2017年09月12日

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(8)


著者:むらさきゆきや
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(8)

シェラと結婚し、エルフ王となったディアヴロ。結婚式の後は初夜…ということで、その手の経験がまったくないディアヴロはおろおろするのですが、シェラのほうもその手の知識は似たようなものだったようで、あっさり寝てしまいます。同じ部屋で寝ることもできなかったディアヴロは、客間に戻りますが、そこで…そんなこんなのあと、ファルトラ市に戻ります。今のままでは大魔王モディナラームに勝てないと考えたディアヴロは、レベルアップのため剣聖を頼ることします。
「剣聖よ、この俺に剣術を指南するがよい!」
「そ、そんな居丈高に言われたの、初めて……です」
打倒大魔王のため、剣の道を極められるか?

今までは、圧倒的な力の差で敵を粉砕してきたディアヴロですが、大魔王モディナラームには、勝てないということで、レベルアップを図ることになります。ゲーム世界では、レベルアップしたら、数値として表示されていたのですが、それがない世界。彼は、レベルアップすることができるのか? ということで、久しぶりにゲームを始めた頃のワクワク感を感じるディアヴロでした。

魔術師としての能力はトップクラスで、魔王ロールプレイも様になっているのですが、女性の扱いについては、からきしダメなようで、ダークエルフの経験豊富なお姉様方には、経験がないことを見抜かれております。とはいえ、普通の童貞よりもかなり経験豊富なはずなんですけどねえ。今回もいろいろされていましたし、女性のそういった状況も経験しているんですけどねえ。それをみて興奮するとかじゃなく、意味も分からない…いくらコミュ障だったとはいえどうかと思う状況になってきました。今回は、クルムを行水させ、洗ってやっているのですが、こういう世界の尻尾や角つき種族らしく、クルムも角や尻尾は性的快感があるようです。で、そこまででやめていれば、ギリセーフなのですが、クルムから尻尾の付け根(というか股)も洗えといわれ、そこがどういう場所かわかりながら(大切な場所だからきれいにしないとと考えていますからね)布で何度も擦るというのはアウトでしょう。実際クルムはお漏らしするくらい感じていたようですし…クルムは魔王とはいえ、見た目は幼女。これはアウトでしょう。

それはさておき、今回はディアヴロ修行編。剣聖に教えを請うことができるのか? そもそもレベルアップすることができるのか? たぶん、魔王ロールでなく頼んだほうがうまくいきそうと思うのは私だけではないでしょう。剣聖の館(というか小屋)で出された料理などを見ていると、ディアヴロ以外にも現実世界(日本)から召還された人物がいたようですね。それとも元ゲームの影響なのでしょうか? このあたりもこれから明らかになっていくのかな?

★★★☆
posted by あにあむ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫