2018年11月13日

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを(3)


著者:風見鶏
出版社:ファンタジア文庫
放課後は、異世界喫茶でコーヒーを(3)

異世界でただひとつのコーヒーが飲める場所。現代から転生してきた元高校生・ユウが切り盛りする喫茶店。そんな喫茶店がある迷宮街に歌姫が2人もやってくる。半年以上前であるにも関わらず、街は観光客でごった返しお祭り騒ぎに。もともと常連しかおらず、静かだったユウの店も、新規客が増えてんてこ舞い。そんな折り、学院で爆発事故があり、学院寮が立ち入り禁止となり、リナリアが宿を探して来店。貴族が通う学院の生徒ということで、手頃な宿屋は、問題が起きることを嫌がり、泊めてくれない。それを聞いてユウは「うちに泊まったら? 部屋、空いているけど」と深く考えず提案。リナリアは「なっ、なななっなにを…変なことしないわよね?」と焦りますが、背に腹は代えられず、結局店に泊まることに。ユウは「数日」と思っていたのですが、ちょうど夏休みが始まったところで、リナリアが滞在するのは夏休みの間中。住み込みアルバイトとなったリナリアと、仕事も食事も寝るときもいつも一緒というドキドキ同居生活が始まります。

今回は、リナリアが住み込みバイトになることから物語が始まります。急激に増加した観光客をさばくため、リナリアが手伝ってくれるのは非常にありがたいことだったのですが、なんせ同世代の異性。しかも意識している相手とあって、いろいろ初々しいときめきがあります。さらにリナリアストーカーお嬢様とメイドも同居することになり、いつの間にかメイド喫茶としても有名になりだします。

観光客が急増したことで、店の売り上げも急上昇。さらにメイド喫茶として有名になってきたことで、新しい客層も開拓できました。そこにメイド喫茶を出す権利を買いたいという商会の社長が訪問したり、以前の静かな店を取り返すため、店ごと買い取るという人が現れたり…商売を大きくすることが、本当に自分のやりたいことなのか?という悩みや、新しいお客さんに来てもらうことと、常連さんの憩いの場となることのどちらがいいことなのか? いろいろ悩み続けるユウ。

この作品には、あまり悪者が出てきません。そしてみなユウの人柄に惹かれて、お店の常連になっていきます。身近にこのようなお店があったらいいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

2018年11月12日

生徒会の周年 碧陽学園生徒会黙示録(9)


著者:葵せきな
出版社:ファンタジア文庫
生徒会の周年 碧陽学園生徒会黙示録(9)

私立碧陽学園生徒会―そこは美少女メンバー四人が集う楽園だが、気づけば十周年。ということで、数年ぶりに生徒会が復活! なぜか会長たちは歳をとらないというサザエさん時空で物語が展開しています。

少しややこしい時系列になっており、本編完結前に発表されていた(文庫には未収録で、なんらかの特典短編として発表されていた)作品や、現在の書き下ろしが混じっています。なので、途中で一度後書きが挟み込まれ、さらにもう一本今回の後書きがあるという、ややこしさ。

内容については、今まで通りゆるい生徒会メンバーのお話。舞台は生徒会室で、外に出て行っていないもの、従来通り。一部新生徒会メンバーも、PC画面経由で登場したりと、オールスターキャストな展開になっています。さらに。同作者の他シリーズから登場しているメンバーもいたりして、お祭り騒ぎです。

今回、ラスト短編がいろんな意味で問題作ですね。鍵のいろんなことが一気に明らかにされ、生徒会メンバーとの爛れた関係が…って違うか。間違いなく杉崎ハーレムを構築しつつあるようですね。生徒会メンバー以外も毒牙にかけているようですから…彼は、畳の上では死ねそうにないですね。

新生徒会になって、あまりにも非常識なシュールギャグに終始していたストーリーも旧生徒会に戻り、落ち着いています。やはりオリジナル生徒会のほうが面白かったですね。次は15周年でしょうか? 楽しみに待ちましょう。

★★★★
posted by あにあむ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

異世界JK町おこし


著者:くさかべかさく
出版社:電撃文庫
異世界JK町おこし 〜このことについて、魔族に依頼してよろしいか伺います〜

名所も名産もなく、冒険者たちがただ通り過ぎていくだけの「二番目の街」タフタ。役所に勤めるハルは、街の財政難に頭を抱えていた。そんなある日、異世界から来たというJK勇者のナツが役所に迷い込みます。ナツのレベルは1。超ザコ勇者のナツの思いつきで、魔王を観光資源としてタフタへ誘致するという案を提出すると、なぜか採用されます。さらに魔王城で彼らの前に現れた魔王は、ナツの友人JKフユだった。

異世界に転生させられた、ナツと愉快な仲間たちによる、常識なにそれおいしいの? という物語になっています。いや、もうあまりの酷さに正直何度読むのやめようと思ったか? 現在のJKという種族が本当にこの物語の通りとは思えないですが、あまりにもバカなので、疲れてしまいます。結局最初から最後まで世間知らずなJKが、適当に好き勝手するだけのストーリーでした。たぶん作者は「柔軟な発想で、世界は変わる」と言いたかったのでしょうが、そういったことはまったく届きませんでした。結局は公務員をバカにしただけの作品なのかなあ…

もう少しナツたちがまともだったら、街おこしやラブコメもいい具合に展開したのでしょうが、ヒロインがひどすぎたため、広がりがなくなってしまいました。

タグ:
posted by あにあむ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫