2017年04月11日

編集さんとJK作家の正しいつきあい方


著者:あさのハジメ
出版社:ファンタジア文庫
編集さんとJK作家の正しいつきあい方

ファンタジア文庫だけど、MF文庫っぽい。
主人公は、高校生ラノベ編集者・冴原吹雪。青春よりもバイト優先の社畜予備軍というか、すでに社畜そのもの。彼の下宿先「なつめ荘」は変人作家の巣窟で、禁断の兄妹愛に憧れるブラコン(兼ストーカー)の百合鴎凜、関西系ドイツ人のミッシェル・メッサーシュミットが住んでいました。そこへ冴原吹雪は私のご主人様です。いっぱいご奉仕します」と作中ヒロインになりきってデレまくりの執筆スタイルをとる竜園寺美沙が仲間入りします。もっとも、吹雪の「編集脳」はさらにイカれており、「きみの水着エプロン姿は可愛い。だけど担当としてはこのシーンを修正したい。猫耳を付けてもう1回だ」…同棲ラブコメ…なのかな?

吹雪はバイトながら、女子高生新人作家・竜園寺美沙の担当につきました。彼女は、ラノベを読んだこともない状態で「初めて」書いた原稿で新人賞をとった異才の持ち主。ただその執筆スタイルは、ヒロインになりきりデレまくること。ちなみにミッシェルは、ストレスをためて、それを爆発させながら虎キチとなって書き殴ること。凜のスタイルは、従兄である吹雪の膝の上で、ブラコンエロコメを。ってまともな人はいないのか? そーいや、最近裸で執筆するJS作家って作品もあったなあ。(って同じ作者さんじゃないか)
まあそういう意味では、よくあるお話になっています。業界ものではなく、ラブコメに軸足を置いているので、読むのが楽しいですね。業界モノは、どうしてもアラが出てきてしまうからなあ。本作の特徴は、吹雪が「鈍感」というよりも、社畜に振り切っていること。恥ずかしさよりも「作品のおもしろさ」を優先して、結果としてヒロインの想いに気がつけないという点。

前半は、軽いノリのラブコメ。中盤で少々シリアスになるのですが、結局はラブコメに戻ってきています。というかシリアスシーン必要だったのだろうか? 吹雪が「なぜ自らの感情を出さないようになったのか?」について明かされないまま、コメディに戻ってしまったのが、もどかしいですね。2巻以降への伏線になっているのかな?

ヒロインは、同級生・幼馴染み・妹(従妹)とそろっているのに、今のところ「かわいらしさ」不足で、盛り上がっていません。「ドイツ語が話せないドイツ人」を関西弁にしたのが失敗のような…関西人からすると「あんな奴いねえって」というレベルなもので…従妹も中途半端ですね。なぜ吹雪が好きなのかが見えてこないし、中途半端。さらに編集者も中途半端だし…全員、振り切れていないので盛り上がりにかけるんですね。次巻以降ヒロインがかわいくなれば、おもしろいのですが。

★★
posted by あにあむ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫