2017年03月27日

嫁エルフ。


著者:あさのハジメ
出版社:MF文庫
嫁エルフ。 〜前世と来世の幼なじみから同時にコクられた俺〜

異世界を救った功績を評価され、転生者見習いたちの教師をすることになったルミナが主人公。異世界での能力が封印され1/10になっているとはいえ、一般人からすれば脅威の力。それを知らずに喧嘩を売ってくる生徒を一なですると、生徒はボロボロ。それが原因で、ルミナが担当するのは、エルフの女神・ハイネと現世で死に別れた幼馴染み・千雨の二人のみ。ルールとして、ルミナは千雨を知っていることを明かすことはできない。果たして?

なぜか最初からハイネは、デレまくっています。「ハイネはあなたの嫁です!」と迫ってくるし、もうなんならいっそ身も心もすべて捧げます状態。一方、千雨は前世でいつも一緒にいてくれた幼馴染みであるおにいちゃん(=ルミネ)に会うのが夢。なんか哀しいですね。ところが、ルミナの優しさに触れて、千雨まで告白してきます。「わたし、このアホ女神だけには負けたくない!」 二人の間で始まるラブコメかと思いきや、なんとこの二人は同一人物らしい…このあたりから、ややこしくなってきます。転生する際のミスやトラブルにより、時空がおかしくなってしまったようです。さらに転生を扱っているのに、タイムパラドックスを表現しようとしたため、なにがなんやら…
ルミネ:現代社会で事故死⇒ファンタジー世界へ転生⇒中継点へ転生
ハイネ:ファンタジー世界で死亡⇒中継点で数百年眠る⇒中継点で目覚める
千雨 :現代社会で病死⇒中継点へ転生
なら問題ないのですが、千雨はハイネの前世だと…つまり千雨は現代社会で病死した後、数百年前のファンタジー世界にエルフ(ハイネ)として転生したことに…じゃあ、今いる千雨は?

ルミネの転生にも秘密があるので、時系列をまじめに考えるとよくわからなくなります。なので、この作品を楽しむ方法は「パラドックスなんて忘れて、同一人物によるラブコメ」と考えることです。ストーリー上「千雨がエルフとして転生しないとパラドックスが」とか書かれていますが、見なかったことにすべきです。

その前提でいうと、背中がむずかゆくなるラブコメとして楽しむことができます。

最近の転生は、ダイレクトに転生するのではなく、受付のような施設を経由するパターンが増えましたね。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2017年03月24日

縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様


著者:語部マサユキ
出版社:スニーカー文庫
縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様

主人公は、凶暴すぎる見た目以外は普通の高校生・仁王院陣。その見た目で苦労する日々を送っていましたが、ある日不幸な事故で死んでしまいます。気がつくと、そこは異世界。ひとまず小鬼に襲われていた美少女を助けたところ、それはシスターだったらしく、彼女はお礼に傷の治療をすると申し出ます。魔法の登場とファンタジー世界に感動する陣でしたが、彼女がとった行動は、傷を自らの下でなめようと…「いや、舐めるってのは医療行為として間違ってるから!」といいながらも、彼女の必死さにすべてを委ねる陣。さすがに、ズボン脱ぐのは拒絶したようですが… 彼女の名前はマリーベル。強力な光魔法(回復魔法)が使えた聖女。それが、あるときから突然治療魔法がまったく使えなくなり(彼女だけでなく、世界から治療魔法が消えた)、その原因を探るために巡礼中でした。

治療魔法に頼り切っていたこの世界では、医療技術は完全に廃れており、今までは助かった生命も簡単に消えてしまう状況。そのため、光魔法の修道士は、逆恨みされており…

最初は、陣の現代医学知識によって無双する物語になるのかと思っていたのですが、そうでもなく(まあ、彼は普通の高校生だし、知識としてもたかがしれていますしね)、回復魔法を使わず(使えない)聖女とともに冒険をしていくというお話でした。陣も、魔法(召還)が最初から使え、バールなどを召喚しております。この召喚術。そのときに便利な道具を召喚できるようなんですが、同時に前世でのトラウマも連れてくるようで、召喚のたびに陣はへこむことになります。

マリーベルが聖女らしくまっすぐで、陣の見た目に惑わされることもなく、彼の優しさを気に入るなど、前世では異性と普通に話をすることなど夢物語だった陣が、異世界で青春をしています。ただ、二人ともまじめすぎるので、二人だけだとなにも進展しそうにありませんが、サキュバスのユメ(陣の召喚獣1号)が、いい風に二人を導きそうです。サキュバスだけあって、人間の好意や快感が好物のようですし、この若い二人だったら、これからいろいろ経験していきそうですしね。

作品としては、このユメの存在が物語を広げています。当初は耳年増なロリッ娘として、登場しますが、後半は頼れるお姉さんに。ラブコメとして楽しめる作品ですね

★★★
posted by あにあむ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫

2017年03月21日

トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした。


著者:日富美信吾
出版社:講談社ラノベ文庫
トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした。

ラノベが大好きで、前世の記憶を保持しつつ、チート能力持ちの俺TUEEEな無双人生、魔王な人生、ハーレムな人生へと、己が望むような「異世界転生」ができたらなあ…と夢想する、高校生志郎は、本当に死んでしまった。しかもトラックに轢かれるというフラグを立てて…さらに気がつくとエルフのような美少女フィリアと面談。「もうこれは転生」と期待が高まります。ところが、フィリアは「あなたは転生できないの」と告げます…え?ということで志郎の転生(できない)ライフが始まります。

転生ものに見えて、実は主人公が転生できないとか、ハーレムものに見えて、実はハーレムじゃないとか、エルフ美少女がヒロインに見えて、実はヒロインはスライム(人型になれない)だとか、少し外してきていますね。

フィリアがいたのは、神様が運営する「転生を受け付ける窓口」。そこの責任者であるフィリアは、転生者の要望を徹底的に訊き、望みの世界に望みの形で転生させることをモットーとしています。ところが、その転生には「転生ポイント」が必要で、そのポイントは前世でどれだけ頑張ったかで決定するという仕組みがあります。志郎が持っていたポイントでは、世界を選択することなどできず、じゃあどうすればという時にフィリアから「ここで働いてもポイントが貯まりますよ?」と薦められ、仕事をすることに。

シローは生前ラノベで培った知識を屈指して、転生希望者に新しい人生のライフプランを構築していきます。そこには、今までにない視点があり、どんどん人気の担当者となっていきます。相談に来るのは、人間だけでなく、異世界人やロボットなども含まれており、多様性を絵で描いたような世界になっています。シローが最初に担当したのは、スライムで彼女は、シローの話すプランがたいそう気に入り、なぜか転生せずシローと一緒に暮らすことに。「彼女」というからには女の子であり、フィリアたちは男女が一緒の部屋で暮らすなんて…と止めるのですが、シローは特に気にせず、スライムは絶対一緒がいいということで、同棲することに。って、確かに人間としての感性だと、スライムの性別ってあまり関係ないですよね。それ以来、スライムの居場所はシローの頭の上。シローが落ち込むと慰めてくれます。

ストーリーとしては、フィリアの考えに反発する2課の課長との闘いということになります。そういう目的がある分、日常系にはなっていないのですが、別に日常系でもよかったかも。

最終的にいくつか伏線の回収ができていないように思います。続きが出て、そちらで回収予定なのか、単純に忘れ去られているのか…話の流れ的に後者のような気もしますが、中には次につながりそうな伏線もあるし、状況(評判)次第でということなんでしょうね。
★★★
posted by あにあむ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2017年03月17日

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(5)


講談社 / 2016年6月2日発売
Amazon.co.jp / 本
著者:むらさきゆきや
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(5)

聖女ルマキーナが呪詛を受けてしまった。彼女は自らを癒やす魔術を受け付けないため、解呪するためには、ディアブロがゲーム内で入手したアイテムを使うしかありません。数多の冒険者たちが攻略に失敗しているダンジョンの最奥にそのアイテムは、置かれているのですが、ディアブロにとっては余裕。なぜならそのダンジョンを設計したのは、ディアブロ自身だから…

今回は、ダンジョン攻略が主体となっています。それもディアブロが元の世界で構築(ゲーム内で)したものなので、一部無駄に軽いノリになっている箇所もあります。ゲームバランスという意味では、崩壊しているんですけどね。それよりも前回「聖女というより性女」といったほうがよかったルマキーナが、まじめに聖女になっていますね。前巻はなんだったんでしょう?

より完璧になってきたロールプレイのせいもあり、最強魔王(でも優しい)としての立場をどんどん強固なものにしてきています。今回のダンジョン攻略においても、最強種であるはずのドラゴンを「フッ、たかがレベル140で神気取りか? 笑わせるではないか、雑魚め」とあっさり攻略しています。どこまで強くなっていくのでしょう。? この世界には、魔王(魔族)はたくさんいるようで、幼女魔王クルムに続き、今回もジルコンタワーに魔王の覚醒を告げる(というか襲う)魔族が登場します。確かにゲーム内世界だとしたら、いろんな魔王がいてもおかしくないんですね。

前巻に比べると、エロが少し減っています。その分、ラブコメ要素が増えており、なかなかいい感じです。とはいえ、RPGの永遠の謎…というか触れてはいけないことに触れています。それは「トイレ」問題。野外や街中の場合、なんとかなりそうですが、ダンジョン内にトイレがあることは、普通ない。ということは? しかもたいてい男女混合パーティですし…今回は、とあるキャラ(女性)が、我慢できなくなり「聖杯」をなにかに使ったようです。まさに聖水…いやお下品はやめておきましょう。

しばらく忘れていたシリーズですが(気がついたら7巻まで出ていた)、久しぶりに読むと面白いですね。

★★★
posted by あにあむ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2017年03月13日

ヴァルハラの晩ご飯(4)


著者:三鏡一敏
出版社:電撃文庫
ヴァルハラの晩ご飯(4) 〜イノシシとイノシシモドキの包み焼き〜

いきなりセイとロキの対決シーンからスタートします。他の作者さんであった「その巻のクライマックスシーンを巻頭で示してから、本編に入る」という手法かと思いましたが、そうではありませんでした。フェンリルを縛る強力な紐・グレイプニルを外すために「竜の心臓」が必要であり、セイが竜に変身して、闘ったということです。完璧な変身ができること+生き返ることができるというセイならではの解決方法ですね。でも倒された竜には、心臓がなく…セイは、ヒントを求めて黒き剣聖ヴィズガと話をしますが、手がかりなし。邪竜ファフニールを倒した竜殺しのシグルズを訪ねて、死者の国へ。死者の国の女王はロキの娘。どうやら中二病のようで…なんとかシグルズにヘルの館まで来てもらいますが、彼は残念な頭の人で聞き出すのが大変。なんとか聞き出したのは魔剣・リジルを使ったということ。ロキは魔剣を探しにいき、セイは一人でミッドガルドへ。しかしながら、虹の橋・ビフレストの門番・ヘイムダルに通せんぼをされているところに、4女ヴァウルトラウテが現れ、二人で下界に降りることに。夕方には、ヴァルキューレ姉妹とも合流できますが、瘴気がセイを蝕み…

と一読すると、まじめなストーリーのようですが、そこはヴァルハラ。ヴァルトライテから「ブラジャーに変身して欲しい」と頼み込まれたセイ。ブラジャーを詳しく知らないため、まずはヴァルキューレ姉妹の誰かにブラジャーを見せてもらうことに…誰もが恥ずかしがって断るのですが(当然だ)、なぜか「戦乙女ブラジャー当て大会」という流れに…箱に自分のブラジャーを入れ、それをセイがひいて、誰のものか当てるという…最初の趣旨はどこにいってしまったの? という展開になっています。で、ブリュンヒルデが自爆して…まあいつものノリです。

とはいえ、今回ラストではかなり大きな出来事が発生します。今までのお気楽な生活がすべて夢・幻となってしまうような事実。それでも彼らは彼らしく前を向いて頑張っていくようです。このまま方向性を変えないで欲しいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

2017年03月07日

妹=絶滅したのです(2)


著者:八奈川景晶
出版社:ファンタジア文庫
妹=絶滅したのです(2)

世界で唯一の「妹のいるお兄ちゃん」勇巳が主人公。前巻では、剣術家・財閥総帥・第一王女の3人の美少女が「お兄ちゃんに甘えたい」と押しかけ妹になります。って基本同年代なので、妹というよりお姉ちゃん的な存在でもあるのですが…そんなある日、剣術家である久遠は、勇巳に異性を意識するようになります。そのため、甘えたくても甘えられないという恋の病にかかってしまうのですが、それに気づく人が一人もいない…いや実妹の伊織だけが、その事実に気づき愕然とします。同じ年頃の男女。そういう気持ちが芽生えてもおかしくない。そうなると実妹である自分が一番不利と慌てる妹・8歳。まあね、一番独占欲強いお年頃だもんね。

いろいろ考えることが多くなってきた伊織ですが、ある日自分をつけてくる足音と視線を感じるようになります。昔、自分たちが唯一の兄妹であることが判明した際に経験した、マスコミやおばさんたちの視線。それに似た視線を感じた伊織は、不安になり勇巳に相談します。「愛しいお兄ちゃんの妹は、自分の妹!」と財閥総帥・瀬里は財力、テレサは軍事力を使い、伊織の警護にあたることに。さらにそれでも不安と、伊織を勇巳の高校に強制入学させてしまいます。結果、体育も美術もお兄ちゃんとずっと一緒となった伊織の破格の妹力に感化され、瀬里・テレサの甘えも過激になっていきます。果たしてどうなる。
今回も、瀬里たちの非常識な力が爆裂しています。そんな中、久遠だけは自分でもわからないまま、恋の病に冒され。それに気づかない周りも大概ですけどね。この作品の中では、伊織が一番常識人のようです。8歳とはいえ、すでに大人の恋の機微もわかるようですし、料理も得意。でも8歳らしい気持ちも忘れていない。いやいい妹じゃないですか。

この手の小説として仕方がないのかもしれませんが、財力や軍事力が強大になりすぎです。お金で解決できそうにないこと(テクノロジーが追いつかないはず)まで、お金で解決しようとして、現実味がどんどん薄れてきています。その割に、犯人一人捕まえられないとか、矛盾も多い。一度精算して、もう少しまともな世界にしたほうが、兄妹の仲を楽しむことができそうです。

★★
posted by あにあむ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

2017年03月06日

今日から俺はロリのヒモ!(2)


著者:暁雪
出版社:MF文庫
今日から俺はロリのヒモ!(2)

クズな主人公・ハルとロリたちの爛れた生活…第二弾。そろそろついて行けなくなってきたなあ。
超お金持ち美少女小学生・二条藤花のヒモになった、主人公。今日も気ままに惰眠をむさぼり、藤花のお金で自堕落な日々を送っています。季節は巡り夏休みですが、ハルにとっては毎日が夏休みなもので、関係ない。藤花・千鶴・紗奈は学校がお休みの分、仕事が忙しいようだけど…って小学生と逆じゃないかい。当然というか、本職(なのか?)の漫画はまったく書けず、前巻で仕上げた漫画もあっさりボツ。でも3人の少女が優しいので、特に困ったことはない…

ということで、夏休み回なんですが、さらに自堕落さが増加しています。ロリたちにキャバクラのまねごとさせせたり、ベッドの上でくすぐりの刑…プールでは、なかよくウォータースライダー。さらにロリ寿司などなど…

…なんですが、前巻から感じていた違和感がどんどん大きくなってきました。いや、小学生がお金持ちでビジネス最前線にいることとか、3人が全員美少女だとか、なぜかハルに懐いているといった些細なことは、どうでもいいんです。そこを否定してしまうと、小説が成り立たないから…唯一の違和感は、ロリたちの精神年齢…なんかどんどん退化していっているような気がします。小学5年ってことですが、普段のノリは3年生くらいまでのノリ。下手したら幼稚園児かも? というノリになっています。千鶴だけは、年相応の羞恥心や常識を持っているようですが、それ以外は? 特に企業トップの実力を持っているという設定からすると、幼すぎるのです。そもそも5年生って、もう幼女じゃないですよね。気になり出すと、いろんなところでアラが見つかるようになってきて… たまにあるドストレートな変態でもなく、ハルがリアルな変態に見えてきて、どん引きしかなくなってきました。まだ前巻では「将来有望な職人気質な漫画家。ただしすけべ」くらいだったのに、どんどん廃人になってきています。ここまでくると、正直楽しめないですねえ。
今回ラストで、妙なヒキがありました。それが次巻でどうでるのか? うまく作用したら、もう少しハルが真人間に思えるようになるかも。今のままだと、ハルが少女たちをだまして、いいようにもてあそんでいるだけになっています。前巻のように、もう少しGive & Takeな関係に戻して欲しいですね。

★☆
posted by あにあむ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2017年03月02日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

主人公は、困った人を放っておけないいい人・桐生慧輝。書道部が廃部になりそうで、困っていた紗雪先輩(巨乳黒髪美人)を助けるために、書道の心得がないのに書道部に入部したり、図書委員に選ばれて困っているクラスメイト(距離が近い美人)の代わりに図書委員になったり、見た目(クォーター)のため、まわりに馴染めていない後輩・唯花(子犬のように素直な美少女)を助けたりと、本当にいい人。そんな慧輝がある日差出人不明のラブレターを受け取ります。そこにはなぜか女の子のぱんつが添えられており…ぱんつはさておき、人生初のラブレターを受け取り、なんとか差出人を探し出そうとする慧輝。候補は、書道部の関係者である先輩・同級生・後輩さらに兄想いの妹…妹はともかく、他の3人の誰であっても(本当は妹も)みな美少女。彼女になってくれるならラッキーという子たちばかり。こうして、ガラスの靴ではなく、ぱんつを落としていったシンデレラを探すことになった慧輝ですが…

この小説の感想を書こうとすると、ネタバレせざるおえません。まあタイトルがネタバレしていますし、口絵がめいっぱいネタバレ状態なんですけどね。はっきりいいますと「変態」は、ギャグ方向ではなく、エロ方向なものです。なので、大笑いできる種類の小説ではありません。というか、かなり引いてしまうレベルです。キーワードは「ドS」「ドM」「?」です。とりあえずまともなヒロインがいない! もうすべてがおかしい。妹もなんだか怪しいしなあ。各ヒロインはエロベクトルで、本当に振り切れています。もしSMの属性があれば、どちらかに絶対落ちるよなというくらい…でもどちらでもない大半の人には、関係のないことです。

一応「変態」は、ヒロインだけではありません。主人公も「巨乳好き」が行き過ぎた変態ですし(妹に性癖を知られているところでどうかと)シスコン、主人公の親友もロリ。まあ男子側は、それを隠さずさらけ出しているので、まだ明るいんですが…親友のロリも幼女好きなガチなのではなく「巨乳より貧乳童顔」といった程度の好みの問題のようですし…ヒロインズの心の闇はかなり深いです。

この作品、恐ろしいことに続きがあるようです。まあなにも解決していないので当然といえば当然なのですが、どうしたものか…

★★☆
posted by あにあむ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫