2017年04月12日

異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる


著者:七烏未奏
出版社:MF文庫
異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる
 〜アンタの中が気持ちいいわけじゃないんですけどっ!?〜

主人公は温泉好きな男子高校生・草津熱美。地方の温泉(Bath)に向かう途中にバス(Bus)事故で死んでしまう。次に目が覚めたとき、彼は異世界の温泉に転生していた。いろんなものに転生するご時世ではありますが、今回は温泉だと。そういや最近鎧に転生して、美少女に着られるという小説もありましたね。

熱美温泉(まんなやな)に最初に訪れたのは、エルフの冒険者・レティシア(当然美少女) この世界では、あまり温泉というものがないようで、最初はおっかなびっくりですが、一度入ってしまうとその気持ちの良さの虜になってしまいます。熱美温泉には体力・魔力の即時回復や一時上昇、状態異常回復などの効果があり、さらにはもう少し大人な効力もあるような(途中から立ち消えになってますけど、最初はそれらしいことが描かれています)。で、入られた熱美のほうも美少女が丸裸(当然だ)なので当然…「硬度が上昇しました」「水質変化し、牛乳風呂になります」……なんの? という状態。感覚的に「自分の中に「入ってくる」感じがするそうで… この温泉、ゲーム的なところもあり、お客様名簿が埋まれば、その分レベルアップするという機能があります。レベルアップによって、最初は温泉の湧く沼といったものから、湯船などが出来、どんどん温泉施設が立派になっていき、さらには効能が追加されていくというもの。熱美はお客様を増やせるのか?
温泉に転生ってのは、あまり考えなかったなあ。それだけでこの作品は勝ちなんですが、キャラクタたちが魅力的なのもいいですね。レティシアだけでなく、巨乳神官・クム、小さき(いろいろと)村長・チーチクたち美少女ず。それ以外の筋肉兄弟もいい味出しています。いろいろなトラブルにも、温泉の効能をうまく使って対処するなど「温泉に転生」したことをエロコメ要素だけでなく、本筋にも利用しており、無理矢理感がないことも、この作品のいいところです。さらに、さりげなく男子高校生のリピドーも描かれていたり、いなかったり。熱美が「実体化」できる時間に制限を設けたことも、正解ですね。自由に実体化できると、温泉である意味がなくなってきますからね。おもしろくなりそうです。

★★★★☆
posted by あにあむ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫