2017年05月30日

りゅうおうのおしごと!(5)


著者:白鳥士郎
出版社:GA文庫
りゅうおうのおしごと!(5)

「アーロハ―♪」
ついに始まった八一の初防衛戦。最強の名人と闘うべき常夏の島を訪れる八一。そこには弟子や師匠まで着いてきており、一門(かぞく)旅行状態。さらに銀子と夜の街でデート。そんな一見リラックスした状態で始まった第一戦。八一は善戦するも名人に負けてしまいます。そんな中、あい・天衣・桂香のマイナビ本戦も始まり、戦いに次ぐ戦いの日々が訪れます。八一とあいは、お互いを想うあまり、お互い傷つき疲れ果て、絆すらバラバラになりかけます…それまで、あいの前で見せたことのない八一の焦り。それまでは「ロリ竜王」などと言われていても、気にもとめなかった八一。しかしあいは、自分がいることで八一の立場がどんどん悪くなっていると思い込みます。さらに銀子と八一の間もボロボロになり、さらに負け続ける八一。それまでの自らの将棋全てを否定されているような、極限状態に陥ります。世間は、名人の100回目のタイトル確保と国民栄誉賞で盛り上がり、八一は完全悪者扱い…そんな最低な状態におちいた八一を救ったのは、やはり将棋でした。それも桂香さん。

大切なものを思い出した八一は、再び闘う力を取り戻します。さらにばかっぷると化したあいと共に…もうはたから見ていたら「事後カップル」としか思えない八一とあい。そんな二人が向かった第四戦の会場は、あいの実家…そこにはあいの母による罠が待ち受けていました…竜王戦前夜祭は、まるであいと八一の結婚式のよう…部屋にはふとんが一組だけで、まくらは二つ。しかも一つはあいが実家で使っている枕…あいはまだ小四なんだけどねえ。けれどあいのことを一番わかっていたのは、やはり母親でした。八一はあいが母親に送ったメールを見せてもらい、さらに力を得ます。

そして始まった第四戦。将棋のことはわかりませんが、描写が無茶苦茶熱い! これほど過酷な競技だとは知りませんでした。再び竜は飛翔することができるのか?

もうこれがラストといった感じで、後半の盛り上がりは半端ありません。そして八一がいかに、暖かい人々に囲まれているのかがわかります。涙がとまらなくなる、そんなストーリーです。すごい作品としかいいようがない。将棋知らなくても十分楽しめます(私がそうです)いや、知らないほうが楽しめる作品かもしれません。

★★★★★
posted by あにあむ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫

2017年05月29日

天使の3P!x9


著者:蒼山サグ
出版社:電撃文庫
天使の3P!x9

春休みになり、ライブハウスで短期アルバイトを始めることにした響。お小遣い稼ぎよりも、潤たちのバンド活動に役立つアイデアを学ぶため。そこで、オーディションの審査員を経験したりして、ノウハウを身に付けていき…

今回一番のインパクト(悪い意味)は、冒頭の
「いくわよ。第一回『実妹検定』、スタートっ!」
…くるみは、どんどん変な方向に進んでいることは理解していましたが、もう完全に壊れてしまっていますね。ここまでいくと、もう普通には戻れそうにありません。うーむ。

それはさておき、響は「演奏がうまいだけでは、客を集められない」という事実に気がつき、リアン・ド・ファミユの新たな「色」を模索するようになります。例によって、作者さんの「ヴィジュアル系好き」が色濃く出ているので、すべてに同意できたわけではないですが、ほぼ同認識をもてる内容でした。特に「チューニングができていないバンドはダメ」には大賛成。特にアコギだけのユニットでチューニングずれていたら、どれだけメロディがよくても聞いていられないですからねえ。

バンドだけで話は進まないのも、このシリーズの特徴。今回は貴龍たちの生まれ故郷で行われる神事がメインイベントになっています。そこで貴龍(小梅)がいろいろ画策するのですが、他の小学生ずたちによって妨害され…

「私でよければいつでも使って下さいっ」(五島潤)
「こら、希美を差し置いて何してるのよ」(紅葉谷希美)
「はむ……天使の事情は、複雑なのです」(金城そら)
「あと少しでひびきが私だけのモノに…」(尾城小梅)
「貴龍様、さすがに厚かましい気が……」(相ヶ江柚葉)
「また別の女にちょっかいだしたわね!」(貫井くるみ)

このセリフの中で、小梅と柚葉のみが、正しい意味で使っています。それ以外は、いろいろとわかっていないです(希美はわかっているような気もしますが)
さらに今回も桜花のターンがあります。カップルとしては、この二人が一番しっくりくるんですよね。一番初心な反応だし。最近大人な対応をしている桜花ですが、とある状況では、幼女のようになってしまいます。まあ相手が響だからだろうなと、むずかゆくなりそうなシーンの連続です。

ラブコメの行方はどうなるのでしょうね。シリーズ最初のほうでは、ロウきゅーぶのように、潤がメインヒロインで、幼馴染みは引き立て役かな? と思っていたのですが、ここ数巻は、桜花のおいこみがすごいです。響も「異性」という意味で「好き」という感情を持っているのは、いまのところ桜花だけのような気もしますし…

バンドのほうは、リアン・ド・ファミユの今後の展開に少し明かりが見えたところ。ただその「色」は長持ちしないよ、という心配もあります…

★★★☆
posted by あにあむ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

2017年05月22日

異世界取材記


著者:田口仙年堂
出版社:ファンタジア文庫
異世界取材記 〜ライトノベルができるまで〜

主人公は中堅ラノベ作家。編集からのオーダーである「無双とハーレム」を体験するため、KADOKAWAが用意したルートで異世界取材へと赴く。ってなんのこっちゃ? 作品世界では、ラノベ作家は「実体験」をもとに作品を仕上げることが多いようで、異世界にも取材旅行に出かけるようです。さらに編集と闘うため、格闘技的にも強いようで… 若干(かなり)内輪受け要素の強い作品です。カクヨムに掲載されたものということで、従来作品とはテイストが異なります。

異世界取材は、ガイドも準備されており、獣人のアミューさんが案内してくれることになります。さらに異世界にきてすぐ、奴隷として売られそうになっていた、ラノベ作家志望のJKを助け、3人で取材を続けることになります。って、このJK最後のほうまで、名前が出てこないんですよね。どうやら童顔スレンダー(胸が)な少女のようですが、まわりからもJKとしか呼ばれておらず…

この異世界は、不思議なところで、なぜかスマホが普通に使えます。でも安全かというとそうではなく、モンスターに殺されたら現実世界でも死亡ですし、中には取材に行ったまま戻ってこない作家もいるようです。でも現実世界とのつながりが強いからか、孤高無双の勇者は中二病こじらせた少年だったり、ハーレム三昧の魔王の正体あ、後輩の売れっ子ラノベ作家だったりと、ファンタジーの世界なのか、現実世界での集団中二病なのか、よくわからない状況になっています。さらに実在の作家ネタも紛れ込んでいるようで、どこまでネタなのかよくわからないところも。一番弄りやすい編集は、もう完全にヤのつく自由業。編集部でなく事務所。社員じゃなく、構成員といった感じになっています。

この作品のいいところは、ヒロインが可愛いところ。アミューさんもかわいいですが、JKがいいですねえ。ラノベを熱く語れるJK。取材旅行の相方として、すごく重要な存在になっています。さらにラノベ作家が万能だけど、俺TUEEEな描かれ方していないのもいいですね。ラノベ作家だったら、誰でも「無双」「ハーレム王」だと読む方も疲れますが、そうじゃないところが面白いです。

異世界での食事は、想像するとダメですが「美しい」「おいしい」ってのは、確かに育った環境によって大きく変化する部分と、人間である以上変わらない部分の両方があるのでしょうね。

★★★☆
posted by あにあむ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(3)


著者:刈野ミカタ
出版社:MF文庫J
魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(3)

神霊魔剣を操る貴族の乙女のみが通うグランディスレイン魔法学園。そこに入学した魔力ゼロにして唯一の男。ユーベルが主人公。「愛は偉大、超便利、マジ効率いい」が座右の銘であり、順調にハーレム「王閥」を拡大させています。前巻で学園最大姫閥「桜花夜会」の主・アンリエットを落とした…かにみえたユーベルですが、彼女にいきなり刺されてしまいます。刺される瞬間に、身体をひねることで致命傷となるのを避けたユーベルですが、その傷は深く数日眠り続けることに…ようやく目が覚めたら、今度は学園一三血姫を越えた存在の「姫王」ことリン・スメラギに誘拐されてしまいます。

リンの目的は、自らの子孫を残すこと。最強の血筋を保つため、ユーベルに白羽の矢をたてた模様です。しかしそこには「愛」はなく、純粋に生物学的な意味で子をなそうとしているようで…
「ではさっそく子種をよこしてください」
「ちなみに、俺はそのあとどうなりますかね?」
「処分します。用済みですから」
「お、おう…」

かなり厳しい状況に追い込まれたユーベルですが、そこは「愛は偉大」を信奉しているユーベル。簡単に子種を渡すようなまねはしません。リンの頭に存在していない「愛」という意味を植え付けようと、画策していきます。今までその立場から異性と接触することが、ほとんどなかったリンは、ユーベルの思惑通り、ユーベルに興味を持つようになっていきます。チョロインも健在で、いろんなタイプのヒロインがユーベル閥に参加してきています。「愛」を武器にユーベルの無双はいつまで続くのでしょうか?

★★★
posted by あにあむ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2017年05月18日

突然ですが、お兄ちゃんと結婚しますっ!


著者:塀流通留
出版社:MF文庫
突然ですが、お兄ちゃんと結婚しますっ! そうか、布団なら敷いてあるぞ。

実妹、義妹、似妹(?)と織りなす、妹ラブコメ。妹は、みんなお兄ちゃんが大好き!という妹ハーレムになっています。主人公と実妹は、幼少期に両親と死別し、施設に引き取られます。そこで出会ったのが、似妹(実際には、年上だが、妹的存在)。その後兄妹は、別々の家に引き取られ、主人公の新しい両親の元できたのが義妹。今は義妹と一緒に生活しており、仲良く過ごしていました。そんな頃再会した実妹は、大富豪の娘になっており、兄に会えなかった間に、兄への愛情がこじれてしまっていました。

「好きです、兄さん」 家族としてなら問題ない。でも実妹がいう「好き」は異性として。当然法律上結婚できないはず。でも彼女は、その法律をお金で変えてしまうことができそう。

「好きだよ、お兄。兄妹としてではなく、一人の異性として…」 義妹からの告白。
そして
「彗、…好き」 似妹からも…

論理的(かつ倫理的)に考えると、似妹は法律上のつながりがないですし、唯一合法的に結婚できる相手。でも主人公は、3人とも大好き。ついでに妹3人もお互いが大好き。そんな、コミュニティの中で、主人公は誰も選ばない道を選びます。でもいつまで持つのでしょうか?

一つ屋根の下に住んでいる4人。しかも女の子3人は、いつでもWelcomeな状態。ラブコメの典型的な状況です。でもこの主人公は、女の子たちの「好意」に気がついており、それを正面から受け止めています。その上で「選ばない」という選択をしているというのが、珍しいのかな? 主人公には好感を持てるのですが、ヒロイン3人の棲み分けがうまくいっていないため、あまりラブコメが盛り上がっていません。似妹という不思議な言葉を見つけた(造った)ことで満足されてしまったのかなあ。実妹を「お金」という要素で、差別化しようとしているのですが、あまり成功した感がない。というか、あと二人にそういうチートがないため、バランスが悪いんですよね。
あと一ひねり。

★★
posted by あにあむ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2017年05月16日

今日から俺はロリのヒモ!(3)


著者:暁雪
出版社:MF文庫
今日から俺はロリのヒモ!(3)

前巻ラストで、藤花が荷物を抱えて「駆け落ちしてください!」と驚愕の宣言をしてきました。普通の流れであれば、現在の状況を知った藤花の両親が大反対。大げんかして、駆け落ちという流れなんですが、このひも小説は斜めの方向に進んでいきます。彼女がいう「駆け落ち」ってのは誤用であり、要するにハルも一緒に出張に着いてきて欲しいというもの。まあ小学生が出張とは? という疑問はどこぞに捨ててしまわないと、話が進みません。いつもは、有能メイドさんがついて行っていたようですが、どうしても日程調整が難しいと…なので一番暇なハルに白羽の矢が立ったんですね。まあクズとはいえ、成人していますから、保護者にはなるようで(事案になる確率のほうが、圧倒的に高いですけどね)いろいろありますが「藤花が楽しければ、それでOK」というスタンスのもと、出張も楽しみます。仕事が終わってからは、もう一日大阪で遊ぼうと、千鶴・紗奈も大阪へ呼び出します。そして3人で大阪を満喫。(最初は、渋っていたメイドさんは、藤花の写真を送ってもらうことをバーターにして、了承。って、この人実は一番危険な存在なのかもしれない)その後もコミケに参加したりと自堕落な生活を続けるハル。もうプロのひもとして、かなり高レベルに達したようです。

そんなプロひもにも、難題が! 「―先生、わたしにSMを教えてください!」と藤花が言い出します。さすがに、大人の階段一足飛びすぎだろ! 実演したら一生刑務所だろ! と焦るハル。彼が行った方法とは?

今回もハルのクズさが際だっています。直接手出しをすることはないようですが、少女用コスプレ衣装いったいどれだけ買い込んでいるんだ? それだけでも十分に事案に思えてしまいます。さらに今回は、ヒモの素晴らしさを第三者に伝授しているし… 

面白いのは確かなんですが、あまりにも暴走しすぎで、ついて行くのが難しくなってきています。前巻でも感じましたが、ロリたちの精神年齢低下が著しく、実年齢との乖離が激しくなってきています。確かに子供の知識は偏ったものになりますが、それが極端すぎ。もう少し精神年齢あげていかないと、一部の人にしか理解できない世界になりそうです。
★★
posted by あにあむ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

14歳とイラストレーター(2)


著者:むらさきゆきや
出版社:MF文庫
14歳とイラストレーター(2)

「もうこのまま描けなくなっちゃうんじゃないかと、泥沼に沈んだ気分になるんだ」ひょうひょうと生きているように見えるイラストレーター・京橋悠斗にもスランプはある。そんな悠斗のところに、悠斗が挿絵を描いているラノベの作者・小倉が「もうダメ」と遊びにきます。担当編集と合わず、いろいろ貯まっている模様。どこか「遠くへ行きたい」ということで、乃ノ香も連れ、3人で九州の温泉へ行くことに。ということで温泉回です。
乃ノ香の両親って、どんな教育方針なんでしょうね? 礼儀作法などがしっかりしているということからすると、かなり厳しいような気もするのですが、旅行あっさり許可出したりしていますからねえ。もともと「売り子」として大阪遠征もしているということですが、不思議ではあります。

悠斗の周りには美女(美少女)ばかりが集まってきているようです。1巻で出てきたナストキュウリ先生、はらみなどなど。どうやら登場人物すべてが、悠斗に好意を持っているようで、なんともうらやましい状況。乃ノ香も、少しずつ悠斗を意識するようになってきているように見えますし、恵まれた環境ですね。

今回温泉旅館では、お約束の混浴シーンがあります。それもラッキースケベではなく、ヒロインズの確信犯的行動。旅館のお風呂は「混浴」と小倉がそそのかし、乃ノ香も乗り気。実は、混浴でも水着着用だったと…男の性をからかわれた悠斗。その後「本当の混浴」ということで、家族風呂を小倉が予約。さすがに断固拒否した悠斗。結局男女別々に入ることになったのですが、悠斗が風呂に入ってすぐに小倉が全裸で乱入。さらに乃ノ香まで…なんとなく乃ノ香は、対抗心から入ってきたように感じますね。

3巻からもラブコメが楽しくなりそうです。

★★★
posted by あにあむ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2017年05月15日

クソゲー・オンライン(仮) 3


著者:つちせ八十八
出版社:MF文庫
クソゲー・オンライン(仮) 3「このクソゲーが現実だと私だけが知っている」

バグにより「妊娠」してしまったアズラエル。ササラキは、アズラエルはVR世界とはいえ、好きでもない人の子供を産むのは嫌と思い、なんとかしようとする。でもアズラエルは、どうも「絶対嫌」というのでもないようで…そのあたりの機微にササラキが気がつければ、ここまでこじれていなかったんでしょうけどね。結局、さらなるバグにより、二人お子供は生まれてきます。それも10歳程度の娘として…さらにバグで、名前がとんでもないことになっており(考えるために、登録し削除したはずのものが、まったく削除されていなかった)ややこしいことになりますが、結局キサラという名前で落ち着きます。

天使のような(実際に天使の属性を持っている)キサラですが、なぜかこの仮想世界はゲームなどではない、現実なのだ!と強く主張しています。「キサラが生まれた世界はクソゲーなんかじゃないのです!みんな邪悪なる運営に騙されているのです!」…いや「運営」がある時点で現実じゃないんですけどね。もちろん、ゲーマーたちは、誰も信じませんが(どこにも信じる要素がない)、運営が邪悪という点には同意。「じゃあ運営VSプレイヤーのイベントを開催して盛り上げましょう」「悪魔だね僕たち」という流れで、運営Vsプレイヤーのイベントが勃発。果たして、AIと人間はわかりあうことができるのか?

キサラがいい子すぎて、切なくなります。冷静に考えたら、いきなり10歳程度の身体に生まれてきて、両親の見た目からすれば、自分は何歳の時の子供だ? という話になりますよね。それでも「この世界は現実」と言い張る彼女。その理由を考えると、すごく切ない。さらに、両親が望んで生まれてきた訳ではなく「間違いで」生まれてしまったと知ってしまい、でも二人のことは大好きで…

この世界はクソゲーなんかじゃない! と伝えてあげたいですね。しかし、アズラエルとササラキ。もうくっついてしまったほうがいいんじゃないかい?

★★★☆
posted by あにあむ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

キラプリおじさんと幼女先輩


著者:岩沢藍
出版社:電撃文庫
キラプリおじさんと幼女先輩

主人公は高校生・黒崎翔吾。女児向けアイドルアーケードゲーム「キラプリ」に情熱を注いでいます。当然友人は少ないと思われますが、それなりのコミュニケーション能力はあるようです。彼が住んでいるのは、田舎町(山口県下関市近辺と思われ)で、街のゲームセンターには、キラプリが1台しか設置されていません。しかし、それ故少しのめり込むとトップランカーになれるということで…ある日、突如現れた小学生・新島千鶴によって、あっさり奪われてしまい…「俺の庭を荒らしやがって」「なにか文句ある?」 と、小学生と同レベルで張り合う翔吾。昔なら近所のお兄ちゃんとの交流ですんだことが、最近は大変なご時世。それでも翔吾は、1台しかない筐体のプレイ権をかけて、千鶴と対立を続けるうちに、連帯感のようなものも出てきて… そんな二人に最大の試練が…クリスマス限定アイテムをとるためには、おともだちとの二人プレイが必須。素直になれない二人に襲いかかる現実。さてどうなるのか?

ということで、おおきなおともだちとちいさなおともだちの交流を描いた作品になっています。翔吾が女児向けアーケードゲームにのめり込むオタクとして描かれるであれば、案外スムーズに物語が進んだと思われます。しかし翔吾も千鶴も、いろいろあった過去のせいで、とんがっているため、衝突が続いています。当初ゲームセンターでは、翔吾の友人もいなかったこともあり、千鶴は翔吾を自分と同じ「寂しい人」と思い込み、そこに親近感を抱くようになったようです。ところが幼馴染みが翔吾をクラスのパーティに強引に連れ出したことから、翔吾にさえ裏切られたと思い込むようになります。

ゲームが主体になっていますが、実は年齢を超えた淡い恋心というのが裏にあり、それが物語に深みを与えています。ただストーリー内の書き方では、幼馴染みが身勝手に見えてしまうのが残念。翔吾のことを思うというより「世間常識と離れた人が許せない」だけというふうに見えてしまいます。それがなかったら、年齢差ラブコメにもできそうなんですけどねえ。

★★
タグ:★★
posted by あにあむ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

2017年05月02日

俺色に染めるぼっちエリートのしつけ方


著者:あまさきみりと
出版社:スニーカー文庫
俺色に染めるぼっちエリートのしつけ方

第21回スニーカー大賞〈特別賞〉受賞作。学年一のイケメン紳士と思われている・東雲甲が主人公。彼には裏の顔があった…
物語冒頭で、太陽のような笑顔で家庭的かつ優しい美少女・七海さんと付き合うようになる甲。二人の仲は、まわりもうらやむようなさわやかなもの。でも付き合いだして一週間ほどでコウは本性を現す。部屋で七海を目隠しして拘束。そこで「光速」で動くハンドテクニックで、性的いじめを敢行。恥ずかしがりながらも堕ちていく女の子を見て悦ぶという、いわば変態さん。でも、不思議と被害者の女の子はコウのことを嫌いにならず、彼が正しい恋愛ができるよう見守ってくれるという不思議。イケメンはなにしても許されるか!といいたいところです。

ある夜、エロゲ好きの小学生(?)レナトと出会います。ひきこもりの彼女の夢は、コスプレで夏コミ参加。なぜか、彼女の兄(コウの同級生)から頼まれ、彼女と同棲してひもりから抜け出させることに。コウが行ったトレーニングは「SADS(紳士&サディスト)」 レナトからも信頼され、彼女は少しずつ引きこもりを脱していきます。でもそんな彼女を妬む集団も現れ… コウは彼女を助けることができるのか?

というイチャラブハーレム的レブコメです。コウの技は、女の子を拘束していたぶること。まあ別名「犯罪」ですね。でも、そこに「愛」があるのか、なぜか女の子に嫌われない不思議な男。でも犯罪者です。さらにロリです。たぶん…レナトを小学生と認識しているにもかかわらず、SADSを発動しているし、幼馴染み(もと許嫁)にも小学生の頃から性的イタズラしているようですし。つまり小学生の頃から、女の子を(性的に)虐めて、女の子が堕ちていく姿を楽しんでいた訳ですね。とんでもないヤツです。

でも、なんか憎めないヤツではあるんですよね。性的嗜好は別にすると、誠実なヤツなんだと思います。イラストも相まって、やわらかい雰囲気が全体を覆っている作品になっています。登場するキャラが、みな意思をもって行動しているのもいいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫