2018年12月13日

中古でも恋がしたい!(12)


著者:田尾典丈
出版社:GA文庫
中古でも恋がしたい!(12)

3年生になった清一たち。穏やかな日々をおくっていたが、そこに清一の理想のエロゲヒロインに限りなく近い美少女が現れた! 彼女は、入部希望者ということで…

清一の前に現れた美少女・結城麻奈。
「わたしは、せー先輩のエロゲヒインになります! ダメ……ですか?」
エロゲヒロインが三次元に降臨したかのような、完璧美少女となった麻奈は、清一にトラウマを与えた3人目の少女でした。っていうか、冷静に考えると清一って無茶苦茶な小中学時代をおくってますね。確かに相手の責任もあるけれど、清一自身に大いに問題があったとしか思えない人生です。堅いようで、非常に惚れっぽいのかもしれません。

麻奈が清一に与えたトラウマは「卒業式の後、呼び出したにもかかわらず、その場に現れなかった」理由は、麻奈の単純なミス(時間を間違えていた)通常なら「ごめんなさい」でなんとかなるパターンですが、清一のそれまでの経験から「完全にだまされた」と思い込んでしまいます。このあたり、思い込みが激しすぎるような…

麻奈のほうは、必死で清一に許してもらえる方法を考え、清一の理想に近づくために5年間努力を続けたということなのですが…少々疑問が? 清一がエロゲやりだしたのって、いつだっけ? さらにその趣味を麻奈が知ることになったのはいつ? そもそも容姿って自助努力で変えることは可能なのか? 体格や髪型なら若干調整できるでしょうが、美少女になるって、どうやって?

それはおいといて、今巻でも清一の優柔不断は続いております。4人に増えたヒロイン候補を搾り混むことが出来ず、かといってハーレム展開も望んでおらず…途中で指摘されていますが、清一の考えって、ある意味「傲慢」なんでしょうね。

メインヒロイン奪取競争は、料理対決やデート対決。うん、清一は爆発しておいていいよ。それよりも外崎に幸せになってもらいたいですね。彼が一番損な役回りになっていますよね。今回も清一の(端から見たら、単なるノロケ)な相談に真面目に答えていますし、自分の悲しい経験まで吐露しています。これだけいい友人なかなかいないよ。

ここに来て、新ヒロインが投入されたので、新章突入し、妹も参戦するのか? と思ったのですが、次巻でラストのようです。なぜここにきて、ヒロイン投入した? あと一巻でいろいろな風呂敷たためるのでしょうか?

★★★
posted by あにあむ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫

2018年12月07日

てのひら開拓村で異世界建国記(4)


著者:星崎崑
出版社:MF文庫
てのひら開拓村で異世界建国記(4) 〜増えてく嫁たちとのんびり無人島ライフ〜

無事カエデの父親探しを終え、島の整備を進めるカイたち。神殿に対抗して、軍備もしなければいけないけど、資源は限られている… 一方開拓村は、レベルが上がりお世話エルフが一人増えます。食・衣に続いて住を司るエルフです。彼女の能力により、家が大きくなり、かつカイが前世(転生前)に遊んでいたゲームが再現されます。カイの記憶を元にしているということですが、便利な能力ですね。

春を迎え、島に神殿の船が来る季節になりました。今年、船から捨てられたのは子供ではなく、元神官であるローザ。彼女は「時を止める」能力があり、神殿で500年にわたって、時をとめる作業をしていました。その気の遠くなるような日々は、後継者となる新人神官が見つかったことにより、終わりを告げますが、彼女を待ち受けていたのは、自由ではなく孤島への島流しでした。神殿では、この島では人間は生きていけないと考えられているので、実質は口封じの死刑。ローザから新しい神官はルキアという名前の女性と聞き…それはカイの妹の名前でした。生き別れた妹を探すため、特級審問官のビーエを見つけるため、神殿へと乗り込むことに…

今回は、妹捜しがメインテーマとなっています。構成として、章中にルキア視線で描かれている部分もあり、お互い相手を必死で探しながら、すれ違っていくせつなさを感じます。ますます神殿の「悪意度」が高くなっていっていますね。このまま進むと「のんびり無人島ライフ」から、神殿との全面戦争に移行してしまいそうです。

神殿の街で、カイたちは米と小豆に出会います。それらを購入し、開拓村に入れることで、開拓村のレベルも一気に上昇。ますます便利になっていきます。こちらは、従来とおりのほほんとした雰囲気が残っていますね。エルフたちによる葡萄酒作り(乙女によるぶどう踏み)なども描かれており、スローライフを楽しんでいます。

バランスが壊れないことを祈って。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年12月06日

まさか勇者が可愛すぎて倒せないっていうんですか?


著者:真代屋秀晃
出版社:電撃文庫
まさか勇者が可愛すぎて倒せないっていうんですか?

勇者の異世界転生を未然に防ぐため、勇者(転生予定者)の暗殺指令を受け、現代日本に乗り込んだ、魔王軍幹部のナラク。計画を履行するためナラクは、勇者候補・乃愛が通う学園に高校生・奈楽将吾として潜り込みます。ところがなぜか抹殺対象の乃愛から告白されてしまい、事態は急変。勇者と魔族の異世界交流・勘違い系ラブコメ。

ナラクは、肉体だけでなく魂も殲滅(普通に抹殺しても、器が変わり転生するだけのため)できる貴重な存在。そのため、魔界では高位の存在。ところが、今回の指令においては、かなりへなちょこ。なぜなら勇者候補の魂の抹殺を試みますが、その方法は相手の胸を触って、魂を吸い出すというもの。で、相手は可愛い女の子。そりゃラブコメ方面にいきますよね。普通まだ覚醒していない(転生していない)勇者候補は、特に力を持たないのですが、乃愛は無意識にその能力を使えるようで、魔族が彼女に触れると吹っ飛ばされます。その力は、かなりのもので、ナラクですら大きなダメージを受けるもの。この能力の発現は、乃愛がコントロールしているわけではないようで、彼女の好意度によって発現するようです。なのでナラクが彼女に触るためには、好意度を上げる必要がある。しかし、彼女は特異な出自(ヤクザの娘)で、少し人からずれている。さらにナラクは異性に慣れていないため、チグハグな行動になってしまいます。そこに、なぜか乃愛の勘違いが、ナラクの部下にも飛び火し、五角関係になっていきます。ナラクは、乃愛の胸を触れるような関係になれるのでしょうか?

おもしろい設定ですね。乃愛も独特の感性を持ったヒロインで、楽しませてくれます。ただナラクの行動原理がよくわからない。魔族も人間と同じような感情を持っているということを、強調したかったのでしょうが、彼の使命との間に溝が大きすぎて違和感があります。魔王軍の上位にいけるくらいだから、これまでにかなりの魂を屠ってきたはず。それと今回の乃愛との関係がいまいちわかりにくい。いや理由付けはされているんですよ。肉体を滅ぼした=殺した瞬間、魂は転生してしまう⇒生きている状態で、魂を吸い出さないといけない⇒好意を持たないもの(魔族に限り)が彼女に触ろうとすると、ふっとばされる⇒だから彼女の胸を触れるくらいの関係=恋人にならないといけない。確かに理論的には合っています…でも、なんか一つ一つに大きな隔たりがあるような気がして…

★★★
posted by あにあむ at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 電撃文庫