2018年01月22日

魔法塾


著者:壱日千次
出版社:MF文庫
魔法塾 生涯777連敗の魔術師だった私がニート講師のおかげで飛躍できました。

魔法大国・日本のトップ魔術師に史上最年少で成り上がった天才・鳴神皇一郎が主人公。彼は、とある事件で仲間の裏切りに遭い、強力な魔法を使おうとすると、強烈な痛みが走るという呪いをかけられ、さらに戦いの場から逃げた卑怯者というレッテルを貼られます。そのため、引きこもりニートとなっています。自分が堕ちたことよりも、恩師の魔法塾の信用を失墜させてしまったことを、悔やんでいる日々。そこに、恩師の娘・結が「私が経営する魔法塾・黎明館の講師になって」と頼んできます。彼女から恩師が病によってこの世を去ったことを聞き、また憑依術により「娘をよろしく頼む」と頼まれたことで、その職を引き受けることにします。そのままでは受講生など来るわけがないので、姿を変えるメガネを使って……そんな塾にやってきた塾生は、生涯全敗の魔法騎士・ベアトリクス、死霊軍団の結成を夢見るお嬢様・芙蓉。閉所が大好きで、優秀な子種を収集しようとしてしているつぼみ。落ちこぼれや変態ばかり。それでも天才と呼ばれた元ニートは、「安心しろ。俺がこの塾を『母校より母校』と思える場所にしてみせるから!」と頑張ります。

この作者、同じレーベルで「バブみネーター」というとんでもない駄作を刊行しています。その翌月に刊行された作品なので、また同じ流れいなってしまうのでは? と恐れていたのですが、想像以上に面白い作品に仕上がっていました。
主人公を筆頭に、まっとうな人生からは脱落した人物ばかりで、それぞれの出自を考えると、かなり暗い話になりそうですが、うまくコメディ下手に味付けされていて、一気に読むことができした。皇一郎も、前向きな主人公なので、読後感もすっきりしています。大切な人を守るために、自らの生命ですら投げだしていく熱さ。

ヒロインの中では、ベアトリクスがいい色持っていますねえ。天才的な剣技を持っているにもかかわらず、狙った敵に決して決して当たらないという呪いをかけられているため、全戦全敗という酷い成績になっています。普通ならば、この時点でダークサイドに堕ちてしまいそうですが、さらにビキニ型アーマーは、おしゃれではなく、お金がなくて質入れしたとか……そんな状況下でも、明るさを忘れない彼女のおかげで、物語が明るくなっています。まあ他の二人……芙蓉やつぼみも大概な奴らですけどね。

前作とは異なり、ある意味正当派の作品。このままのバランスで楽しませてもらいたいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年01月18日

魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(4)


刈野ミカタ
著者:刈野ミカタ
出版社:MF文庫J
魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(4)

魔力ゼロの亡国の元王子・ユーベルは、神霊魔法の高位術式「神霊魔剣」を操る魔法剣姫−「十三血姫」の次世代育成機関であるグランディスレイン魔法学園に、唯一の男子として通っています。本来であれば、入学が許可されないのですが序列一位の最強魔法剣姫・ティリに勝利したことによる特例で許可されたのでした。彼の座右の銘は「愛は偉大、超便利、マジ効率いい」というもの。そんな彼が、魔王・ソルブラッドとその支配下にある「十三血姫」と対峙するシーンからスタート。さらに「キミたちが知っている世界は、本当の世界の一部にすぎない」突如現れた謎の美少女・エリカシリカ。彼女は自らをユーベルの妹と名乗り、世界の真実を語るが……リリアにとっては、そんなことよりも「妹」が現れたほうが問題。
「そんなことより、どちらがお兄様に相応しい妹であるのか決めましょう」
世界そっちのけで、突然始まる妹決戦。なぜかティリまで参戦して……

急に物語が動き出しています。というか、あまりにも急すぎて話について行けない状況。読者を置き去りにして「俺TUEEE」な物語がスタートしています。今までも、ユーベルの能力は、チート級だったのですが、今回はさらにそれが鼻につくようになってきました。それに合わせるように、敵もパワーアップ。今まで一人でも驚異だったはずの、十三血姫が、束になってもかなわない敵がでてきます。このあたり、俺TUEEE小説の限界ですねえ。主人公を強くするものだから、それに併せて敵の強さのインフレが進み、人外の戦いになっていきます。というか、もうこのレベルにきたら、実力以外の「なにか」でしか勝敗が決まらないのでは? いいかえれば、第三者からみて、まったく面白くない。という状況になります。この作品も、同じ道を歩んでいるような……、。次巻以降どうしたものですかねえ。地雷というほどではないけど、あまりいい感触がないんだよなあ。

★★
posted by あにあむ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年01月16日

若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2)


著者:森田季節
出版社:ダッシュエックス文庫
若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!(2)

今回のエピソードは4つ。一つ目は、使い魔であるサキュバス・セルリアがお見合いをすることに!本人が望まぬお見合いということで、それを阻止するため、有給休暇を使って、魔界に乗り込みます。次は、男爵としてもらった領地を訪問すると、そこは限界集落でした。街の過疎化を食い止めることができるか? 3つめは、黒魔法会社の新人研修。最後はフランツの地元で女子社員全員とバカンス。と盛りだくさん。そのため、一つ一つのエピソードは、あまり深いものではありません。

セルリアのお見合いは、サキュバスの価値観がキーになっています。いまいち理解しがたい価値観ですねえ。サキュバスは、使える主人に性的ないろいろをするわけですから(実際セルリアもそう)、主人がいた状態で結婚をしようとするなんて…さらに実の姉とはいえ、自分の主人にサキュバス的ないろいろをお礼としてさせることは平気だったり。かといって主人を性的対象としかみていないのではないようで。もうなにがなんだか。

黒魔法会社の新人研修。研修施設で、合同開催されるのですが、いきなりポルターガイストなどがお出迎え。普通の新人(黒魔術にあまり触れていない)は、その時点で逃げ出します。フランツも逃げ出しそうになりますが、セルリアたちのおかげでなんとか研修に参加します。といっても、いきなり使い魔としてサキュバスを召喚する実力の持ち主ですからねえ。研修って意味があるんだろうか? ここで新しいヒロインが登場しています。

二つ目と最後は、現代社会ネタが入っているので、正直面白くありません。大型施設建設の話が持ち上がりますが、沼を埋めなければいけないという理由で拒否。他の方法を探りますが、そこが弱い。ファンタジーなんだから、現実社会の要素入れないほうが面白くなります。というか現実社会要素としては弱いんですよね。そんな甘くねーぞと。最後のエピソードは、またもやブラック企業が登場しています。が、ブラックの意味がわかっていないというか、これってブラックというより不法会社だろ。前巻よりマシだったのは、解決に魔法が生かされていたことかな。せっかく面白い魔法体系があるんだから、そちらをメインに据えて欲しいです。

ラブコメ部分は面白いです。セルリアの立ち位置も面白いですが、フランツを巡る女性陣も魅力的。ただ簡単に「サキュバス的ななにか」をしすぎな気はします。今のところ、決まった女性はいないようですし、相手合意の元とはいえ、もともとフランツの真面目な性格からしたらどうかな? どんどん逡巡がなくなってきているような気がします。

★★★
posted by あにあむ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫