2018年10月17日

それでも僕は、モブキャラが好き


著者:氷高悠
出版社:講談社ラノベ文庫
それでも僕は、モブキャラが好き

主人公はモブキャラ好きなオタク・嘉島諒介。彼は、アニメを観たり、本を読んだり、マンガを描いたりと自由な「すみマン」部所属。大切な部だけれど、現在の部員は3名(うち1名は幽霊団長)学校の規定で4人いないと部として存続できない。そんな危機的状況で目をつけたのが、クラスメートである地味な少女(でも美少女)佐藤佐由梨さん。直接勧誘するのは難易度が高いので、手紙にして彼女に渡したはずが、なぜか学校二大美少女の一人である、美園姫芽さんに告白したと勘違いされ、しかもフラれてしまう…そもそも告白すらしていないのになぜ? そのような勘違いから始まった学園生活ですが、気がついたら主人公は美少女たちに囲まれていました…

物語のメインヒロイン佐由梨の諒介に対する好意は、実は最初からMAX状態です。諒介が普通の感性の持ち主なら、カップル成立!めでたしで終わってしまうような状況。でも佐由梨の消極性もあり、しっかりラブコメしています。

ネットでの評価は散々な作品ですが、非常に素直なストーリー運びで、佐由梨と諒介の関係も背中がムズムズするような初々しさがあります。最近の「付き合った」「別れた」という軽いノリではない「人を好きになる手順」をしっかりと踏んでいるので楽しいです。
姫芽の残念さもそうですが、各ヒロインの性格がはっきりと描かれており、等身大で楽しむことができます。若干中だるみなところもありましたが、全体を通してニヨニヨと読める作品でした。

★★★★
posted by あにあむ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫

2018年10月15日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(5)


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(5)

ぱんつを忘れたシンデレラ=妹・瑞葉の性癖が書道部メンバーにも暴露された前巻。それまでの妹のイメージは崩壊。ところが、瑞葉はバレておとなしくなるどころか、暴走を始めます。それに触発されるように、書道部メンバーのアプローチも激しくなり…それが真っ当なものなら「リア充爆発しろ」で終わるのですが、ドM・ドS・腐女子・露出狂と変態ばかり…もう自分には普通の恋愛は出来ないと落ち込む慧輝ですが、ふと「自分のことを好きな女の子が変態なのであれば、その子を変態じゃなくなればすべて解決では」と思いつきます。ということで、今回は「俺は、みんなを普通の女の子に変身させようと思う! 目指せ、脱・変態!」がテーマです。

とはいえ一筋縄でいくメンバーではありません。瑞葉は「ノーパン」で登校。それを阻止しようとした慧輝に「ぱんつはかせてくれるなら、従う」と条件をだされ、物陰で妹のぱんつをはかせることに…絵面も字面もアウトな案件になってしまいますし、よく考えれば瑞葉の性癖を満足させただけ…そんな頃、ロリストーカーな小春先輩は、ロリコンイケメンの翔馬の浮気疑惑で落ち込んでおり、そちらも助けようとする慧輝。まあ要するにお人好しなんですよね。

ヒロインの性癖を治そうとして、よけい深みにはまっていく慧輝が哀れですね。今回は翔馬の姉(双子)も変態性癖の持ち主ってことが判明して、ますます慧輝のまわりには「まともな」人がいない状況になっています。超絶ブラコンな姉ですが、片方は小学校の時にオトナの女性になったというビッチでもあったりします。

慧輝ハーレムは、どうやら書道部という枠組みを超えて広がっていきそうな感じです。彼女たちの性癖を知らない人からは、慧輝は極悪非道な人間のように思えるでしょうね。てっきりぱんつのシンデレラで終わると思っていた、このシリーズ。まだ続きそうです。

★★★☆
posted by あにあむ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年10月10日

業焔の大魔導士(2)


著者:鬱沢色素
出版社:講談社ラノベ文庫
業焔の大魔導士(2) 〜まだファイアーボールしか使えない魔法使いだけど異世界最強〜

魔王を倒したり王女セシリアを救った功績により、英雄として讃えられながらも、あいかわらずファイアボールしか使えないユアン。相変わらず美少女に囲まれて学園生活を謳歌しています。そんな中、学園から臨海学校に行くことなった彼らが海で楽しく遊んでいる(くらげごっことか)中、邪神が突然現れます。ユアンはファイアボールを放ち一瞬で粉砕するのですが、小さな羽根を生やした美少女がユアンの前に現れます。天使ベルネットと名乗った彼女は、ユアンを倒すためにやってきたとのこと。何度も邪神を降臨させて、ユアンを倒そうとしますが、ことごとく失敗。彼女の寂しさに気づいたユアンは「それより一緒に遊ぼう」と声をかけます。まあ要するにナンパしやがった訳です。少しずつ打ち解けていくベルベットですが、黒幕が暗躍を始め世界の危機を迎えます。ユアンは、ファイアボールだけで世界を救えるのか?

今回も妙なファイアボールが登場しています。水の中でも消えないファイアボールだとか、怪我を治すファイアボールだとか…さらに「ファイアボールもストレスがたまるから」とリラックスさせる…ファイアボールが犬のように見えてきました。あ、ファイアボールに乗って空を飛ぶってのもありましたね。もうすでに「それはファイアボールではないよ」と言ってあげたいです。

さらにエロも継続しております。セシリアたちに日焼け止めを塗るという鉄板シーンでも、いつのまにか、背中だけでなく胸やあそこにまで塗り込み、ヒロインたちはイッてしまうという…普通そこまで塗るかあ? ベルベットもびくんッびくんッしていますし、息をするようにエロシーンが入っています。

あまりにもファイアボールが無双しているので、ストーリーは軽いノリになっています。結構面白くなってきましたが、これ以上は難しいのかなあ?

★★★☆
posted by あにあむ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫