2019年08月07日

フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記(6)


著者:気がつけば毛玉
出版社:スニーカー文庫
フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記(6)

ゴスロリ混沌龍・ルートゥーが押しかけてきたからひと月経ち、日常を取り戻した貴大の前に、教会の最強聖女が登場。ブライト孤児院にいた貴大の元に突然手紙が届けられ、差出人欄には「貴方の仲間 メリッサより」と書かれていた。心当たりがなかった貴大は、手紙を破り捨てるが、その後も次々と手紙が届き…なぜか貴大の行動を知っているかのような文面に、少しずつ追い詰められていきます。意を決し、指定された場所に行くと、そこにはふんわり少女が…
「会いたかったよ、ずっと、ずっと――やっと会えたね?」
といいつつ、彼女はいきなり貴大の自由を奪います。言葉と行動が矛盾する彼女の目的は?

またもやヒロイン追加。今度は聖女です。メリッサは教会により改造され、すべてのレベルがカンストした存在。そのチカラ故、仲間がおらず利用されるだけ。そんな寂しい日常の中、同じくレベルカンストした貴大の存在を知り、接触してきた模様。とはいえ、フリーライフなので、最終的にはそれほど重い話になっていません。…今のところ。
貴大と一緒にいたがる甘えんぼと化したメリッサ。馬車に乗って一緒に旅に出かけたり、悪魔騒ぎに奔走したりと、まったく離れる気配がなく、ルートゥーがやきもきし、ユミエルですら、嫉妬したりとドタバタが続きます。なんとなく、スローライフが戻ってきたのかな?という展開になっており、ほっこり楽しめる巻です。このまま続けばいいんですけどねえ。

最後にまたもや不穏な動きがあり、最終的なハッピーエンドが見えてきません。少し残念ですね。

★★★
posted by あにあむ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫

2019年07月23日

自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム(6)


著者:新木伸
出版社:ダッシュエックス文庫
自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム(6)

おお、5巻読まずに6巻読んでしまった。確かに突然始まった感があったんだよな。でもさほど問題なく、読み進められたのが不思議です。まあね、ストーリーはあってないようなものですからねえ。今回もいつもどおりです。舞台が巨人の国に変わったことくらいですからね。この国は、強ければ強いほど美しくなる女巨人たちがいます。また国は問題を抱えていて…

ってことで、今回は巨人の国でヤリたい放題をしています。まあすでに「自重しない」というレベルを越えていますね。オリオンの守備範囲はどうなっているんでしょう? 一応下限設定はあるようですが、それもあまり倫理的なことが要因ではなく、単純に「難しそう」というだけではないでしょうか? 倫理的な面を重視するのであれば、現場においておくことないでしょうしね。年齢はともかく、種族に対する制限がまったくないのがオリオン。「メス」であれば、なんでもいいようです。蜘蛛もOKだし、魚介類もOK、家畜もOK。もうなにがなんだか。今回の相手は巨人です。それもサイズ差はとんでもないようです。じゃあどうやっていたしたのか…詳細な描写はありませんが、どうやら、あの穴に全身で入り込んで、回転していたようです…相手はともかく、本人は気持ちいいものなんだろうか? そんなことを考える必要がない小説なのでしょうが…

4巻でも「そろそろ無理かな?」と感想を書いていますが、今回はさらにその気持ちが強くなっています。もうエロではなくギャグになっており、そのギャグがすべりまくっている状態です。次回はどうしようかなあ。

★☆
タグ:異能 ★☆ 自重
posted by あにあむ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫

2019年07月11日

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(8)


著者:恵比須清司
出版社:ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(8)

今まで、涼花の代理として、ラノベ作家を名乗っていた祐。自らも本当のラノベ作家になりたいと、いろんな出版社の新人賞に応募していたのですが、ある日とある出版社から電話が入ります。賞は落選となったが、光るものがあるので、一度会って話がしたいと…
舞い上がる祐ですが、聞いたこともない出版社ということもあり、涼花は疑心暗鬼。しかし祐は、涼花の心配をよそに、編集者と会う約束をしてしまいます。果たして、祐はラノベ作家としてデビュー出来るのでしょうか?

7.5という妙な巻を挟んで、本編へ戻りました。今まで、何度も大賞に落選していた祐に、ついにお誘いがかかります。舞い上がってしまった祐。でもそんな簡単にいくわけはなく、迷い道に入り込むことになります。祐の立場を知っているのは、涼花のみ。それ以外のヒロインは、祐はすでに売れっ子ラノベ作家と思っています。「仕方ないですね。お兄ちゃん」ということで、ラブコメを書き出した祐に涼花が全面協力。恒例の夏期合宿では、無人島で二人きり。涼花のことを異性として意識するようになった祐と、さらにあぶない関係が進展していきます。まあ、兄妹という足かせが無ければ、この二人相思相愛ですからねえ。

高校編になって、少しはマンネリが消えるかと思いましたが、まったくその気配はなし。前巻には出てきていた、涼花の同級生も登場せず、結局は以前のメンバーが、いつも通りの大騒ぎをするだけになっています。いい加減、ストーリーが進まないと、飽きてしまいそうです。次巻はまた妙な8.5という巻号になっています。メインストーリーは進まないでしょうし、その次に期待ですね。

★☆
posted by あにあむ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫