2019年06月19日

この終末時計、戻せますか? 進めますか?


著者:朝日乃ケイ
出版社:GA文庫
この終末時計、戻せますか? 進めますか?

面倒事を避けるためならば、どんな努力も厭わないという矛盾した性格の常識人(ではないな。重度のシスコン)御終日暮が主人公。ある日突然、空から銀髪の美少女・戦波アテナが降ってきます。彼女曰く「あと5分で世界は滅びます! 」。彼女のおっぱいを触らないと、終末時計の針が進んで、世界が滅びる…新手の痴女か宗教の人か…
怪しさ爆発の登場をしたヒロインですが、実際に世界破滅の危機が回避されたことにより、日暮は少しだけ信じるようになります。そんな非日常が始まった時、今度は学校に中二病な冥附之ハデスが転校してきます。彼女も、アテナと同じようなことを言い出して…アテナは「破滅を防ぐ宣託」を、ハデスは「破滅する宣託」を受けることが出来るようです。どちらも、運命歯車値が非常に高い、日暮がキーマンになっています。

ハデスのキャラがいいですね。中二病でボッチ。でもそれが寂しいと感じる素の女の子な部分が時折現れるところが可愛い。単純にアテナ=光、ハデス=闇と対比させるよりも、面白いことになっています。アテナの受ける宣託が、「クラスの女子全員のパンツを盗む」とか、異性と混浴するといったものなのもライトな雰囲気になっています。

ストーリー展開もスピーディなので、読みやすい作品になっていますが、結構早いタイミングで、黒幕が分かってしまうのが残念。というか、アテナ・ハデス以外のキャラの扱いが雑。それぞれ「ウラ」がありそうなんですが、ほったらかしになっているような感じがあります。日暮の妹・ひよりは、人と接することが苦手な重度の引きこもりという設定ですが、弱いなあ。クラスメイトである鉈切舞姫は、某国から送り込まれたエージェントということですが、途中で設定が消えています。愛条カリスも、温和でふわふわした性格の新任先生ということですが、どうも中途半端。

「あと5分、あと5分で世界は滅びます――! 世界を滅ぼさないために――わたしとラブコメをしましょう! 」というキャッチフレーズ通りラブコメ主体にするのだったら、3人もうまく使って欲しかった。

★★☆
posted by あにあむ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫

2019年06月18日

無双で無敵の規格外魔法使い


著者:鏡銀鉢
出版社:MF文庫
無双で無敵の規格外魔法使い 女神の弟子は攻撃力ゼロでも最強ハーレム英雄ライフ

世界一の大魔法使い、そして英雄になり、あこがれの女神ティエラのお近づきになろうと心に誓った主人公・シェルム。実際、ずば抜けた魔法の才能を買われて、魔法界の頂点に立つ女神・ハルティスの弟子になります。これで魔法の腕で成り上がれると思ったシェルムですが
「うん、無理。だって君、状態異常魔法に才能全振りで攻撃魔法まったくつかえないじゃん」それでも諦められないシェルムは、ハルティスの超過激な修行をクリアすることで、状態異常魔法の「その先」にたどり着きます…って、以前「ファイアボール」に全振りしたという話があったなあ。

シェルムが状態異常魔法のみで、成り上がろうとするストーリー。しかしながら、状態異常魔法は、体調不良と見分けがつかない! そのため、一騎打ちで勝っても「相手体調不良による無効試合」にされたり、逆に「卑怯者」と罵られたり…なかなか憧れのティエラに認めてもらえないシェルム。でもその過程で、二人の美少女に気に入られ、気がついたハーレム状態。お師匠様であるハルティスも、ゴスロリ美幼女。一緒にお風呂に入り、身体を洗うという関係性。なんだかリア充な匂いしかしない主人公です。

シェルムが使う状態異常魔法は、パラライズなど一般的なものではなく、ぎっくり腰にしたり、ハゲ(毛根絶滅)にしたり、下痢にしたり、ロリ化したりとユニークかつ下品なものが多い。相手にとっては、悲惨なものばかりですが、下品な笑いが起こってしまうのも事実。もう少し上品でもよかったんじゃないかなあ。

特定スキルに全振りして、突き抜けるというのは、最近流行っているパターンです。どんどんエスカレートしていき「それは別スキルだろ」という状況になりがちな要素。この作品は、一巻で終了するのか、続くのかわかりませんが、続刊が出るのかわかりませんが、負のスパイラルに落ち込まないことを祈っています。

★★
posted by あにあむ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2019年06月14日

大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?(6)


著者:櫂末高彰
出版社:MF文庫
大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?(6)
全世界の嫁に応援されて史上初の皇帝に返り咲きます。

前巻で現地妻を訪ねて(違う)諸国外遊していた常信は、隙をつかれてグロリア帝国皇帝の座を奪われていました。物量というチートを失い、今度こそ絶対絶命かというと、嫁たちや関係各国の支持は厚く、彼女たちの応援を得て、一発逆転を目指します。

「大国である」その一点で、戦ってきた常信ですが、その後ろ盾が無くなったどうなるのか?というような話は、ほぼ無視です。いきなり仮想通貨を立ち上げ、課金アプリを立ち上げ…「信用」を武器に相変わらずの大国チートを続けています。彼らがどのように黒幕を追いやっていくのかを純粋に楽しめばいい物語…

現代ネット世界がそのまま流れ込んだ世界観になってきました。最初はアイドルでしたし、掲示板やAmazon今回は仮想通貨や課金アプリが登場しています。いずれも、非常にモデルが単純化されているので、現代社会には通用しないチートですが、まあ勧善懲悪ですっきりするからいいか。常信が、基本「自分は何も知らない」ということを認識していて、でも必要以上に卑下していないのが、気持ちいいですね。

最初から、エロコメ傾向はありましたが、今巻はその傾向が非常に強くなっています。嫁たちの尻と語らうとか、全裸でツイスターとか…指示を出すのに言葉ではなく、尻と語らう…両手足では足りないので、真ん中の足を使う…で嫁たちは、太ももを濡らす…もう、単なるエロ小説のようなシーンが一杯。最初は「従属魔法の効果で快感を得る」といった程度だったのが、もう直接触るのはごく自然…手が蜜まみれになるのもアリと、いろいろ怪しい状況になってきています。あまりこっち方面に特化すると、正直おもしろくなくなってしまうため(結局はラノベの限界にぶつかるし、ストーリーが薄くなる)そろそろ原点に戻って欲しいですね。

★★
posted by あにあむ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫