2016年02月25日

中古でも恋がしたい!(4)


著者:田尾典丈
出版社:GA文庫
中古でも恋がしたい!(4)

どんどん初期設定が消えていき、タイトルとの乖離が大きくなっているのですが、ストーリーが面白くなくなっている訳ではないので、よしとしましょうか。

今回は、夏合宿がメインイベントです。同好会の夏合宿。ってそもそも合宿が必要な同好会だっけ? 単にリア充なイベントが開催したかっただけでは? とスネてみたくなりそうなストーリーです。

海では、当然のように「水着が流される」「天候急変で取り残される」「濡れた服を乾かす」「ヒロインは体調不良」とお約束が連発されています。なんせ合宿先が海・山・川のすべてが揃った保養地ですからねえ。

今回、古都子がさらにかわいらしいところを見せてきます。新宮清一が、イブたちを名前で呼ぶのに、自分は呼んでもらえないと少々嫉妬。それが原因で、遭難しかけたりと、ラブコメヒロイン一直線です。エロゲの話しなければ…

清一がああなった原因を作った友人たちが今回少しだけ登場しています。しかも、どうやらコスプレをしているようで、いつの間にか清一サイドの趣味に足を突っ込んできているようです。このことが、次回のメインエピソードとなりそうな、コミケでどう影響するか…って、18禁な薄い本目当てで参加する人と、コスプレで参加する人が、あの人混みの中出会える確率ってかなり低いような気もしますが、そこは出会ってしまうんでしょうね。
清一も、どんどんまともになって来ているようですし、普通の初々しいカップルになってきましたね。いっそのこと、エロゲ設定も外してしまったら…って、それやってしまうと、特徴が消えてしまうのかな? でも今のエロゲの扱い方だったら、別になんでもいいような気がします。エロゲにストーリー性がある作品もあることは否定しませんが(あまりやったことがないので、よくわからないけど)、一般作品でも感動できるものはたくさんあります。そっちでもいいんじゃないかなあ。18禁である以上、使えてナンボなところは、間違いなく必要なはずですから…。でこの二人は、そういった利用方法からはほど遠い…あ、そういう意味では薄い本の扱いもそうか…そのあたりが限界に来ていますね。

★★★
posted by あにあむ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫

2016年02月23日

異世界Cマート繁盛記


著者:新木伸
出版社:ダッシュエックス文庫
異世界Cマート繁盛記

主人公は、ストレスフルな現実を「辞める」ことにした青年。ふと道を曲がったら、そこは異世界だった…それも血湧き肉躍るような刺激的な世界ではなく、田舎なのんびりとした世界。どこから見ても小学校高学年少女な「オバちゃん」に食事を食べさせてもらいます。不味くはないけど、塩味が足らない…そんな料理ですが、その優しさに恩返しがしたい。でもこの世界のお金はない…どうしようと歩いていると、いつのまにか元の世界へ。なんとなく、双方の世界への行き方を覚えた彼は、オバちゃんへの恩返しということで、現実世界での全財産にあたる2千円分の塩を購入して、異世界へ。オバちゃんにプレゼントしようとするけど「そんな高いものは受け取れない」とやっとこさ一袋だけ渡すことができました。なんとなくその塩をマーケットで販売しようとするけど、価値がわからないので、なかなかうまくいかない。そんな折、親切な行商人から価値を教えてもらい、そのままその行商人にすべての塩を売ることに。お金を砂金や金貨でもらい、現実世界へ。ところが、現実世界では金貨や砂金を簡単に換金することはできない…偶然頑固じいさんが店番する店で砂金を換金してもらえたら、なんと200万円に。

この200万円を元手に、現実世界で買い出しをし、異世界で販売するという商売を始める青年。行き倒れのエルフ娘を店番に雇って(缶詰9つが日当)小さな商店を開店。砂糖や塩からチェーンソー。さらにはレジ袋まで販売。なにが売れるのかよく分からないものの、お客様も青年もみな笑顔になれる場所になっています。

GJ部のように、短編が続く日常系なので、特に大きな事件は起こりません。まったりとした時間が流れていきます。登場する少女(ではないのですが)は、合法ロリですし、頑固親父はツンデレだし。もしかするとラブコメ要素も追加されるのかな? という兆しもあります。これからしばらく楽しむことが出来そうですね。

★★★★
posted by あにあむ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫

2016年02月16日

正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む


著者:慶野由志
出版社:ダッシュエックス文庫
正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む

主人公は、正直バカな高校生・春先真太郎。考えたことすべてが言葉と表情に出てしまうという難儀な性格をしています。そんな真太郎の元に「鏡の付喪神」だという少女が送付されてきて(宅配便で)「心の姿を映す能力」を持つ彼女との共同生活が始まります。

真太郎は「正直バカ」と呼ばれているものの、裏表のない(持てない)性格でもあるため、友人とはうまく過ごしているようです。そこに美少女転校生が登場。彼女の容姿に惹かれる真太郎ですが、目の前で転けそうになった彼女を助けるという本来なら好感度Upな出来事が発生。その際胸に触ってしまう(というか握ってしまう)お約束も経験。彼女から罵倒されることもなく、好感度Upだけで終了かと思いきや…胸の感触を街中でつぶやいている(本人は脳内再生しているつもり)ところを本人に聞かれ…付喪神との出会いから、急に回りが賑やかになっていきます。

転校生・神楽は、付喪神が引き起こす事件を取り締まる政府のエージェントで、猪突猛進型の性格。表面は猫を何匹もかぶった清楚系美少女。裏の顔は…このあたり裏表のない真太郎との対比が面白いですね。

真太郎の周りにいる少女たちは、みな美少女。しかも一人は、真太郎のエロ妄想暴露を楽しむために、チラ見せする、こちらもある意味エロ一直線な美少女。こんな子が近くにいたらいいですね。

付喪神たちもかわいらしく、ラブコメとしても異能バトルとしても楽しめる作品でした。少し残念なのは、小型化した付喪神たちのイラストがないこと! 手乗り付喪神は是非イラストにして欲しかった。いや、そうであるべきです!

続きがあれば、是非とも表紙で。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫

2016年02月09日

クローズドセブン(上)


著者:麻宮楓
出版社:電撃文庫
クローズドセブン(上)

目が覚めると、とあるゲームのクローズドベータテストに強制的に参加させられていた…最近流行の(現実世界ではないが)バーチャルワールドに入り込むタイプのゲームです。ベータテストには、主人公を含め7人が集められており、主人公以外は全員女性というのもお約束。主人公は、名前も過去の記憶もない状況。そんな中、モニターに映りゲーム開幕を宣言したのは自分の顔。そのため、他の少女たちに「黒幕」扱いされならが、なし崩しにゲームがスタートします。
「デスゲーム」と煽りにありますが、実際はゲーム内でのダメージが服に行き、全裸になり、かつ参加者全員にその姿が確認(視認)された時点で強制失格となるというルール。全然デスゲームでありません。さらに服はゲーム中でアイテムとして入手できる場合もあるため、全裸即失格でもない。なんかぬるいですね。

主人公が唯一の男性であることや、このルール(しかもすべて映像で記録されている)のために、ほかの少女たちから白い目で見られることになりますが、少しずつ信頼を勝ち取っていくというスタイルになっています。その割にラブコメ展開にならないのは「お約束になりたくない」お約束か。

ゲームの目的が謎なことや、少女たちの生い立ちもわからないため、惹きつける要素はあるのですが、どうもゲーム内容が浅いため、面白くない。導入部・中間部とストーリー的にも崩壊しかけている部分があり、読みづらい。謎が残ったままなので、続きが読みたい気もするけど、このレベルだと少々辛いかなあ。

タグ:
posted by あにあむ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

2016年02月05日

お世話になっております。陰陽課です


著者:峰守ひろかず
出版社:メディアワークス文庫
お世話になっております。陰陽課です

いたちさんな作品の作者、峰守さんの作品です。いわゆるラノベレーベル以外での出版だったので、まったくノーマークでした(最近、実店舗でゆっくり本探す時間がないので、こういうことが起こるんだ)少々イラストのテイストが趣味にあわなかったのですが…

舞台は京都市内。主人公は、京都市役所に勤務することになった火乃宮祈理。入庁式を終えて配属されたのは、通称・陰陽課。京都の町で人間に紛れて暮らす妖怪の生活を守る部署だという…祈理の教育係についたのは、白銀の髪に赤いシャツでガラの悪い、公認陰陽師・五行主任。祈理は、規則がすべて!のお堅い(曲がっていますが)女子。一方五行は、不良陰陽。まるで影と光のような二人が過ごす公務員生活が描かれます。

峰守さんの作品ということで、妖怪たちが普通に人間と一緒に暮らしています。さらに、根っからの悪霊というのが登場しないというのも、今までの作品と一緒。理屈っぽい登場人物(主役)ってのも一緒かな。祈理は、規程類を丸暗記して、それに反する行為を極端に嫌います。ところが、陰陽課は組織図にも表だって存在していない部署。グレーな存在で、グレーな行為を行うところ。そりゃうまくいかなくなりますよね。

物語は、そんな堅物が、異人さん(妖怪)たちと触れあうことで、少しずつ柔らかく、人間性を身につけていくというお話になっています。前半はどちらかというと、祈理のほうがいわゆる「妖怪」に近い存在だったような……

京都市内が舞台ということで、実在の地名が出てきます。お店も「あのあたりかな?」というものが多かったりします。峰守さんが滋賀県出身ということもあり、極端にズレた地理にはなっていません(よくあるんだ。とんでもない距離を一瞬で移動したり、無茶苦茶無駄な動きをしていることが) でも、その細かさが故、少々違和感を感じるのも事実。やはり実在都市を舞台にするといろいろ難しいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

学年トップのお嬢様が1年で偏差値を40下げてギャルになっていた話


著者:あさのハジメ
出版社:講談社ラノベ文庫
学年トップのお嬢様が1年で偏差値を40下げてギャルになっていた話

主人公は、ちょっとひねくれた考え方をしている望月春兎。優等生の仮面をかぶり、うまく取り繕うことで、適度にクラスに溶け込んでいる。そんな彼は、クラスメイトでもあり、クラブも同じである十六夜小夜が気になっている。ある日、いい雰囲気になりかけ、告白しようとするが、タイミングを逃してしまう。まあ明日も同じ日常が続くからいいか、と思っていたら…

春兎の家に、幼なじみである(昔は一緒に住んでいた)名家のお嬢様・神楽坂双葉が家出してきたことで「日常」が音を立てて崩れ落ちます。以前は大和撫子だったはずの彼女は、ギャルに変身しており、しかもなぜか玄関先で抱きつかれ、唇を奪われてしまう。思春期男子としてのリピドーだけでは説明がつかないくらい猛った彼は、そのまま彼女に襲いかかり…そこで記憶をなくすというのが導入部。さらに、ドSな双子の姉・黒羽までが現れ、3人で共同生活をすることになります。

双子が現れたことにより、小夜との日常は崩れ去り、ラブコメワールドに放り込まれることになった春兎。普通の三角関係というだけでなく、双子姉妹の特殊能力のために、さらにややこしい話になっていきます。昔は、おとなしい妹キャラだったのに、なぜギャルになってしまったのか? そもそも再会すると同時になぜキスされたのか? さらになぜ彼女を襲ってしまった(未遂?)のか? ラブコメに異能バトル的な謎が散りばめられており、楽しく読むことができます。

タイトルは…どうにかならなかったのかなあ? 少し前に出た本のタイトルをパクッたんでしょうが、偏差値40というのは、ストーリーにまったく関係なかったもんな。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2016年02月03日

機動執事 ―とある軍事ロボットの再就職―


著者:松山剛
出版社:電撃文庫
機動執事 ―とある軍事ロボットの再就職―

ロボットが、執事やメイドとして使われている世界が舞台。リーゼロッテお嬢様にお仕えするロボット執事は、元軍事ロボット。かつての上官からの最期の命令を最優先して、彼女を護っている。しかしながら、リーゼロッテは反戦主義で、軍事ロボットの撤廃運動を行っており… そんなお嬢様の様子が最近おかしくなってきて、主に顔周辺の体温上昇・心拍増加が認められ、食パンをくわえて屋敷の角で待機するなどの奇行が目立ち始めた…お嬢様の恋心の行方はいかに…

幼い頃から身近にいる存在である執事ロボット。容姿端麗な彼(?)に恋心を抱いてしまったお嬢様のすべり具合が前半のお楽しみです。お嬢様学校のご学友の曲がった恋愛知識(主に少女漫画から吸収)を元にした、アドバイスにより、さらにリーゼの行動はおかしな方向へ突き進んでいきます。相手が普通の人間だったら、さすがにリーゼの奇行の原因がわかったでしょうし、たとえわからなくともなんらかのアクションをとっていたはず。ところが、このロボット・べるは元軍事用ということもあり、EPA(感情理解プログラム)が欠落しています。そのため、リーゼの行動が理解出来なくとも、身体への危機がないことを理由にして、そのまま放置してしまいます。うーむ。

後半は、軍用ロボットであるベルを好きになってしまった(そしてベルが軍用ロボットであることを知らない)リーゼの哀しみが描かれます。前半のお気楽さに比べて、いきなりシリアスになっている後半とのギャップがどうもね。

今回の件で、ベルのEPAレベルが上ったのでしょうか? そうでなければ、リーゼがあまりにもかわいそうですね。

★★★
posted by あにあむ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

2016年02月02日

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ(3)


著者:秋田みやび/グループSNE
出版社:富士見ドラゴンブック
ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ(3)

久しぶりのぞんざいズ。前巻から2年経過しています。前巻最後のセッションが完了しないままだったのですが、あまりにも時間が過ぎてしまっており、正直内容忘れておりました。特に説明もなく続きのセッションが始まるのは不親切ですねえ。おさらいして欲しかったな。

ぞんざいズの過去シリーズからの伏線回収もあります。なので、過去シリーズを思い出しながらでないと十分に楽しむことが出来ない…ただ幸いなのは、GMが秋田みやびさんということ。秋田GMのマスタリングは、無茶がないため、素直にストーリーを楽しむことが出来ます。かなり強くなってしまったぞんざいズたちの暴走も、うまく押さえ込み、それでいて、プレイヤーの自由を束縛していない。面白かった時代のSNEらしさが出ています。特にぞんざいズは、プレイヤーが確固たる信念を持ってロールプレイしているので、現実世界ではなく、RPGの世界を楽しむことができます。

でも次回は、もう少し早めに出版してもらいたいですね。

★★★
posted by あにあむ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンブック

迫害不屈の聖剣錬師


著者:天羽伊吹清
出版社:電撃文庫
迫害不屈の聖剣錬師

主人公は、落ちこぼれの聖錬師・ジュダス。聖錬学校へ編入初日に優等生・イルダーネが聖錬中の火事場に乱入してしまいます。武具を「挿入」しているのを見られ激昂する彼女と、編入取消をかけて、決闘することになってしまったジュダス。ナイフもまともに聖錬出来ない無能の聖錬師である彼は、圧倒的な剣技と多彩な魔法を習得した最強の戦士でもありました…

ということで、自らの身体にある炉を使って武具を聖錬する世界のお話です。で、ヒロインの炉は、お約束なあたりにあって、それを使うためには裸にならなくてはならず、さらに「物を生み出すのには快感が伴う」ということで、性的快感が得られるようで、そんな姿を男であるジュダスに見られたのだから怒って当然ですね。この炉の位置は人によって異なるようですが、股にある人もいるようです。うーむ。

主人公ジュダスは、とある理由で嫌われ者です。特に彼の性格が悪いといった理由ではなく、本人がどうしようもないレベルで世界から嫌われているという主人公。本人はそのことをすべて受け入れており、それ故彼をよく知ると、魅力的な存在になります。なので、イルダーネも彼に好意を抱くようにになっていきます。さらに王女・リムリアや東国の皇子・トワとともに、人類の敵であるマキナに戦いを挑んでいくことになります。リムリアは王女というには性格がぶっ飛んでおり、イルダーネの胸は揉むは、やりたい放題。トワは滅びた国の皇子となっていますが、この滅びた国は明らかに「日本」を示唆しており、そう考えるとトワという名前は…というか、最初から隠すつもりなかっただろ! という人物ですけどね。

今回は、ジュダスが嫌われている理由。仲間たちとの出会いと恋のさや当て。蜘蛛マキナとの戦いといったふうに、物語の導入編となっています。戦いを通じて、それぞれの秘密を知り、絆を深めていく4人。という王道な流れですね。各キャラがしっかりしており、面白くなりそうではあります。

★★★☆
posted by あにあむ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫