2017年11月06日

ソード・ワールド2.0リプレイ プリースト! プリースト!!


著者:清松みゆき/グループSNE
出版社:ドラゴンブック
ソード・ワールド2.0リプレイ プリースト! プリースト!!

パーティ全員がプリーストという「ラクシアゴッドブック」をベースとしたリプレイ。
集いの国・リオスの首都ラスベートが舞台。そこにうごめく陰謀。孤児の消失事件、原因不明の流行病などなど。そこにはいつも邪教の聖印が残されていました。街を救うために立ち上がったのは、歴戦の英雄ではなく、プリーストたち。それもそれぞれ別宗派のプリーストの集まり。教義を超えて、パーティが成立するのか?

大ベテランのリプレイということで、期待が大きい作品でした。通常戦うのではなく、回復が主体のプリースト(神官戦士ってのもありますが)だけのパーティ。戦闘力がなさすぎで、シナリオにも制限ができるのでは? と思っていましたが、案外強いもんですね。まあ最初からかなりイレギュラーな対応がされていたこともあるのでしょうが、特に後半は無茶苦茶強いパーティになっていました。

でシナリオとして面白いか? ですが、残念ながら「それほどでもなかった」という感が強く残っています。それぞれの教義が違うことによる、ロールプレイの違いも、さほど感じることができませんでしたし(最初から妥協点ありきで行動していたような…忖度ってやつですか)戦闘にバラエティがなく、飽きてしまった。石像が神託により、受肉した「ティダンマン」設定もいまいち滑っているような。

やはり最近のリプレイは、その作品で遊んでいる人用(別の言い方をすると内輪用)のアイテムになってしまったようですね。ロードス島戦記から始まるSNEリプレイと、砦シリーズやアリアンロッドなどのFEARリプレイは、TRPGというものを知らない人にストーリーでも楽しんでもらおうという勢いがありましたが、最近はどちらも新規顧客獲得は諦めたような感じです。FEARは、一般誌でのリプレイが1年以上発表されていないですしね。まあ時代の流れなんでしょうね。

★★☆
posted by あにあむ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンブック