2017年04月25日

縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!!


著者:うわみくるま
出版社:電撃文庫
縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春をコーディネートすることに。

またまた無茶苦茶長いタイトル。というか、もうタイトル読むだけですべてがわかってしまうレベルでした。
主人公・小野友永は、裁縫が得意で、女の子の服を縫い上げ、今来ている服を脱がして、着せ替えるのが大好きな高校生。ずっと妹・みちるを着せ替え人形としていたのだが、中学卒業を機に、みちるから「お兄ちゃん卒業宣言」をされてしまい、それがかなわなくなってしまったところから、物語がスタート。まあみちるも変で、家では今まで通り、かつお風呂は絶対一緒に入ると…もう価値観が… でもこの妹、このあとほとんど出番ないんですよね。最初のシーン、意味ないような。

友永は変質者でして、深夜のコンビニで出会った金髪ロリ幼女を羽交い締めにしてお持ち帰り。まあたまたま幼馴染みの凛堂鳴ということがわかりますが、これってもう犯罪ですよね。さらに彼女が来ていた、ボロボロのスウェットが気に入らず、みちるの服を使って着せ替え。それも目の前で、着替えさせ、服が汚いから下着も汚れているのでは? と顔をくっつけてガン見。さらには尻の臭いを嗅ぐなど、もうどこに出しても逮捕される人物です。そんな犯罪者にもかかわらず、学校では裁縫研究部に所属しており、一橋勇璃、犬ヶ咲こずえから好意を寄せられている模様。そこに鳴も含めた3人のハーレム状態。なんで犯罪者がそんないい目に合うんだ!

ストーリーは、高校デビューを失敗(金髪に染めて、クォーター設定をしようとして、暴発)し、ヒッキーになっていた鳴の青春を服を通してコーディネートしようというもの。最初から鳴の友永に対する好意はMax状態なので、ほぼいいなりで話が進んでいきます。そのため、問題はほぼ起こらず、着せ替えが延々続くことになります。

洋裁のスペシャリストが服によって、更生させるというストーリーですが、コミックでは普通にある設定で、目新しいものではありません。残念なのは、イラストがイメージの阻害要因になってしまったこと。3人のヒロイン+妹は、いろいろなタイプの美少女のようですが、そのあたりがイラストからはわかりませんでした。さらに学校を舞台とするのではなく、小野家が舞台になっている割に、両親の姿が見えない(鳴の両親も)のが違和感満載です。うーむ。会話劇は面白いので、もう少し会話ではない部分がしっかりしていたらよかったと思う作品です。

★☆
posted by あにあむ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

2017年04月21日

異世界Cマート繁盛記(5)


著者:新木伸
出版社:ダッシュエックス文庫
異世界Cマート繁盛記(5)

今回はインスタントラーメン、ぱんつ、少女まんが、餅などが無双しています。インスタントラーメンは肉味がします! おっふ! ということですが、どうもエルフの「肉味」には魚も含まれるようで、お出汁にも反応しております。

今回もエナはすくすく成長中。少女まんがに夢中になり、いろいろ「はつじょーき」に関する知識も覚えていっているようで、あと数年したらまれびとさんのストライクゾーンに入ってきそうな感じですね。

今回判明したのは「この世界の人は、ぱんつを穿いていない」ということ。エルフは、ふんどしをつけているようで(自動翻訳でそう聞こえるので、ふんどしライクな下着という意味らしい)すが、エナはそれもないよう。つまりスカートの下はのーぱん状態…二人とも、平気でまれびとさんに見せようとします。ふんどしとはいえ下着穿いているエルフさんはともかく、エナはいろんな意味でアウトですね。特に現代だと。

案外主人公って、対人能力高いし、柔軟な思考の持ち主ですね。オークに対しても、先入観なしに「みんなが笑顔」のCマートポリシーを貫いているし、それが故ラブコメに巻き込まれそうなタイプではありますけどね。

今回最後のエピソードは「もしかしてすろーらいふ終了?」と思わせるものでした。店主の現代世界のほうのおうちがなくなり、美津希大明神に助けを求めたら…ということから始まりますが、その後の展開が心配になるもの。まあ、まれびとさんはモテるからねえ。今までどちらかというとサブ世界になっていた・現代世界でのトップランナー美津希が、なぜか急に攻め出しているので、世界をまたいだラブコメが一気に進展しております。エルフさんも「はつじょーき」なら受け入れる気あるみたいですしねえ。エナも黙っていないでしょうし、それ以外にもまれびとさん狙いはいそう。

もう少しゆったりライフを楽しみたいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(6)


著者:むらさきゆきや
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(6)

腐敗した教会を正そうとするルマキーナに協力して、ディアヴロは王都へ乗り込みます。聖騎士との闘いが待ち受けることが想定されるが、宝物庫で揃えた装備があるので、楽観視していた。ところが、立ちふさがったのは、一般の信者たち。ルマキーナは戦いを望まず、教会堂に閉じ込められ、背徳の汚名を着せられてしまう。そんな理不尽な扱いすら受け入れる聖女であったがディアヴロは黙っていることができず…

さらにルマキーナの聖女感に磨きがかかっています。登場したときのアレはなんだったんでしょう。いままでディアヴロたちが圧倒的な力(演技力?)で倒してきたのは、武力を持って敵対してきた人(や魔物) しかし今回は、武力を持たない一般人が相手となります。直接的な攻撃はできない(しにくい)相手に対して、ディアヴロは口先で丸め込むことができるのか? が注目部分になります。

仲間からは、すでに「神様」のように崇拝(もしくは好意)されているので、少々のミスだと気がつかれない(アバタもエクボ状態)のですが、敵対する人からすれば、少しの違和感により、すべてが台無しになってしまいます。もともと交渉ごとが苦手なディアヴロ。魔王ロールプレイも、相手がコンピューターのキャラクタのように「想定される」行動をとる場合には、役にたっても「生身の人間」に通じるのか? おもしろいやりとりでしたね。
「敵も味方も判らぬ愚者どもめ、もはや生かしておく価値もない!」
とタンカを切ったディアヴロは、果たしてどのようにして場を収めることができたのか?その一点を楽しみましょう。

しかしディアヴロの貞操は、そろそろ破られそうですね。中の人は思春期まっただ中の高校生男子。いつまで我慢することができるのか? 時間の問題のような気がします。

前回聖杯に聖水を注いだ少女がおりましたが(ヲイ)、まさかそのネタを今回ひっぱるとは… 前回はボカされていましたが、今回ははっきりと…案外シリアスなシーンだったはずなんですが、ギャグになってしまいましたね。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫