性はいないようですし、相手合意の元とはいえ、もともとフランツの真面目な性格からしたらどうかな? どんどん逡巡がなくなってきているような気がします。

★★★
posted by あにあむ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫

2018年01月15日

女騎士これくしょん


著者:三門鉄狼
出版社:講談社ラノベ文庫
女騎士これくしょん 〜ガチャで出た女騎士と同居することになった。〜

主人公が、日課としているソーシャルゲーム「女騎士これくしょん」の無料ガチャをひいたら、突然人気キャラクター「雷光の女騎士ココア」が現れた。それもスマホの中ではなく、現実社会に……その後もガチャするたびにキャラクターを召喚してしまい、さらにはゲーム世界のモンスターたちも現れるようになります。どのように、この危機を乗り切るのか?

異世界召喚ものですね。主人公が異世界に召喚されるのではなく、意図せず現実世界に異世界人を召喚してしまうというお話。ソシャゲキャラが召喚されるというのも、最近はよくある話になってきました。ってこの「女騎士これくしょん」ってゲーム。「艦これ」の騎士版ですよね。提督=団長になっているだけのような。

召喚されたココアが、ポテチに喜んだり、サイダーに驚いたりと普通の女の子のような行動をすることが可愛いんですけどね。ココアの次に召喚された豪炎の女騎士アルティアまでは、ファンタジー色の強いキャラでしたが、清流の女騎士ライラはメタなキャラ。もともとのゲーム世界でも、メタすぎて、問題視されたキャラだったようですが、あまりにもメタなため、面白みがなくなっています。現実世界への適応が早すぎるというか、最初から現実世界の住人のようです。

主人公には、幼なじみがいます。どうやらいいところのお嬢様のようで、主人公一途なようですが、この子の扱いが今のところ中途半端です。ライラが出てきたとき、あまりにもメタな言動に、二人の関係を怪しんだ(実は同一人物とか)のですが、今のところそういった設定もないようです。

なぜソシャゲキャラが現実世界に出てきてしまったかや、モンスターまで現れるようになったのか? についてこの後きちんと説明できるのでしょうか? いまのところ勢い中心で、伏線がほったらかしになっているところが多々あります。

★★★
posted by あにあむ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2018年01月12日

女神の勇者を倒すゲスな方法(3)


著者:笹木さくま
出版社:ファミ通文庫
女神の勇者を倒すゲスな方法(3) 「ボク、悪い邪神じゃないよ」

勇者は、あっさり落とし(主に恋愛的な意味で)、聖女サンクティーヌはリノちゃんのかわいさで堕ち、魔王城には味方が増えていきます。勇者アリアンは、ボクッ娘なチョロインですが、基本まともでした。でもサンクティーヌは、ロリ百合を拗らせていました。もう通報しても問題ないレベルで……そんなことはおいといて、真一はセレスとともに聖都に向かいます。当然アリアンたちもついて行きたがったのですが、アリアンは顔バレしているからという理由で却下。セレスだけが一緒に行くと言うことで、リノちゃんが嫉妬して、嫌われたとセレスがショックを受けるなどのネタを挟みつつ、聖都で工作を始めます。

まずは四大枢機卿の一角、聖母卿に狙いを定め攻略を開始します。その方法は、まさにゲス参謀らしいもの。聖母卿が面倒を見ている孤児院を訪れ、そこでの会話から聖母卿の隠された趣味を見いだし、それをつくというもの。そうですか、ロリ百合の次は腐った方ですか…。しかもショタだったという。ロリとショタを最大限に生かす真一はやはりゲスでした。

今回、セレスさんが真一と一緒に行動するシーンが多いので、さらにセレスさんがデレることが増えています。真一も自分の過去(転移前の経験)を語ったりといい感じ。さらにセレスさんが、真一の話に出てくる幼なじみ・アイツに焼き餅を焼いたりして。アリアンも、聖母卿攻略のBL漫画用の演技で、本気で真一を襲いそうになっているし(アリアンが男の娘という設定)、どうなることやら。リノちゃんも少しずつ、真一を異性として意識するようになってきているようです。まあリノちゃん選んだら、魔王に分子レベルまでバラバラにされそうですけどね。いや、リノちゃんが悲しむからそれはないのか? いずれにしても魔王の良心回路になっているので、下手なことはできませんね。

ラストだけ読むと、今巻で終了のような感じですが、新しいエピソードが始まるようです。もう少し楽しみたいですね。

★★★
posted by あにあむ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫

2018年01月09日

大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?(3)


著者:櫂末高彰
出版社:MF文庫
大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?(3)
豊富な嫁の力があれば神の試練も余裕です。

「ウチ、大国だから」第三弾。
大陸が誇る英雄「七勇神姫」をも己が嫁とした常信。パオラたちにかかった隷従魔法。もう不要なハズなんですが、本人たちの希望もありそのまま。妹、ロリ、大人、女騎士、ドMなどいろんな属性の「妻」に囲まれ、豊富な資金をもとに、替え玉皇帝生活を続ける常信。これだけでも「リア充爆ぜろ!」なんですが、さらには大陸の大神・ゼーバの娘・クオーレまでが参入。
「鬼畜破廉恥外道皇帝、私と結婚しなさい。そうすれば、私があんたの歪んだ性癖を全て受け止めてあげましょう。あんなことやこんなことや、そ、そんなことだって、させてあげなくもないわよっ…。た、ただし!初めはなるべく優しくしなさいよねっ」
彼女は、非常に粗いツンデレ属性でした。ヤンデレっぽいのもいるし、Sぽいのも存在。あとはニーソとか、ツインテとか、ソバとか……(作品が違う)

今回のメインストーリーは、なぜか常信の嫁になろうとする慈愛の女神・クオーレと、結婚を認めるための試練(無理難題)を課してくるゼーバとの戦い……なんですが、そこは例によって、物量作戦で突破を図ります。というか、常信の自信はどこから出ているのでしょうね? いくら豊富な資金があったにしても、神様を前にして、平気でブラフをかますのは、かなりの胆力が必要ですよね。まあ目の前でパオラが、あんなことやこんなことになっても、襲ったりししない鉄壁の精神力を持っているからこそでしょうか。普通ならもういろいろやらかしていても、おかしくない状況ですからねえ。

後半は、クオーレの参戦により、パワーバランスが崩れた「嫁ず」の総選挙がテーマ。って、どんどん現代のサブカルがメインになってきてしまっていますね。この作品内では、2ちゃんのようなネット掲示板が存在しているのですが、そちらの書き込みも、スラングが増えてきていて、面白みがなくなっていたのですが、さらに48人なグループネタまで入ってきてしまった……。そのうち、握手券つき音盤とかが出てくるのかなあ。嫌な世界だ。

そんな小手先ネタなくても、十分に楽しめる作品だと思うので、初期のノリに戻って欲しいです。今の状態だと「ウチ、大国だから」という決め台詞が浮いてしまいそうで……。
★★★
posted by あにあむ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫