2016年07月23日

電波な女神のいる日常(3)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
著者:望月唯一
出版社:講談社ラノベ文庫
電波な女神のいる日常(3)

夏祭りでのセレナの演奏を、超一流アイドル・星庭天音が聴き、彼女のバックミュージシャンとして、ライブステージに立ってくれという依頼が入ります。プロミュージシャンと繋がりを持つことは、布教活動にもプラスになるだろうと考えOKするセレナと智希。ところが、自由奔放な天音に智希が振り回されることになり、さらに天音もセレナと同じ魅了の力を持つことに気がつき……

今回は、セレナがアイドルのバックミュージシャンをするのがメインイベントとなります。セレナは神様であるが故、楽器演奏に長けており、そのピアノの腕に天音が惚れ込んだということなのですが、もともと専属バックバンドがいる状況でよく本人の希望が通ったなと少々不思議ではあります。バックバンドメンバーは、最初は当然反対し、オーディションという形で納得(というか、逆に先生とあがめるようになったみたいですが)しています。その間智希は、天音の付き人をさせられることになり、彼女に振り回されています。そのため、セレナと過ごす時間が少なくなり、わかりやすく焼きもちを焼くセレナ。どうも天音も智希に惹かれていっているようです。順風満帆に準備が進むと思っていたのですが、天音がセレナの弾くバイオリンを聴いたことにより、アクシデントが…天音は、以前はバイオリニストを目指しており、コンクールでも6位をとった腕前。でもある時、自分の才能に限界を感じ、夢をあきらめた経緯があり、セレナの完璧な演奏を聴いて、すべての面での才能の差を感じてしまったようです。折れてしまった天音の心を立ち直らせることは、出来るのか?

音楽(それもクラシック系)を扱うと、ひっかかる部分が多くなってしまいます。今回もバイオリン始めた時期が遅すぎるなと。コンクール6位クラスであれば、ソリストは無理というのは、もっと早い時期で理解出来ているだろうなと。まあいろいろありますが、それはおいておきましょう。

このシリーズ、これが最終巻のようですね。もう少し続くと思っていたので残念です。もっと甘々ラブコメ続けて欲しかった。

★★★
posted by あにあむ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2016年07月22日

ぼくたちのなつやすみ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
著者:五十嵐雄策
出版社:メディアワークス文庫
ぼくたちのなつやすみ 過去と未来と、約束の秘密基地

ライトノベルレーベルではありません。でも五十嵐雄策さんの作品だなあとわかる小説です。
大人になった主人公が、謎のタイムリープに巻き込まれ、小三の「僕」に。ラノベだと、ラブコメやり直しとかになるのでしょうが、この作品は違います。仲のいい友人たちと、性別や年齢も超えて遊んでいたあの夏休み。そんな仲間が離ればなれになってしまう要因となったある「事件」 それを大人の頭脳で阻止しようと頑張る姿が描かれます。

仲間たちと野山を駆けまわって、泥だらけになりながら遊んだ夏休み。ゲームはなくインターネットもない世界。それでも時間がいくらあっても足りないくらい遊んでいたあの頃。忘れ去っていた何かを思い出させてくれるような物語になっています。

ストーリーは、あの事件=秘密基地が消失してしまった=を防ぐために、様々な思惑を乗せて、進んでいきます。大人のままタイムリープしていれば、もしかしたら簡単に防ぐことができた事件ですが、子供の身体になり、思うように対応できないもどかしさ。そのようなものが描かれていきます。

前半は「謎」や「超常現象」にスポットを当てていくのかな? という構成になっていますが、途中からはノスタルジックな日常が描かれるようになっていきます。なので、どこか心が切なくなる想いがわき上がる作品でした。

★★★☆
タグ:★★★☆
posted by あにあむ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2016年07月20日

出番ですよ!カグヤさま(3)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
著者:逢空万太
出版社:GA文庫
出番ですよ!カグヤさま(3)

結太の誘拐から発展したカグヤとサクヤの姉妹喧嘩がようやく終了した矢先、統社桃花が刀を持って現れます。お互いに、なんとか状況をごまかそうとしますが、カグヤがあっさり「自分は月の女王」と告げます。すると、突然桃花がカグヤに襲いかかって…桃花と一族と先代かぐや姫とは、浅からぬ因縁があるようで…ひん曲がった竹取物語第三弾。

月にはロクな生物ないないのか? といいたくなる竹取物語。結太の数少ない異性の友人であるすべ子は、一般人ではありませんでした。真面目なのか不真面目なのかよくわからないのですが、一族の「悲願」を心に秘めて行動していたようです。ということで、普通の人がいなくなってきましたねえ。と思っていたら、今回で最終巻とのこと。いろいろ広げた風呂敷は、畳みきれていないのが残念ですね。とはいえ、今の流れで続けるのも難しいというのも事実。これ以上、月の民の敵をを作っても仕方がないですからね。

ただ、カグヤの「善行値」という設定はどこに行ってしまったんでしょうか? カグヤが、善行を積もうとしていなかった点に目をつぶるとしても、今回は完全に,無視されたままになっています。もっと重要な設定だと思っていたんですが、あまり意味がなかったようですね。

カグヤがどんどんアホの子になってきて、読むのが辛くなっていたので、ちょうどよかったのかな。

★★☆
posted by あにあむ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

2016年07月12日

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(4)


著者:むらさきゆきや
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(4)

MMORPGクロスレヴェリにそっくりの異世界へ召喚されたディアブロこと坂本拓真(なんかどんどん本名、どうでもよくなってきたな)。PCのチートな能力と、ゲーム世界で培った「魔王ロールプレイ」により、シェラ、レム、さらに前回の敵である幼女魔王クルムとともに、魔王というより世界を護る活躍をしています。

今回は、聖騎士に追われていた聖女を助けたことから物語が動き出します。聖女・ルマキーナは教会の最重要人物で、事情を知ったディアヴロたちは、魔王領のジルコンタワーまでの護衛を引き受けます。何日もかけてたどり着いた街では、様々な問題が発生しており、さらに超巨大魔獣が突っ込んできて… 

ルマキーナを聖女と書いておりますが、正直性女のほうが正しいのではないかと思えるくらい、エロ担となっています。今までもシェラやレムの嬌声ってのはありましたが、今回は登場シーンからいきなり、触手に襲われています。で、その後もメイドさんに性奴隷として調教されかけますし…どうも本来は固く、本当の意味での聖女だったようですが、面白い人になってしまっています。

しばらくは、無双状態が続くと思われたディアブロですが、想像以上に早いタイミングで、難敵が現れました。このままいくと、本当に苦労するようになるのかな? そのほうが面白いですけどね。

拓真のロールプレイが、どんどん上達しています。引きこもり気味の対人スキルがほとんどなく、当然異性耐性もないはずだったのに、まわりの美少女たちによるハーレムに馴染んできていますね。今回もシェラと一緒に風呂に入り、シェラに身体を洗ってもらう、そのとき背中に当たる柔らかいものにドギマギしながらも、平静を装い、さらには前まで洗われ、アレもこすられるという状況に陥っても外面上は平静を保つ。なかなかのもんですぜ。血気盛んな年齢考えたら、美少女にアレこすられたら、そうもたずに爆発! してそうなのに大丈夫だったようですし…

ただこの作品、どんどんエロ要素が強くなっています。ここまで強くなると、正直引いてしまうかなあ。別にエロが嫌という聖人君子なことをいうつもりはありません。いろんな作品で書いていますが、エロ中心にするなら、レーベルかえてポルノとして出して欲しい。ラノベである以上、物語に主眼をおいて欲しいというのが偽らざる気持ちです。

次回はダンジョン攻略のようです。エロを抑え気味にして、ラブコメして欲しいですね。
★★★
posted by あにあむ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

艦隊これくしょん 艦これRPG リプレイ願いは海を越えて(1)


著者:明時士栄
出版社:富士見ドラゴンブック
艦隊これくしょん 艦これRPG リプレイ願いは海を越えて(1)

「艦これ」出演声優のブリドカットセーラ恵美・小松真奈やゲームデザイナーなどをプレイヤーにした艦これRPGのリプレイ。いろいろメディアミックスされている「艦これ」ですが、少し前からTRPGもあったのは見ていました。でも手がけているグループを見て、手を出すのをためらっていたのですが…ためらったままのほうがよかったかも。

プレイヤーに出演声優を入れたことで、ゲームがおもしろくなるかというとそうでもないんですよね。それ以上にシステムに自由度がなさ過ぎることがリプレイをダメにしているようです。

元々「艦これ」は、艦船を女体化するというファンタジーな設定のゲームです。プレイヤーは「提督」として、彼女たちを指揮し(戦場に出てしまうと、祈るしか出来ないのですが)敵と戦うというストーリーです。いいかえれば、すでにRPGなんですよね。PC(サーバー)がGMで、ユーザーは提督というキャラのプレイヤー。それをさらにTRPGにしようとしたため、いろんなところで無理が出ています。艦娘が海域を越えられないというフィールド設定も、無理矢理「見えない壁」がなどと表現してしまい、プレイヤーの自由度を奪うだけの設定になっています。他にも理由なき制約が多すぎて「こんだけ自由度がないなら、普通にブラウザゲームでいいや」というのが正直な感想。わざわざTRPGにする意味が見いだせない。どうせならTRPGでしか表現出来ない部分にスコープして欲しかった。

一番の問題は、GMが提督も兼ねていることかも。本来のユーザーがGMになってしまうことで、違和感が出ています。

元からあるゲームをTRPGにすると、たいてい面白くなくなります。過去にもそういったTRPGがありました。これも同じ仲間でしたね。

タグ: 地雷
posted by あにあむ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンブック

2016年07月05日

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……


著者:滝沢慧
出版社:ファンタジア文庫
非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……

第28回ファンタジア大賞「金賞」受賞作品。
主人公は、隠れオタでエロゲ趣味の高校1年生・一真。ヒロインは、あまりにも品行方正かつ完璧な美少女すぎて、誰かと会話する姿さえほとんど見ることが出来ないという水崎萌香。
夏休み明けのある放課後、一真は萌香に痴漢モノのエロゲを持っている姿を見られます。現実世界であれば「人生おわた」瞬間になるのですが、ラノベ世界であるが故、なぜか萌香から「私をあなたの―カノジョ(奴隷)にしてほしいの」と告白されることに……うーん、まったく流れが読めない! というか変でしょ。普通なら躊躇しそうな展開ですが、一真は喜んでおつきあいを始めることに。うーむ、よくわからない流れだ。まあ一真はヲタとはいえ、美少女な幼なじみがいたり、ロリ美少女な部長(ヲタ)と仲良かったりと、大概リア充な生活を無意識に送っていたから、女性慣れしているのかな? 

それはさておき、萌香は一真の理想のヒロインを知るため、一緒にエロゲをしたり、スカート短くしたり、「私も首輪してみた…にゃー」とないたり、紐ぱん穿いたり、それを見せようとしたり……どんどんエロゲの影響を受けていきます。というか、なぜそこまで一真に尽くすんだ? その一番大きいであろう疑問を置いてきぼりにしてストーリーは展開していきます。

最初は謎の存在だった萌香も、一緒にいる時間が長くなるにつれ「素の姿」を見せるようになり、そのユルさがよけい魅力になり、どんどん惹かれていく一真。幼なじみの涙ぐましい努力は、どこかへ置いてけぼりにして、そのままと思いきや、突然のように「女の子が一方的に尽くし続けるだけの関係でいいのか?」と悩み出す一真。なんだろう、この突然さは……

萌香を「可愛い」と思えるかどうかで、この作品が楽しめるか別れるでしょうね。少しずつ素の姿を見せるようになってきた後半は、可愛いと思えないこともないのですが、前半の姿はダメでした。たとえ成績がよくても、また美少女であっても、人を寄せ付けないクールビューティには魅力を感じないんですよね。さらに一真へのアプローチの仕方が気持ち悪すぎて……後半おもしろかっただけに残念。

★★
posted by あにあむ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

2016年07月01日

魔導書姫は教えてくれない(1)


著者:橘ぱん
出版社:ファンタジア文庫
魔導書姫は教えてくれない(1) カラダでつながる魔導契約

エロコメです。
主人公は冒険者・ジロ−。本来は歴史ある城主の息子なんですが、冒険者をやっているという変わり種です。そんなジローの父親が大借金をし、城ごと借金のカタに取られてしまいます。国から送り込まれた借金取り(国家の金融庁関連者)である美女・クローデットに言われるまま、自分の城(元)に眠る魔導書の封印を融くことに…

この魔導書は、美少女型(というより美少女そのもの)で、封印されている容器の中には、生まれたままの美少女が…よくあるシーンですが、ジローがとった行動は、裸をガン見すること…できれいな乳房に感動している間、妹・サロメ(12歳)は下のほうを観察しており「勝った!」と…なにがと問えば「ツルツルのスリット」っておい! このあたりからあほらしいほどエロになだれ込んでいきます。封印をとかれた美少女・セレスは、混乱からジローの下半身にへたり込みます。そこには、おっきしたジローのアレが…なぜか欲情したセレスは腰をふるふる…ズボンの上からであるにもかかわらず、ジローが濡れているのを確認できるほど…もう少しで妹に見られながら、賢者タイムを迎えるところだったジロー。なんとかこらえますが、それがどうも主従契約だったようで。

えー、忘れておりましたが、ジローは莫大な借金を返済するため、魔災七皇を倒すことを目的としております。その魔災七皇を倒すための能力をセレスが持っているという設定です。ただ、セレス自らの意思ではその能力=魔導を発動することが出来ず、契約主であるジローによって、身体に浮かぶ魔導陣をなぞってもらう必要があるという設定。で、当然その魔導陣はエッチなところに浮かび、それをなぞることでセレスは性的快感を得るという流れ。

これだけなら、あほなエロコメ(というかポルノ)になるのですが、この作品の面白いところは、魔導を利用するには「お金」がかかるということ。普通の魔導は、さほどお金がかからず、税金でまかなえるけど、魔災七皇を倒すような魔導は、高額の費用がかかるという設定になっています。さらに、セレスに浮かぶ魔導陣は同時に複数箇所に発生し、その場所によって値段が異なるという…なのでジローは、耳たぶおさわり(1000イェン)、二の腕おさわり(5000イェン)で悩むことに…なんというかもうばか…

この作品がさらに面白くなっているのはサロメの存在でしょう。彼女の能力によりおさわりの価格がわかることになります。当然物語が進むにつれ、触るところがきわどくなっていくのですが、なんか感度が良すぎるセレスともう青少年の思いをぶつけるジローの姿態を、冷静に実況するなど、もうね。なんだろう、この耳年増な妹は…もちろん、妹にも危機が訪れます。ここもひねりがあり、狙われるのは前ではなく後ろの穴…まあね、そんな妹の危機(ローションプレーにも見える)を呆然と眺めてもっこりさせている兄や、ぱんつを替えなければならないほど(本人否定)ジュンな状況になっている女騎士…どうなのよ?

少しイラストが下品過ぎるかな? ってまあそういう下品な話なんですが。この手のストーリーは、どんどん過激になっていくのが常です。敵が強くなれば、当然きわどいところを触るようになり、そのたびセレスは果てるというのが続くわけですが、限界がありますよね。そうならないための伏線も張られています。エロコメなんで、万人受けするとは思えませんが、そういうのに抵抗がない方でしたら、楽しめるかと。

※30年前の高校生なら、このレベルでもかなり刺激の強いエロ小説だったろうな。

★★★
posted by あにあむ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ(4)


著者:秋田みやび/グループSNE
出版社:ドラゴンブック
ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ(4)

ぞんざいズ、最終章。今回イスミーが戻ってきています。ということでPCがかなり増えていますねえ。あとソラも登場すればよかったのですが…

皇城領フェーゴで女帝の執務室に呼ばれたぞんざいズ。ところがそこには主の姿がなく、セラフィアが行方不明に。単純な誘拐などではなく、皇位継承にかかわる長年の陰謀があったり、疑似妖精郷の存在が絡まってきたりと、複雑怪奇な状況。まあいつものぞんざいズクオリティです。でも、こんな状況で正しい大団円を迎えることになるのでしょうか?
前シリーズを入れるとかなり長い間続いたぞんざいズの冒険。始めは駆け出しだったのが、いつの間にか英雄クラスに。その割に行動が変わっていないのは、ぞんざいズらしいですね。話を大きくしたため、結局拾えていない伏線が結構残っています。いろいろ投げっぱなしの部分もありますが、これらはもしかしたら将来「クラシック」として(って、水どうじゃないんだからーあっちは、再編集)新シリーズが展開するのでしょうか? 「一生ぞんざいズします」とか…

今回も秋田GMのうまいさばきで、面白い展開になっています。特に序盤−中盤への展開は非常に面白い。まさにTRPGといった感じになっています。ところが、ラストがちょっとなあ。ラスボスを「○○○」に例えたあたりから、一気に気が抜けてしまい、シリーズの大団円と思えない展開になっています。TRPGなので仕方がないといえばそれまでですが、ここはもう少しGMがコントロールしてもらいたかったですね。

やはりこれは、次シリーズ待ちでしょう。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンブック