2017年09月20日

パンツあたためますか?


著者:石山雄規
出版社:スニーカー文庫
パンツあたためますか?

ある日主人公が家に帰ると、見知らぬ美少女がパンツを握りしめていた…主人公のパンツを…「わたしは、別に怪しい者ではないんです!」

主人公は大学生ですが、学校にも行かずニートな生活をしています。そんな彼の前に現れたのは、趣味ど真ん中の美少女。しかも好意MAX。普通なら「春が来た!」な状況ですが、この美少女・真央は主人公のパンツを握りしめており、しかも不法侵入なストーカー。いくら「好きです」と言われても簡単には受け入れられないわけです。さらに真央の行動はエスカレートしていき、自分の家に呼び込み睡眠剤入りコーヒーを飲ませる、などヤンデレ一直線。もう包丁持って笑っていてもおかしくないような精神状態。

この作品、優秀賞だそうです。タイトルみて、てっきりラブコメ(もしくはエロコメ)と思っていたのですが、無駄に暗い小説でした。タイトル詐欺ですね。救いがないのは、登場人物すべてが、どこからしら病んでいること。主人公もおかしいですし、サブヒロインたちもすべて、どこか病的。さらに恋愛を「手をつなぐ−キスする−セックスする」だけとしか捉えていない主人公がもううっとうしくて。別に恋愛に夢を見ろとはいわないまでも、もう少しなんとかならんのか? ラストまで含めて、どこにも救いがありません。なぜこの作品が優秀賞なんだろうな。ラノベとして、エンターテイメント小説として、読者を楽しませるという要素はなかったように思います。タイトルは出オチだし。

誰かまともな人物がいれば、もう少し救いのある物語になったのでしょうか? どうもこの作者さんは、こういう作風に憧れているようなので、次回からは作者をNGとしましょうか。私がラノベに求めているものとは、相容れない小説でした。

タグ:
posted by あにあむ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫

2017年09月19日

魔導少女に転生した俺の双剣が有能すぎる(3)


岩波零
著者:岩波零
出版社:MF文庫
魔導少女に転生した俺の双剣が有能すぎる(3)

勇翔は、魔法学校の代表として魔闘会を勝ち進みます。次に対戦するイグニフェール魔法学院は、火山の真上に浮いており、その火山にある温泉には様々な魔法的効能があることが分かります。効能は本当に種々雑多で、魔力を回復してくれる温泉(回復の泉ですね)、逆に魔力を吸い取る温泉、なぜか全身が緑色になる温泉、首が長くなる温泉など…他にも、魔法で生成された服が消えてしまう温泉や、性別が入れ替わる温泉など…そんなとき、勇翔を訪ねてきた男が「オレも人体生成が使える」と言い出して…

温泉効能はお約束の順番で現れていますね。この世界では服を着たまま入るのが普通のようで、混浴に慣れたところで、服が消える。性別がひっくり返る温泉は、さらに人を狂わせる効能もあるのか、男性化した女性陣から、勇翔は襲われそうになります。結局、スカートがもっこりするほど元気になったナニが、女性用下着に締め付けられる痛みで我に返り事なきを得たのですが…

ここまでは、いつも通りのドタバタギャグでした。ところが、人体生成が使えるという人物が登場してからは、今までのストーリー進行とはまったく異なるスピードで物語が進み出します。具体的にいうと、打ち切りが決まって無理矢理当初の着地点に向かっているかのような(爆)いや、本当にそうなのかな? と疑ってしまいます。イグニフェール魔法学院の温泉騒動までは、かなり尺がさかれているのに、実際の競技会は一瞬。当初は、武闘会ノリにしたくないのかな? とも思ったのですが、どうもそれだけでなくいろいろなことが一気に進んでいます。実際今回でエンディング迎えていますからねえ。

ちょっと残念なのは、月華と陽奈が最後まで、人間として扱われていなかったこと。確かに元は刀だったけど、女の子として人格が与えられた時点で、もう少し扱いが変わってもよかったんじゃないかなあ。勇翔が転生した世界は、恋愛という概念が薄く、いきなり合体するのが普通な世界。そんな設定も生かし切れていなかったような。ラストがすっ飛んでいるので、印象が薄くなってしまいました。

★★☆
posted by あにあむ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2017年09月14日

※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。


著者:弥生志郎
出版社:MF文庫
※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。

主人公は、ラノベ編集者である紘。ラノベ業界ものですが、高校生とかではなく24歳という全うな社会人年齢なので、違和感が少なくてすみそうな作品です。
紘が担当する作家は複数いるが、その中の一番売れている作家は10代美少女。さらに新人賞応募作品で「読んで泣いた」という作品を書いた唯々羽を、同僚との取り合いの末、担当しています。小説を読んだ際には、まったく気がつかなかったものの、唯々羽は実の妹。それも「こいつのためなら死んでいい」と思うほど可愛がっている妹。唯々羽の作品は、売れていない…紘は可愛い妹を売れっ子作家にできるか?

よくある業界モノです。担当作家が妹ってのも、あまり新鮮味はないなあ。というか、唯々羽って名前、かなり珍しいしPNで気づくだろう、と思うのですが…

唯々羽と紘の生活は、まるで新婚さん。二人で朝ご飯を食べ、仕事と学校に向かう。そして紘が帰ってくると、唯々羽が「おかえり」と迎える。唯々羽の執筆場所は、紘の膝の上。一緒にお風呂に入って癒やし癒やされ…ええもう、見事なまでのブラコン&シスコン兄妹です。そこまでして唯々羽が書くのは、迷走したトンデモ小説ばかりで…あれ? なんか最近同じような小説読んだ気がする? デビュー作と異なるジャンルを書こうとして、トンデモ思考になってしまうストーリーだった…あっちは血縁関係はなかったと思うけど、なんか似たストーリーだなあ。ライバル作家がいることも、それがともに同年代というのも同じ流れのような…

Wヒロインな作品のはずですが、ヒロインたちよりも、紘の後輩編集者千々石のほうが、可愛く見えてしまうのはなぜでしょうか? もう少し妹ヒロインが積極的に動けば、おもしろいラブコメになったのでしょう。

★★★
posted by あにあむ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫