2017年08月04日

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを


著者:風見鶏
出版社:ファンタジア文庫
放課後は、異世界喫茶でコーヒーを

主人公は、現代から転生してきた高校生・ユウ。舞台は、魔法の息吹がかかったアイテムや食物が産出される「迷宮」を中心に栄える迷宮都市、その郊外にある一軒の喫茶店となります。異世界に召喚され、勇者として活躍するのではなく、普通の生活をしているユウ。なぜこの世界に召喚されたのかも分かりませんし、家族や友人が懐かしく、元の世界に戻りたいと強く願っています。彼が喫茶店を始めたのは、現世で実家が喫茶店を経営していたので、少しでも現世に近いところで生活したいから…ユウにとって、そこが唯一「自分が存在できる場」になっています。

この世界では、もともと珈琲は飲まれておらず、まだまだお客も少ない喫茶店。それでも、珈琲の香りや、ユウが作る料理に誘われ、エルフやドワーフ、冒険者達、そして街の有力者までもが「常連」として足を運ぶようになります。その中でも一番(ユウが気になる)のは、近所にある魔術学院に通う美少女リナリア。彼女もユウに気があるようで。もっともそんな女の子は他にもいて、一番年下は小学生のノルトリ。女の子たちは、美少女ばかりで、恋の予感がする状態です。

異世界召喚ものではありますが、主人公は冒険をせず、喫茶店から出ることもほとんどない「日常系」になっています。お客さんは、美少女ズ以外、ファンタジー世界の住人たちで、中にはウサギまでいますが、彼らが求めるのはおいしい料理と珈琲。料理の素材が特殊なことを除けば、喫茶店でよく出される料理ばかりで、そちらも日常系。徹底してチートな能力を除外したことで、ユウが等身大の少年として描かれています。いきなり異世界に召喚され、自らの立ち位置をつかむのに苦労している姿も、異世界を異国(あるいは知らない街)に置き換えれば、普通にありそうなお話。リナリアたちとの関係も、甘い青春物語。日常が描かれているのですが、そこに異世界というスパイスが入ることで、面白くなっています。登場人物もバランスがよく、少年の心の成長へ向け、間接的にアドバイスする人物、異性への想いという思春期にどうしようもなくわき上がる葛藤、それらをうまくミックスした作品になっています。

「これってもう、手遅れじゃない?」
「知りません。あなた次第です。もっとも、諦めるならそれまででしょうけど」

今の世界に深く関わりすぎて、元世界との細い糸が切れてしまうことを恐れるユウ。それが原因で好意をもった女の子を傷つけてしまう。自分はなにがしたいのか? 今の自分にとってなにが大切なのか? いろいろ考えさせられる作品でした。

★★★★
posted by あにあむ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

あの、一緒に戦争しませんか?


著者:高村透
出版社:電撃文庫
あの、一緒に戦争しませんか?

戦争の悲惨さを伝えていくため、戦争学という学問にして、戦争部という部活動で「戦争ごっこ」を行う世界が舞台。ヒロインは、全国高等学校戦争学大会に参加している。埼玉政府首相の三田村涼花。

まあ一言で言えば、流行の戦争ごっこ+女子高生というありきたりの内容。たぶん著者は現代社会のいろんな闇を、物語に反映させたいのでしょうが、どうみても失敗していますね。平和になり、戦争を体験した人がどんどん高齢化していく日本。そこで、戦争を安全な形(サバゲーの大型版)で疑似体験することで、戦争をしてはいけない理由を考えていくということなんでしょうが、いろんなところで理論が破綻しています。

まあ無理矢理登場人物を女子高生にしているところで、底が知れてしまいますけどね。登場人物も、どこかで見たことあるような人ばかり。平和を守るために、戦争という言葉自体を抹消しようという狂気を描いた「白い服の男(星新一著)」がありますが、そのような狂気もありませんし、ギャグにもなっていません。

地雷でした。
タグ:地雷
posted by あにあむ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる(2)


著者:七烏未奏
出版社:MF文庫
異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる(2)
 〜湯船の中でならバレません……よね?〜

異世界の温泉に転生した草津熱美。彼の魅力(温泉としての)にはまり、常連となった女の子たちとトラブルを乗り越え、地元の大人気温泉へと成長。レティシアの妹・リザやドラゴン娘・ミィを従業員として迎え、ますます賑やかになってきた。熱美にとって、女の子の裸を眺められる(代償としておっさんの裸も眺めるわけですが)楽しい状況。ところが、近くの街でそっくりの温泉が湧いたという噂が…レティシアたちが調査に向かうと、そこは温泉偽装して集客している銭湯だった…って、いわゆるスーパー銭湯ですね。なぜか勝負しようじゃないか。このセントーとお前たち温泉、どちらが本物なのか」と異世界温泉VS異世界銭湯ここに勃発!

今回は、隣町にできたスーパー銭湯との闘いになります。現代社会であれば、普通に効能や、施設・従業員の質などで勝敗がつくのでしょうが、そこは異世界。一筋縄でいかない状況が生じてきます。熱美は、いまより忙しくなることを望んでいないため(お客が増えるとおっさんも増えるというのもあるよう)闘いに乗り気ではなかったのですが、途中からは状況が変わり、温泉としての能力を発揮するようになっていきます。

1巻であった設定の一部がどっか行ってしまいましたね。最初にレティシアが温泉に入ったとき、「硬度が上昇しました」「水質変化し、牛乳風呂になります」てな状況でしたが、今回はそっち方面の反応はない模様。ってか毎日見ていたら慣れてしまうか。ただ熱美が実体化したときの下半身に慣れない女の子はいるので、ケロリンおけで隠すという変態な姿になっています。神様としての威厳がまったくない状況ですね。

サブタイトルの意味は…漏らすものが想像外のものでした。それ以外はまんまです。

この作品は、温泉の以外な利用法が提示されるので、読んでいておもしろいです。熱美が完全実体化できたときには、ヒロインズによる争奪戦もありそうで、そちらも楽しみですね。(そんな時期がくるのかわかりませんが)

★★★☆
posted by あにあむ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫