2016年06月23日

異世界混浴物語(4) 湾岸露天 古代海水の湯


著者:日々花長春
出版社:オーバーラップ文庫
異世界混浴物語(4) 湾岸露天 古代海水の湯

「無限バスルーム」という微妙な「ギフト」を、想像以上に使いこなし異世界で勇者として生き抜く北條冬夜。魔王討伐のため、また女神の祝福を受けるため、潮風の薫る青い港「ネプトゥヌス・ポリス」を目指します。旅は順調だったのですが、ポリスに到着した直後、他の勇者さんとの邂逅や以外過ぎる人との再会などイベントが盛りだくさんになってきます。

海辺の街ということで、水着回でもあります。「可愛いの買って来たから、期待してなさい♪」と言われれば、期待するしかないですよね。さらに露天風呂での混浴もあります。勇者として旅を続けていくうちに、冬夜も少しずつ貫禄がついてきたようで、上流階級が集うオークションでも臆することなく対応しています。っていうかこの主人公成長早すぎるでしょ。

今回、別行動をしていた勇者・コスモスが登場します。もうなんというか「突き抜けたバカ」というのがしっくりくる人物です。基本悪い人ではないようで(というか、悪いこと考える頭もなさそう)すが、友人にするのは避けたいタイプですね。コスモスは、魔人と因縁(敵対するという関係ではなさそう)があるようで、冬夜たちが温泉に入っている際、その魔人が誤って冬夜たちを襲います。その際、一緒にいた魔人はなんと……死んだはずの冬夜の妹……冬夜のように、異世界に召喚され魔人としての身体を得たようです。当然、冬夜はその妹を助けようと頑張ることになります。「二度も妹を助けられないというのは嫌だ」という男らしい理由で…

ということで、後半は妹救出作戦が展開されるのですが、無限バスルームが、どんどん予想外な方向に進化していますね。洋式トイレが出来たり(水の女神は「清浄」を与えるから…ってこじつけだろ)、浴室ややたら広くなったり。蛇口からあるものが出るようになったり、ってこのシーン二つの県がごっちゃになってますよ。

当初は「裸シーン書きたいからこそのギフトだろ」と思っていたのですが、想像を超える利用方法が出てきますね。ファンタジーでよくある「サンクチュアリ」の一種なんでしょうが、単なる風呂にあんな利用法があったんだと、毎回楽しませてもらっています。次回以降も楽しみですね。バスルームというより「スーパー銭湯」と化してきた無限バスルーム。次に実装される機能はなんでしょう。楽しみです。

★★★★
posted by あにあむ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オーバーラップ文庫

2016年06月20日

中古でも恋がしたい!(5)


著者:田尾典丈
出版社:GA文庫
中古でも恋がしたい!(5)

ストーリーが面白くなりつつあった当シリーズ。今回はかなり人を選ぶ回になっています。前回ほぼ「コミケ」回です。
「コミケは戦争だ。地獄へようこそ」という慎一の言葉とともに、部活メンバーで夏コミに行くことに。初心者である古都子たちを戦力とするため、事前に入念に回る順番などを決定して、当日を迎える…

このあたり、コミケに行かれる方には理解出来るのかな? 正直どれだけ熱く語られても理解出来ませんでした。私もラノベ読んだりしている以上「普通の人」ではないのは自覚していますが、同人誌の世界はよく分かりません。なにがそこまで熱くさせるのか?

ビッグサイトは、いろいろな展示会があるため、よく行く場所なので、地理感はあったりするのですが、始発で行くなんてことはあり得ないですしねえ。「コミケだけでなく、そっち系イベントのある日は近づかないようにしている」というタクシー運転手さんの気持ちのほうが理解出来ます。なので、この小説でどれだけ熱く語られようと「そこまでしなくても」という気持ちが先にたってしまい、もうどうでもいいやと。コスプレ会場でのルールも理解不能。

趣味の世界では、多かれ少なかれ「閉じられた世界内のお約束」があります。それは当然のことです。でもそれは、その世界内でのみ通用するもの。それを熱く語られたり「常識」のように捉えられたりすると、関係者以外は一気に冷めてしまいます。「客じゃなく参加者だ」とかね。もう興味本位で覗いてはいけない世界になってしまっています。

ラブコメとしては面白いのですが、どうもね。このままだと読むのやめようかなあ。でもさすがにコミケネタは引っ張られないだろうし…もう少し様子を見るか。

posted by あにあむ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫

2016年06月17日

都市伝説系彼女。


著者:おかざき登
出版社:ダッシュエックス文庫
都市伝説系彼女。〜永遠子さん救済倶楽部〜

非科学的なことを一切信じない多賀谷敬一郎が主人公。でも本人は決して科学的ではないと思います。本当に科学的であれば、自分の目でみた「現実」を受け入れていくでしょうし「理解できない=存在しない」という短絡的な考えはしないと思う。いやどうもこの主人公受け入れにくい性格だったもので。

物語は敬一郎が、高校の入学式でぱんつをはいていない美少女・久喜島永遠子と出会ったことで始まります。永遠子は幽霊に好かれる性質らしく、過去にも色々な霊に悩まされてきたようです。そんな彼女を助けるべく、敬一郎の友人である謙吾(民俗学や社会心理学に長けている)、寧々子と共に「永遠子さん救済倶楽部」通称「文類研」を立ち上げます。

まあ最初にヒロインがぱんつ穿いていない時点で、シリアスにはなりようもないのですが、その通りまったく怖い話は出てきません。いや、本当は怖いはずなんですが、そのユーレイさんがなんとも… 一章で出てくる都市伝説・カシマレイコ(テケテケ)からして、下半身なくとも下ネタ大好きだし、メリーさんは、可愛いし、すぐ迷子になるし…「私メリーさん、…ここどこ?」ってなんなんだ。メリーさん業界(?)が怒るぞ。都市伝説などをベースにしたユーレイなどが出てきますが、そのどれもがどこか抜けた存在であるため、ゆるーい雰囲気になっています。

主要キャラは、敬一郎が極端な現実主義者、謙吾は民俗学が好きで柔軟な考え方、寧々子は怖い話が好きなのに怖がり、永遠子は、どこか抜けた美少女とバラエティに富んでいます。さらに寧々子が敬一郎に向ける好意がかわいくてもう。非常に面白い出来になっています。

ただ、設定のすべてが「どこかで見たことあるなあ」というものなのが残念ですね。都市伝説を相手にする(しかも基本美少女)という作品はいくつかありましたし、メリーさんがかわいいというのは、もういまや常識(?)

せっかく面白いラブコメなので、もう少しオリジナリティのある存在がでてくればもっと楽しめそうです。

★★★☆
posted by あにあむ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫