2017年03月21日

トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした。


著者:日富美信吾
出版社:講談社ラノベ文庫
トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした。

ラノベが大好きで、前世の記憶を保持しつつ、チート能力持ちの俺TUEEEな無双人生、魔王な人生、ハーレムな人生へと、己が望むような「異世界転生」ができたらなあ…と夢想する、高校生志郎は、本当に死んでしまった。しかもトラックに轢かれるというフラグを立てて…さらに気がつくとエルフのような美少女フィリアと面談。「もうこれは転生」と期待が高まります。ところが、フィリアは「あなたは転生できないの」と告げます…え?ということで志郎の転生(できない)ライフが始まります。

転生ものに見えて、実は主人公が転生できないとか、ハーレムものに見えて、実はハーレムじゃないとか、エルフ美少女がヒロインに見えて、実はヒロインはスライム(人型になれない)だとか、少し外してきていますね。

フィリアがいたのは、神様が運営する「転生を受け付ける窓口」。そこの責任者であるフィリアは、転生者の要望を徹底的に訊き、望みの世界に望みの形で転生させることをモットーとしています。ところが、その転生には「転生ポイント」が必要で、そのポイントは前世でどれだけ頑張ったかで決定するという仕組みがあります。志郎が持っていたポイントでは、世界を選択することなどできず、じゃあどうすればという時にフィリアから「ここで働いてもポイントが貯まりますよ?」と薦められ、仕事をすることに。

シローは生前ラノベで培った知識を屈指して、転生希望者に新しい人生のライフプランを構築していきます。そこには、今までにない視点があり、どんどん人気の担当者となっていきます。相談に来るのは、人間だけでなく、異世界人やロボットなども含まれており、多様性を絵で描いたような世界になっています。シローが最初に担当したのは、スライムで彼女は、シローの話すプランがたいそう気に入り、なぜか転生せずシローと一緒に暮らすことに。「彼女」というからには女の子であり、フィリアたちは男女が一緒の部屋で暮らすなんて…と止めるのですが、シローは特に気にせず、スライムは絶対一緒がいいということで、同棲することに。って、確かに人間としての感性だと、スライムの性別ってあまり関係ないですよね。それ以来、スライムの居場所はシローの頭の上。シローが落ち込むと慰めてくれます。

ストーリーとしては、フィリアの考えに反発する2課の課長との闘いということになります。そういう目的がある分、日常系にはなっていないのですが、別に日常系でもよかったかも。

最終的にいくつか伏線の回収ができていないように思います。続きが出て、そちらで回収予定なのか、単純に忘れ去られているのか…話の流れ的に後者のような気もしますが、中には次につながりそうな伏線もあるし、状況(評判)次第でということなんでしょうね。
★★★
posted by あにあむ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫